整形不要!人間の鼻の形は一生変わる(成長し続ける)

コンプレックスになっている人が多い「鼻」。

鼻を何とかしたいけれども整形はしたくないのが本音。しかし、整形せずとも鼻の形は一生変わる。

そのため、整形をしなくても鼻の形を変えられるのだ。そこで、鼻の形が変わる理由や整形せずに変形させる方法、注意点について説明しよう。

スポンサーリンク

実は成長し続ける「鼻の形」

鼻の形は成長期が止まっても成長し続ける。

人間の成長は10代で終わり、大人になると成長が止まると思ってしまう。しかし、鼻の形に関しては年齢に関わらず成長し続けるのだ。

なぜなら鼻のほとんどが「軟骨」でできているため。

軟骨は体を形成している骨とは違う。

骨と骨の間にあるのが軟骨であり自由に変形できる特徴を持っているのだ。

たとえば、運動中に関節部分が痛んだとする。骨と骨の間にある軟骨部分が圧迫されたことで激しい痛みが出てくるのだ。神経の圧迫による痛みは軟骨の変形が関係している証。

つまり、軟骨は圧力によって変形できる。

今ある鼻の形にコンプレックスを持っている人は、軟骨部分に圧力を与えてみよう。圧力を与え続けていけば、理想的な鼻に変わる。

スポンサードリンク

整形せずに鼻の形を変える方法

鼻の形は一生変わる。よって、わざわざ高いお金を支払って整形しなくとも鼻の形が変えられるのだ。

そこで、おすすめしたい方法を紹介しよう。

最初におすすめしたい方法は「ノーズクリップ法」。

鼻を変えるためには軟骨をずっと圧迫させ続けなければならない。そのため、理想的な鼻の形に固定することが大切。

固定するために「ノーズクリップ」を活用しよう。

シンクロ選手が使っているようなノーズクリップを一定時間装着する。装着することで一定の圧力を鼻にかけ続けてくれるのだ。

洗濯ばさみでも構わないが、洗濯ばさみは刺激が強すぎてしまう。刺激が強すぎると余計な圧力をかけてしまうので要注意。

洗濯ばさみを利用する際は緩めた状態で使おう。

そして、もう1つおすすめしたい方法が「マッサージ」。

軟骨部分である鼻はマッサージで変わるもの。変わるように理想的な鼻にするマッサージをしていこう。

日本人に多い「団子鼻」を治すマッサージについて説明する。

1.人差し指の第2関節を使って鼻先の両脇をトントン叩く
2.人差し指と中指で小鼻の下を挟み、2秒間キープする
3.少し上に移動して2秒間挟む
4.鼻先を挟みながらクルクルとマッサージする

以上のようなマッサージをしてほしい。

鼻先を少しトントン叩くだけでも鼻の形は変わる。それほど軟骨が柔らかいという証だ。

鼻を高くする、ゆがみを治すマッサージがあるのでぜひチェックしてほしい。

やり過ぎ厳禁!鼻の形を変える際の注意点

軟骨でできている鼻は自由に形が変わるもの。だからこそ、マッサージやノーズクリップで必死に形を変えようとしている人も多い。

しかし、鼻の形が変わるとき注意しておかなければならないことがある。

注意点は「毎日マッサージやノーズクリップをしないこと」。

できるだけ毎日続けた方が効果的だと思いがちだが、鼻の軟骨も休憩が必要。毎日してしまうと軟骨に余計な圧力をかけてしまう。

変な形に変わる可能性があるため注意しておかなければならない。

自分が思い描く理想の形にするため、2日ほどの時間をあけながら鼻の形を変えていこう。毎日するのではなく、2日間あけることが大きなポイントだ。

また、マッサージをするときはできるだけキレイな状態ですること。

メイクをしたまま、手が汚れているまま鼻を扱ってしまうとシワの原因になる。鼻まわりの皮膚は非常にデリケートなので力加減を考えながらマッサージしよう。

鼻の形は一生変わるが注意しなければ後悔することになる。以上のポイントを踏まえつつ、上手に変えていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top