恋愛に疲れる人のための“効率的な生き方”

「もう恋愛なんてしたくない…」「恋愛は面倒」と思っている人も多いだろう。好きな人ができれば些細なことでもすぐにトキメキ、苦しんでしまうこともある。いろんな感情が出てきて翻弄されるのが恋愛だ。恋愛は疲れるから苦手と思っていてもいつまでもそのような状態だと楽しい恋愛をすることができない。

恋愛を楽しむためにもなぜ疲れてしまうのか、どうすれば楽しむことができるのか前向きに考えていこう。そうすればきっと恋愛も楽しくなるに違いない。

スポンサーリンク

感情とマイナス思考

恋愛に疲れてしまう人で多いのが、「マイナス思考」だという点。彼はほかの人が好きなのかもしれない…、私なんて可愛くないから…と恋愛でマイナスになることは多いだろう。

マイナス思考は自然とストレスに変わっていくもの。ストレスは体に疲れを蓄積させ、なんとなく恋愛に疲れてしまうことになる。ストレスを溜めこんでしまえばさまざまな病気を引きおこす原因になることもある。

ついネガティブになってしまうほど恋愛に疲れてしまうのだ。

そしてもうひとつの原因は「起伏が激しい感情」。例えば、ジェットコースターに乗るとする。頂上に上がるまでドキドキが止まらず、急に下がるときはそのドキドキが一気に開放されたかのように「キャーッ」と叫ぶはず。

ジェットコースターのような起伏が激しい感情は「気」が消耗しやすくなる。カロリーは消費していないのになぜ疲れるのか、それは気を消耗してしまうからなのだ。気の消耗こそ恋愛に疲れてしまう原因になる。

スポンサードリンク

ポジティブな思考に変え、明るい気持ちを保つこと

原因がわかれば改善方法も掴めるはず。まず、ネガティブな思考をポジティブな思考に変えていってみてはいかがだろうか。どれだけアプローチしても彼が振り向いてくれない…もうダメだ…と考えるのではなく、振り向かせるために自分を磨こう!と積極的になることが大切。

自発的に取り組むことで恋愛に疲れる原因である“気”を補充することができる。

常に明るく、笑顔でいれば毎日が楽しくなるはずだ。笑顔は周りを明るくしてくれるし、自分の気持ちも落ち着かせてくれる。ほんの小さなことでも嬉しいことがあれば素直に喜んでいこう。

心を落ち着かせること

感情の起伏が激しい人は「心を落ち着かせる」ことを1番に考えよう。

恋愛面において起伏が激しいときはきっとあなたの思い通りにいかないとき。思い通りに進めようとしていてうまくいかないと悲しくなるし、うまくいくと嬉しくなる。この差が激しいと“気”がどんどん失われていき、疲れが増すばかりだ。

そうならないためにも心を落ち着かせることが大切。心を落ち着かせるポイントとしては、“欲をもたないこと”。好きな人に振り向いてほしい、私を好きになってほしいと願う気持ちはわかるが、欲をもちすぎてしまうと恋愛はうまくいかないだろう。

好きな人と挨拶しただけでも、一目見ることができただけでも素敵なことだと言い聞かせていこう。

欲がある所為で気持ちが焦ってしまい、うまくいくはずだった恋愛もうまくいかなくなる。自分の感情がコントロールできれば楽しく恋愛・人生を送ることができる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top