気まずい関係から復縁するための3つのポイント

恋人と別れてしまい、そのまま気まずい状態が続いている…と悩んでいる人は少なくない。

とくに、同じ職場での恋愛ならなおさらのこと、別れた後の気まずさがどうしても残ってしまうだろう。

その気まずさは時間が経てば自然と薄れていくものかもしれないが、もし、あなたがまた付き合いたいと願うのであれば、できるだけ早く気まずさをなくしておきたい。

そこで、気まずい関係から復縁するための3つのポイントを紹介していきたいと思う。

今現在、元恋人と気まずい関係になっている方は要チェック!

スポンサーリンク

ポイント① 第三者を上手に利用する

言い方が多少悪くなってしまうかもしれないが、“第三者”を利用することがポイントのひとつになる。

ここでいう第三者とは、“同じ職場の人間”や“同僚”、同じ学校であれば“共通の友人”といった人たち。

あなたと復縁したい相手以外の人を“第三者”として、その人たちを上手に利用していこう。

例えば、共通の職場の友人に対して、あなたが元恋人に対して未練がないことを伝えていけば、その友人が相手に伝えてくれ、警戒心が薄れていくはず。

また、元恋人と仲が良い人が「○○(あなた)、最近いい感じだよね~」と評判になっていたら、自然と元恋人もあなたのことを意識せざるを得なくなるだろう。

第三者を利用するためにも、元恋人以外の人にも明るく挨拶をしたり、いい感じの対応を心がけるんど工夫してみてはどうだろうか。

第三者の意見はとても説得力が高くなるため、2人の気まずい雰囲気を柔らかくしてくれる。

スポンサードリンク

ポイント② 仕事の話で距離を近づける

復縁を持ちかけたけれど、プライベートも仕事でも一緒にいると心が休まらないから…と拒否されてしまった人も多いだろう。

別れた後も同じ職場で気まずくなってしまった場合、なんとなく仕事の話はNGになってしまう雰囲気が…。

しかし、仕事の話をもちかけて気まずい関係をなくし、距離が近くなったケースもあるので仕事の話は絶対にNGというわけではない。

距離が離れてしまった相手とも、メールで仕事の相談にのってもらい、そこから連絡頻度も増え、プライベートの話もするようになった人もいるので大丈夫!

ポイントは、“相手の意見を尊重する”こと。

仕事の話をしてもできるだけ相手の意見を尊重し、意見が衝突し合わないように気をつけていけば、相手もあなたに対して心を開いていく。

「同僚だから」というわだかまりが消え、プライベートだけでなく仕事においても必要不可欠な存在になることは間違いないだろう。

ポイント③ 周りにも明るく接すること

最後の3つ目のポイントは、“周りにも明るく接する”こと。

2人が付き合っていて別れたことを周りが知っているのであれば、もちろん周囲の人たちも2人に対し、気遣いの言葉をかけてくるだろう。

周りから言われるたびに気持ちが沈んでしまうかもしれないが、ここは明るく接していってほしい。

自分から「気にしないで」「大丈夫だよ~」と明るくラフに伝えていこう。これだけでも周囲の人たちは安心し、より気まずい雰囲気を柔らかくすることができる。

最初はなかなか相手との距離がつかめないかもしれないが、これらの3つのポイントをしっかり掴んでおけば、普通に話しができるような関係になれるので大丈夫!

時間をかけながら、地道に相手との距離を縮めていこう!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top