敏感肌の方必見!正しい角質ケアで美肌を目指す

ほんの少しでも刺激を与えると、すぐに肌トラブルになってしまう「敏感肌」。

そのため、敏感肌の角質ケアは、慎重にしていかなければならない。

キレイなお肌を維持するためにも、正しい角質ケアと間違ったケアについて説明する。

スポンサーリンク

まずは敏感肌の仕組みを知ろう

正しい角質ケアを知る前に、敏感肌の仕組みや特徴について知らなければならない。

詳しく知ることができれば、キレイなお肌が維持できるだろう。

もともと、キレイなお肌には「バリア機能」が正常に活動している。バリア機能がなくなれば、外からの刺激が入りやすくなり、お肌が乾燥してしまうのだ。

乾燥したお肌が、さらに悪化した状態のことを「敏感肌」と言う。

つまり、バリア機能が完全に失われている状態。そのため、外からの刺激を受けると、すぐにかゆくなり、赤く腫れあがってしまう。

また、敏感肌の原因は、主に“お肌の乾燥”だと言われているが、食べ物にもある。

ミネラル・ビタミン・アミノ酸など、お肌に必要な栄養素を食べ物から吸収しなければ、栄養不足になり、お肌のバリア機能が弱まるのだ。

とくに、お肌のターンオーバーを促すビタミンAを積極的に摂取しなければならない。

ビタミンAは、緑黄色野菜やレバーに多く含まれている。

食生活の偏りを感じる人は、野菜中心の生活を心がけよう。食生活に目を向けることも、敏感肌の角質ケアになる。

スポンサードリンク

知っておきたい!“間違った角質ケア”

美しいお肌を維持するには、“肌質に合った角質ケア”が大切なポイント。

敏感肌は、その肌質に適した角質ケアをしなければならない。

しかし、中には間違った方法でケアをしている人も多く、お肌をより悪い状態にしている。

特に注意してほしいのが“クレンジング剤の刺激”。敏感肌にとって“刺激”は、肌トラブルを招く要因になるため、できるだけ刺激の少ないクレンジング剤を選ばなければならない。

クレンジング剤や洗顔は、必ず「敏感肌用」のものを使おう。

また、成分表も必ず確認すること。

クレンジング剤には、界面活性剤と呼ばれる成分が含まれている。界面活性剤は、化粧を落とすために必要な成分だが、多く含まれていると、その分、お肌の保湿がなくなってしまう。

敏感肌は、ほかの肌質よりも保湿が少ないので、できるだけ界面活性剤が入っていないクレンジング剤が好ましい。

角質ケアは、クレンジング剤やスキンケア商品の選び方から気をつけること。

そして、洗顔方法にも注意しなければならない。

敏感肌の正しい洗顔方法

角質ケアは、正しい洗顔ができるかどうかにかかっている。

洗顔方法を間違えば、どれだけ良い化粧品を使っても効果は現れないだろう。

では、敏感肌の正しい洗顔方法について説明する。洗顔方法のポイントは、次の通り。

・天然成分でできている固形石鹸を使う
・よく泡立てる
・泡で汚れを落とすようにやさしくマッサージする
・質の良いやわらかいタオルでやさしく拭き取る

以上の4点に気をつけながら、洗顔しよう。

洗顔料も、クリームタイプや液体タイプとさまざまな種類がある。敏感肌におすすめなのが、「固形石鹸」だ。

非常に泡立ちが良く、石鹸成分で泡が立てられる。界面活性剤の刺激が少ない、天然成分のみの固形石鹸を使おう。

そして、角質ケアのポイントは、「泡でやさしく顔を洗うこと」。絶対に、手でゴシゴシと洗ってはいけない。無駄に刺激を与えてしまう。

泡で汚れを落とすようにマッサージをして、質の良いやわらかいタオルで丁寧に拭き取ろう。

毎日、丁寧に正しい洗顔をしていけば、敏感肌が改善できる。

より効果を実感するために、角質ケアだけでなく、食生活や生活習慣にも目を向け、内側からしっかりケアをしていこう。

内側と外側の両方からケアをすることで、よりキレイなお肌が維持できる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top