指に膿が溜まる原因と正しい出し方

指に「膿」が溜まったとき、どうすれば良いのだろうか。

適切な対処をしなければ、余計悪化した状態になってしまう。悪化させなちためにも指に膿ができる「原因」や、正しい出し方について把握しなければならない。

正しい基礎知識を身につけておけば、適切な判断ができるだろう。

スポンサーリンク

膿が溜まる原因は「ケガ」や「傷」

指に膿が溜まる原因は人によってさまざまだが、主に挙げられる原因は、「ケガ」や「傷口」からの細菌感染。

傷やケガの部分から、細菌が入り、膿が指に溜まってしまうのだ。

最初はなんともなかった指でも、細菌が入ると痛みが伴う。赤く腫れあがり、痛みと同時にサイズも大きくなる。

ケガや傷を負ったときは、すぐに消毒をして菌が入らないようにテープを巻いておかなければならない。

大した傷でなくても用心に越したことはないだろう。

また、「爪周囲炎」という病気の症状として、指に膿が溜まることがある。

爪周囲炎は、爪周囲がささくれたり、巻き爪、ふか爪、マニキュアなどが原因になっているので要注意。

無意識に爪を噛んでしまう人も注意しておかなければならない。

爪周囲から菌が入ってしまい、爪の下に膿が溜まってしまうのだ。

ひどい状態だと手術しなければならないこともあるため、できるだけ早めに処置しなければならないだろう。

指に膿が溜まった場合、何が「原因」になっているのか把握することが大切だ。

指に溜まった膿の正しい出し方とは?

指に膿が溜まったとき、自分で出す人も多いだろう。

しかし、正しい出し方を知っておかなければより症状が悪化してしまうため、注意しなければならない。

正しく膿が出せるように、出し方をマスターしておこう。

荒療治になってしまうが、膿の出し方は「患部を針で刺すこと」。針を使って膿を出す、手っ取り早い対処法だ。

しかし、針を使った出し方の場合、多少痛みを伴う可能性もあり、悪化するケースも考えられる。できるだけ、荒療治はしないように心がけよう。

どうしても自分で出したい場合は、オロナインを使った出し方がオススメ。

患部にオロナインを塗り、絆創膏で巻いておこう。翌日には患部がふやけているため、簡単に膿を出すことができる。針で刺さずにできる出し方だ。

ただし、指の状態によっては出し方に効果がない場合もあるため、必ずしも膿が出せるとは限らない。

さまざまな出し方はあるが、悪化しないもっとも安全な対処法はほかにもある。

スポンサードリンク

もっとも安全な対処法は病院に行くこと

なんとか取り出そうと、さまざまな出し方を試す人も多い。しかし、実際に間違った出し方をしてしまい悪化した人もたくさんいる。

指をさらに悪化させないためにも、症状が現れたらすぐに病院に行くこと。

病院では、適切な出し方で取り除いてくれる。

どこの病院に行けば良いのか悩んでいる人も多いだろう。指に膿ができた場合は、「外科」または「皮膚科」が良い。

近くに皮膚科クリニックがあれば、すぐに診察を受けよう。

指がひどい状態になればなるほど治療が長引き、その分の治療費も高くついてしまうので要注意。「まだまだひどい状態になっていないから自然と治る」と思っていては遅いのだ。

後悔しないためにも、できるだけ早めに病院へ行くことをオススメする。

また、病院に行ったときは、「原因」だと感じる指のケガや傷、今までどのような薬を使ってきたのかなど、詳しい状況を説明しなければならない。

自分で出そうとしたのなら、出し方も詳しく説明しよう。

原因がわからなくても、詳しく説明すれば、医師も適切な判断が素早くできるのだ。

「病院に診せた方が良いのだろうか…」と悩み続けるよりも、早く病院に診せること。そして、原因を把握し、適切な治療をしてもらうことが大切になる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top