意外と多い子供の腸閉塞…初期症状と原因にせまる

“イレウス”とも呼ばれている「腸閉塞」。

腸閉塞とは腸の一部が狭くなり、体内に入れた物がスムーズに排出できない状態のこと。腸に老廃物や毒素が詰まってしまうのだ。

意外と子供の発症率が高く、体から出るサインを見逃すと命を失う危険性もある重たい疾患。

できるだけ早めに解消するためにも「原因」や「初期症状」を把握しよう。

スポンサーリンク

子供のイレウスに見られる“初期症状”

腸閉塞の症状が見られたらすぐに病院で診てもらわなければならない。

放置すればするほど悪化してしまうので要注意。できるだけ早めに解消するためにも“初期症状”を把握しよう。

主に挙げられる初期症状は以下の通りになっている。

  • お腹の張り
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下血
  • 脱水症状

腸閉塞は腸の一部が狭くなり、排出すべき物がスムーズに流れなくなるため老廃物や毒素が蓄積される。そのため、腸が膨らみお腹に張りが出てくるのだ。

張りによって引き起こされる腹痛はもちろん、嘔吐や下血を伴うケースも見られるので注意しなければならない。

この中でも子供によく見られる初期症状が“嘔吐”。

嘔吐を繰り返す子供が多いため、脱水症状に陥る危険性もある。そのため、こまめに水分を摂ることが大切だ。

嘔吐はほかの病気と勘違いしやすい初期症状だが、腸閉塞の場合は特徴がある。その特徴とは、初期症状に現れる嘔吐は黄色をしている胆汁か白色をしている胃液であること。

また、進行すると嘔吐物が下痢のようにひどい臭いを放つようになる。

子供が吐いた物を親がしっかりチェックすることも初期症状を自覚する大切なポイントだ。

スポンサードリンク

子供の腸閉塞の原因は“先天性”と“疾患”の2つ

初期症状について説明したが、一体子供の腸閉塞は何が原因になっているのだろうか。

主に挙げられる原因は“先天性のもの”と“疾患”の2つがある。

生まれてからすぐに腸閉塞になる先天性は「先天性小腸閉鎖」や「先天性食堂閉鎖」「先天性十二指腸閉鎖」といった病気が挙げられる。

もともと一部の腸が狭く、スムーズに食べ物や老廃物が排出できずにいるのだ。

 

そしてもうひとつの原因である“疾患”は、先天性ではないけれども腸閉塞の原因になってしまう病気のこと。

例えば、子供の場合“懐死性腸炎”や“ヘルニア”、“小児の腸重積”、“泌尿器疾患”などが挙げられる。

それぞれ発症しやすい年齢が違うのが特徴的。懐死性腸炎は子供でもミルクを飲み始めた頃に多く、腸閉塞の原因で多い腸重積は2歳までがピークと言われている。

腸閉塞にかかるのは小学生未満が多い。しかし、小学生以降の子供でもこれらの疾患が原因になる可能性が高いので要注意。

中学生・高校生だからと油断してはいけない。

原因によって治療法が異なるため、必ず病院で検査してもらい原因をハッキリさせよう。

イレウスは子供の命を脅かす危険な病気

最近ニュースになったオダギリジョーと香椎由宇夫妻の次男も腸閉塞(絞扼性イレウス)で亡くなっている。

それほど、命を脅かす危険な病気なのだ。

子供は親に甘えたい気持ちからお腹が痛いと訴えることもあり、親からすると「またか~」と軽く見てしまいがちだろう。

しかし、腹痛と同時に嘔吐を繰り返すと体が危険な状態になっているので気をつけなければならない。子供の体から出る初期症状のサインを見逃さないようにしよう。

実際に、よくお腹の調子が悪くなる子供がいつもと違う腹痛を起こし、そのまま吐き続けたため病院に連れていくと腸閉塞だったというケースもある。

腸閉塞は嘔吐した後、頭痛や腹痛が一時的に治まるが再び痛む特徴を持つ。

そのため、子供が繰り返し嘔吐してはすぐに痛みを訴える場合すぐに病院を受診した方が良い。早期治療が大きなカギになるので親が子供の異変に気づくことが大切だ。

初期症状を把握するためにはまず親が「知る」ことから始めよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top