手取りが低い?保育士の給料平均を徹底解剖する

子供と関わる仕事に就きたいと「保育士」を目指す学生は多い。大好きな子供と触れ合うことはできるが、実際の職場は大変であり、なかなか上手くはいかないもの。

さらに給料が低ければ「本当にこの仕事がしたいのか…」と転職を考えるようになるだろう。

保育士として働くまえに、保育士の給料について徹底的に解説していきたいと思う。これから保育士になろうと考えている人は要チェック!

スポンサーリンク

本当はどうなの?保育士の平均給料

保育士は手取りが低いとウワサされているが、本当のところはどうなのだろうか。

一般的なサラリーマンやOLの初任給はおよそ18万~20万円ほど。一方、保育士の初任給はおよそ14万~15万円と言われている。確かに一般的な社会人よりは4万円ほどの差がある。手取りは低い、厳しいと言えるだろう。

現状、保育士の給料はだんだん厳しくなっているらしい。園によっては社会保険が完備されていないところも多く、自分で年金・保険をもらった給料から支払っていかなければならない・・・。そうすれば手取りはもっと少なくなってしまう。

そして、保育園や地方によって給料が大きく変わるということも知っておいてほしい。例えば、神奈川県は保育・福祉関連の仕事に力をいれており、給料は高めに設定してある。20万円も給料をもらうことができる保育園があるほどだ。

また、私立の保育園は給料はそんなに上がることはないが、公立の保育園であれば勤務年数によって徐々に給料もあがる傾向がみられる。

そのようなことから、公立の園の方が就職の倍率は非常に高い。

保育士でも働く職場によっては給料が大きく変わるということは結構重要なポイントになるのではないだろうか。

スポンサードリンク

給料が高いところへ就職する

給料に満足がいかずに辞めてしまう保育士も多いのが現実。

大好きな保育士の仕事をやめることがないように、最初から給料が高めに設定されているところへ就職しよう。もちろん、給料が高いところは倍率も高く、競争率が非常に激しい。

たくさんの保育士候補生の中から選んでもらえるためにも、ほかの人にはもっていない資格や特技を身につけておくと良いだろう。ピアノが得意だったり、いろいろな遊びを知っていたり、子供たちと仲良くなれる特技など何でも良い。

ほかの人にはもっていないものを持っておけば、雇う側も「この人を雇いたい!」と思うはずだ。

給料が高いところへ就職するためには自分のスキルをあげることも大切。そして、見つけるための行動を起こすことも重要なポイントである。

求人サービスを利用しよう

給料が高い職場を見つける行動をすることが大切と言ったが、優良な求人サービスを利用してみてはいかがだろうか。

インターネットでは保育士向けにさまざまな求人サービスが提供されている。そのなかでも優良で評判が良い求人サービスを利用すれば、求人内容が良い職場を紹介してもらうことができるだろう。

自分がどのような職場で働きたいのか、給料はこのくらいが良いと伝えておけば、求人サービスのスタッフがその条件にあった求人を見つけてきてくれる。また、頼むだけでなく、自分で求人を探していけば効率的に職場を見つけることができるかもしれない。

とくに保育士の求人・転職情報サイト|保育士netは人材コーディネーターがバックアップをしてくれるので心強い。ぜひ、このような求人サービスは利用してもらいらい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top