成功率を高める“絶妙な復縁告白のタイミング”とは?

「復縁したいけど元カレ・元カノにどんなタイミングで告白したらいいのかわからない・・・」

「復縁の告白するタイミングっていつがいいの?」

復縁における質問でもっとも多いのが、“告白するタイミング”。

事実、復縁を成功させるためのカギと言っても過言ではないのが、告白するタイミングなのだ。

では、復縁における絶妙な告白するタイミングはいつなのだろうか。

今回は元カレ・元カノと復縁するために知っておきたい、告白するタイミングについて解説する。

スポンサーリンク

見逃しちゃダメ!告白するタイミングは計3つ

成功率を高める告白するタイミングは、以下の3点に該当していることが重要だ。

  • 反省の気持ちを素直に聞いてくれる時
  • メールがくる時
  • 誘ったらOKしてくれる時

元カレ・元カノがこのような状態にあるときは、まさに復縁の告白をするタイミングといっていい。むしろ、これらのタイミング以外に告白をしても、NOと言われる可能性が高いといえる。

それでは前述した3点が、なぜ告白するに最適なタイミングなのかを説明しよう。

1:「反省の気持ちを素直に聞いてくれる時」

別れてしまったことに対して、あなたはきっと反省していると思う。が、元カレ・元カノがそれを感じてくれるとは限らない。とはいえ、元カレ・元カノがあなたの反省している気持ちをきちんと聞いてくれて、素直に「いいよ」と言ってくれるのであれば、それはあなたを許している証拠だ。

このタイミングを狙えば、復縁するための告白は実ったも同然。もう一度2人でやっていこうという姿勢ができてくる。

2:「メールがくる時」

別れているにもかかわらず、メールを送ったらすぐに返事がくるケース。逆に元カレ・元カノからメールが頻繁にくるケースに直面しているのであれば、これも告白するに最適なタイミング。

元カレ・元カノもあなたと連絡したいからこそメールを送信・受信するのだ。このタイミングを逃す手はないので、告白しないままにダラダラ行かないように注意を。

3:「誘ったらOKしてくれる時」

飲みなどに誘ったらOKしてくれるケースも、復縁するための告白に最適なタイミングと言っていい。このような返答をしてくるということは、元カレ・元カノがまだあなたに気がある証拠とも言える。

いや、すでにあなたのことを意識している可能性すらあるのだ。

なぜなら、好きでもない相手と積極的に飲みにいく人は稀。むしろ、連絡すらしたくないはずだ。

これら3つのポイントに共通しているのは、「あなたを“拒否”していない」ということ。あなたのすべてを受け入れている様子がみられるので、このタイミングこそが復縁の告白をするチャンスと言えるだろう。

このタイミングを見計らって、勇気を振り絞り「復縁したい!」と告白してみよう。

元カレ・元カノから「NO」と言う答えが返ってきたら・・・

前述した告白のタイミングを見計らえば、まず高確率で「YES」という返答が得られるはず。

しかし、場合によっては「NO」と断られることもある・・・。

仮に断られてしまった時に注意してほしいのは、“それ以上押さない”こと。

「NO」という返答が来たにもかかわらず、さらに押してしまうと元カレ・元カノはうっとうしさを覚えてしまう。これにより、あなたとの連絡を拒否する可能性があるので、復縁のチャンスが途絶えてしまうのだ。

復縁できる確率を低くさせないためにも、「待つ姿勢」を貫くことが大切。相手がなぜ告白を受け入れてくれなかったのかをよく考え、気持ちが落ち着くタイミングまで待ってあげよう。

再三になるが、タイミングを無視して押しの一手に入ることがないように注意してほしい。

復縁の告白が失敗しても諦めてはダメ!タイミングはやがて訪れる

「思い切って復縁しようとタイミングを見て告白したのに断られてしまった」=「もう復縁できない」ということは絶対にない。むしろ、ふたたび振り出しに戻ってしまっただけのこと。

本当に元カレ・元カノのことが好きなのであれば、再び告白のタイミングが巡ってくるよう、あなたの魅力を伝えていこう。

そもそも、復縁の告白したことで相手はあなたを恋人候補として見始めるかもしれない。そして、今までの地道な努力がさらに後押しになる可能性だってある。

注意して欲しいのは、元カレ・元カノに自分の気持ちをぶつけないようにすること。相手の気持ちを尊重しながらアピールしていこう。

失敗すれば当然落ち込むことと思うが、明日から新しい気持ちで再出発すれば問題ない。

もう復縁することができないと決まったわけではないし、今後のあなた次第で再び告白できるタイミングが巡ってくるはずだ。

だからこそ、地道に元カレ・元カノとの距離を保ち、復縁するためのタイミングに備えて自分磨きをしていこう。

スポンサードリンク

復縁を成功に導くカギは“友人”にあり?!

「復縁」のカギは意外にも“共通の友人”が握っているかもしれない。

共通の友人がいる人は友人を通して元恋人との距離を縮めていくと、ヨリを戻せる可能性がアップすることも。

別れたことがきっかけで元カレ・元カノの連絡先がわからなくても、共通の友人から聞き出せば連絡を取り合うことができる。

何かと復縁の手助けをしてくれる共通の友人は、復縁に欠かせない存在となるのだ。

それでは復縁を成功に導くかもしれない、共通の友人について解説する。

“共通の友人”は身近にいるかもしれない

「自分には共通の友人・知人はいないよ・・・」

職場や学校が同じであればすぐに見つかると思うが、まったく違う場所で出会った場合、自分には共通の友人はいないと決めつけてしまう人は多い。

しかし、探し出す前に諦めるなんてもったいない。
諦める前に一度くらいは探してみよう。

会社の同僚に共通の友人がいるかもしれないし、自分が思い切って探すという行動に踏み出すことで見つけられるはずだ。

ほんのちょっとのことだけど、小さい勇気が復縁への道をつくってくれる。

例えば、こんな話がある。

元カレと復縁をしたかったYさんは同僚のなかにカレの友人がいることを知っていた。しかし、今まで話したことがなく、なかなかカレの連絡先をゲットすることができなかったらしい。

Yさんは思い切って挨拶からはじめ、何度が会話を交わし、やっとカレとの話を持ち出すことができた。そしてカレの連絡先をゲットすることができ、復縁のスタートラインにたてたのだ。

 

もしそのままYさんが同僚に話しかけていなければ、元カレの連絡先を知ることもなく、復縁のチャンスを得ることもできなかっただろう。

このように、ほんの少しの勇気を出すことができずに、共通の友人を見つけられない人はいるはず。

復縁したい元カレ・元カノと連絡がとれない人はまず、共通の友人を見つけていこう。行動しなければ復縁のチャンスは絶対に訪れない。

共通の友人を通して“変わった自分”を知らせる

共通の友人は元恋人と連絡をとるきっかけを与えてくれるだけではなく、自分の変化を相手に知らせてくれる重要な役割ももっている。

直接本人から聞くよりも第三者から聞いた方が説得力は大きい。

「最近あいつキレイになったよな」「同僚の人が何人か狙っているらしいよ」と耳に入れば、少なからずとも気になってしまうものだ。

付き合っていた頃とはまったく違う自分をみせることができれば、相手もあなたのことが気になってくるかもしれない。

共通の友人を通して自分の変化を知らせていこう。そうすれば自然と復縁のチャンスも巡ってくる。

そのためにも自分自身を磨いていかなければならない。そして、上手に共通の友人に自分が変わったことをアピールしていこう。

共通の友人を混ぜた飲み会やイベント

メールや電話よりも直接相手と顔を合わせた方が効果的。別れた後、いきなり2人で会うことはまずないだろう。

なかなか会うことができないと悩んでいる人は共通の友人を間に挟むと良い。共通の友人が大きな手助けとなってくれる。

例えば、共通の友人を何人か混ぜての飲み会やキャンプ、バーベキューなどのイベント。大勢での参加であればあなたも気軽に元恋人と顔を合わせることができ、相手も気兼ねなく接することができるだろう。

まずは大勢での行動から徐々に2人っきりの機会をつくっていけばいい。

最初っから2人っきりになってしまうと相手が警戒してしまい、なかなか距離を縮めることはできない。共通の友人を間に挟んでいけば、警戒心が薄まり、あなたと何気ない会話をすることができるはずだ。

このように、共通の友人は「復縁」にとって大きな力となってくれる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top