治らない?鼻の黒ずみの取り方と解消法にせまる

鼻にポツポツとできてしまう黒ずみは本当にイヤなもの。

ファンデーションで隠すことができても黒ずみをなんとか改善したい…!と思っている人は多いのではないだろうか。

なぜ鼻の黒ずみができてしまうのか、原因についてみていきたいと思う。

そこから効果的な黒ずみの取り方について解説する。なかなか治らないと悩んでいる人でも、もしかしたらほんの少しのことに気をつけるだけで解消することができるかも…。

鼻の黒ずみで悩んでいる人は要チェック!

スポンサーリンク

あなたの黒ずみの原因はなに!?

鼻の黒ずみは人によってさまざまな原因がある。

  • 皮脂の過剰分泌による詰まり
  • 保湿が足りていない乾燥肌
  • メラニンが蓄積している
  • ホコリや化粧品の汚れ
  • 新陳代謝の低下

以上のような原因が主に挙げられるだろう。

とくに、“乾燥肌”は注意しておかなければならない。皮脂の分泌が多いオイリー肌でも保湿クリームは必須。

オイリーだから保湿をする必要がないと思ってしまいがちだが、保湿をしっかりしておかないと乾燥が余計に皮脂の分泌を多くしてしまい、毛穴に皮脂が詰まってしまうのだ。

また、ホコリや化粧品の汚れも毛穴に詰まることで鼻の黒ずみができてしまうことがある。

必ずメイクは丁寧に落とし、毎朝・晩洗顔をしっかりしていかなければ汚れが少しずつ毛穴に詰まり、黒ずみを発生させてしまう。

ほかにも、紫外線を浴びることでできるメラニン色素の蓄積や新陳代謝の低下でお肌のターンオーバーがなくなってしまう原因が挙げられる。

自分の鼻の黒ずみはどのような原因からきているのか、調べてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

洗顔した後は必ず“保湿”をすること

鼻の黒ずみの原因がわかったら次は「黒ずみの取り方」。

原因によって効果的な取り方が変わってくるため、しっかり自分の原因を把握しておかなければならない。

乾燥肌や皮脂の過剰分泌、化粧品やホコリが毛穴に詰まっていることから引き起こされる鼻の黒ずみは、基本、「洗顔」をきちんとした後、「保湿」をすることが1番効果的。

洗顔で毛穴の奥底にまで詰まっている汚れや皮脂をしっかり取り除いていこう。

すべての汚れを取り除こうとゴシゴシ洗っている人がいるが、この方法だと逆に毛穴を傷つけてしまうのでNG。できるだけやさしく、泡で汚れを落とすように洗顔をしていこう。

そして、大切なのはそのあとだ。

洗顔後は必ず保湿成分が含まれている化粧水や美容液、保湿クリームを塗ること。洗顔後のお肌は真っ裸状態であるので保湿でカバーしてあげなければならない。

保湿成分をしっかり塗りこんでいくと毛穴を守ってくれるバリア機能が生成される。バリア機能が正常に働くとさまざまな汚れをカットしてくれるだろう。

紫外線ケアと適度な運動

鼻の黒ずみを解消するためのポイントとして、「紫外線ケア」がある。

メラニン色素の蓄積で発生している黒ずみには1番の解消法。紫外線ケアをするとシミ対策をすることもできるのでオススメ。

紫外線を浴びないようにUVカットクリームを塗ったり、日傘をさしたり、帽子をかぶるなどの対策もあるが、もし紫外線を浴びてしまったらどうすればいいのか…。

そんな場合は、保湿成分が含まれている美白化粧品を使っていけば大丈夫。

紫外線をすでに浴びてしまったお肌でもすぐに美白化粧品での紫外線ケアをすれば、メラニン色素の生成を抑制することができるだろう。

大切なのは、“すぐに”紫外線ケアをすること。

ケアが面倒だと思わずに、黒ずみを防ぐためにもきちんとおこなっていってほしい。

そして、もうひとつのポイントが、「適度な運動」

ストレッチや筋トレ、ウォーキングなどほんの少しの運動をできるだけ毎日することで鼻の黒ずみを解消することができる。

運動をすると新陳代謝がアップし、お肌のターンオーバーも活性化させることができるのだ。

古い角質から新しい角質へと生まれ変わらせてくれる働きがお肌のターンオーバー。

鼻の黒ずみで汚くなってしまったお肌をキレイにしてくれる役割をもっている。

お肌のターンオーバーが活性化させれば、メラニン色素も抑制でき、皮脂の分泌コントロールも可能。

このように、外からは美白化粧品や保湿クリーム、洗顔を活用していき、中からは適度な運動や規則正しい生活習慣でお肌のターンオーバーを活性化していこう。

体の外と中、両方から鼻の黒ずみを解消していくことができればより大きな効果を期待できる。

鼻の黒ずみで悩んでいる人はぜひ試してみてはいかがだろうか。これであなたもキレイな鼻を手に入れることができるだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top