法の抜け穴…マンションなどの“事故物件”とは?

「事故物件」についてあなたはご存じだろうか。

部屋を借りるとき事故物件かどうか必ず調べなければならない。最近では、事故物件と伝えずに貸し出す業者も増えてきているのだ。

実際トラブルになったケースもたくさんある。

そこで、事故物件とは何なのか、悪徳業者の存在や法の抜け穴について説明しよう。

スポンサーリンク

引越しを検討している人は要注意!「事故物件の存在」

部屋を借りようと思っている人は「事故物件」について知らなければならない。後で判明してもすぐに引越しはできないだろう。

安心して生活するためには事故物件とは何なのか知識を身につけることが大切。

事故物件とは「殺人・自殺・火災などの事故が原因で住居者が亡くなった物件」のことを指す。

人の死亡に関係している物件だと思っておこう。

最近多い「孤独死」も事故物件の中に含まれている。たとえ、部屋の中で発見されなかったとしても敷地内であれば事故物件になるのだ。

心理的なものに関係しているため「心理的瑕疵物件」とも呼ばれている。

普通の賃貸物件とは異なる事故物件の特徴は「賃料が安いこと」。他の賃貸物件と比べてみても一段と賃貸料が安くなっている。

そのため、事故物件であることを知らないまま借りる人も多い。

中には気にしない人もいるが、ほとんどの人は他人が死亡した部屋で生活したくはないもの。あらかじめ事故物件とは何なのか把握することが大切になる。

スポンサードリンク

「事故物件」とは記載されていない?

優良業者は事故物件とは何なのか説明してくれると同時に、きちんと貸し出す部屋が「事故物件」であると表示してくれる。

しかし、中には事故物件とは知らない人に対して何も伝えない悪徳業者も存在しているのだ。貸し出す相手が事故物件とは何なのか知らないが故にうまく騙している。

また、法の抜け穴を利用して事故物件であることを伝えていないのだ。

業者によって空き部屋は何とか避けたいもの。空き部屋があればあるほど賃貸料がもらえないからだ。

たとえ、事故物件だとしてもできるだけ人に貸し続けていかなければならない。そのため、真実を隠して貸し出している業者も多いと言われている。

私たちが事故物件とは何なのかきちんと把握しなければならない。そして、事故物件を見分ける能力を持つこと。

簡単に見分けるポイントとしては「通常相場よりもおよそ2~3割賃料が安くなっている」ところ。

事故物件とは賃料が普通の物件よりも非常に低く設定されている。中には半額以下になっているところもあるのだ。

不動産の広告では「事故物件」とハッキリ書かれていない。ほとんどは「告知事項あり」と書かれているため直接お店で「事故物件とは」と聞くことになるだろう。

このようにポイントをしっかり踏まえたうえで事故物件かどうか見極めてほしい。

知っておきたい事故物件と法の抜け穴

なぜ事故物件と伝えずに貸し出す業者が存在しているのだろうか。

理由は「法の抜け穴」にある。

事故物件とは「法の抜け穴」があるせいで何も知らないまま借りているケースが多い。

事故物件や物理的瑕疵において記載されている宅地建物取引業法の重要事項説明を見てみよう。

重要事項説明においてはきちんと「事故物件の心理的瑕疵について説明しなければならない」と書かれている。しかし、「遡及期間」がハッキリしていないのだ。

遡及期間とは過去の時点まで遡ること。つまり、過去に起きた事件が今の状況に影響すると断言できないのだ。

例えば、坂本龍馬や織田信長など過去の偉人たちが亡くなった場所は事故物件として扱われない。

そのため、事故物件の遡及期間がハッキリすればナンセンスな状況になってしまう。ここが法の抜け穴になっている。

安心できる住居で生活したい人は事故物件とは何なのかしっかり把握し、不動産業者に詳しく説明してもらうことが大切だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top