20代~40代のうつ病に見られる症状と治療法

ここ日本の未来で懸念されていることがある。

それは「うつ病」にかかる人の割合だ。

今後はさらにうつ病にかかる20代~40代が増えると言われている。

社会の変化が影響しているのかストレスを抱える人が増えたため、精神病にかかってしまうケースが身近になったのだ。

おまけに自覚症状がないまま軽度のうつ病にかかっている20代~40代の日本人は多い。

そこで今回は20代~40代のうつ病に見られる症状と、その治療法について詳しく解説する。

スポンサーリンク

うつ病の症状は大きく分けると“2つ”

うつ病の症状にはさまざまな症状があるが、主に「精神症状」と「身体症状」の2つに分けることができる。

「精神症状」は気持ちや行動にあらわれるもので、以下のような症状が見られる。

 

気が沈む
好きなことをしていても楽しくない
何もする気が起きない
集中できない
じっとしてられない
いつもイライラする
ボーっとすることが多い
このまま消えたいと思う
人生がつまらなくなる

 

など、気持ちの面がウエイトを占めている

 

一方、「身体症状」は体に現れる症状となる。
具体的な症状は以下のとおりだ。

 

眠れなくなる
疲れやすい
だるい
性欲の低下
胸がいつも苦しい
息がよくつまる
首や肩がこりやすい
食事が美味しくない

 

このような症状が挙げられる。

20代~40代の方で以上のような症状が見られる場合は、うつ病を疑ったほうがいいかもしれない。

うつ病を特定するためには診断が必要なので、少しでも早く治療したいなら精神科などへ足を運ぶことをおすすめする。

20代~40代のうつ病治療は早めが肝心!

20代であろうと40代であろうと、進行してしまったうつ病の治療は困難になると言われている。

つまり、うつ病を根から治療するためには、症状が軽い段階から踏み切ることが重要なのだ。

20代~40代でうつ病の症状がみられる人は、それ以上症状を悪化させないためにも絶対にアルコールを飲まないようにしてほしい。

その理由はアルコールを飲むことで、「セロトニン」がなくなると言われているため。

セロトニンとは「神経伝達物質」であり、その数が減少するほどうつ病が悪化すると言われている。アルコールはそのセロトニンを減少させる作用があるので、うつ病の症状に悩まされている方は、アルコールを飲まないように注意しよう。

なお、アルコール摂取を控えるだけでなく、ゆっくり心と体を休ませることも大切。

毎日仕事で忙しくしている人は思い切って休養届けを出し、家でゆっくりすることをおすすめしたい。

うつ病の症状に気づきながらも、そのまま仕事に取り組んでしまっては症状を悪化させるだけだ。おまけにストレスは溜まる一方になる。

なお、20代では学校に通っている人も少なくないだろう。

仮に20代の学生でうつ病の症状が見られる方は、学校を思い切って休むようにしてほしい。

じっくり心と体を休ませ、時間をかけて元の状態に戻していく治療法を目指そう。

焦る必要はまったくないので、まずは目の前に置かれた事実と向き合い、治療していくことが大切だ。

症状に最適な治療法を選択しよう

軽度のうつ病であれば、セルフケアで治療していくことはできる。しかし、あまりにもうつ病が悪化している場合は、セルフケアで治療することは困難だ。

言うまでもなくセルフケアにも限界があるので、自身の許容範囲を超えた場合は医師に任せよう。

特に「部屋に引きこもりになってしまっている人」、「人と接することが難しい状態に陥っている人」、「体が痙攣するといった不安障害が顕著にみられる人」は病院での診察が必須。

ケースによっては入院が必要になることもあるので、早めに診察してもらう必要があるだろう。

なお、悪化した状態のうつ病であっても、適切な治療をすれば完治できる。大切なことはその人のうつの症状にあった治療法をおこなっていくことなのだ。

効率的な治療をおこなうことで、少しずつ症状は改善していく。

誰もが治療に焦ってしまうものだが、うつ病はすぐに治るものではない。治療には時間が必要なので、焦らず自分のペースで向き合っていくべきだ。

スポンサードリンク

うつ病治療は“にんにく”を食べることが近道だった?!

精神病にかかる20代~40代が増えてきている昨今、3人に1人が発症していると言われているのが「うつ病」だ。

不安な気持ちが押し寄せることで、ネガティブな思考になってしまう「うつ病」。

症状がまだ軽度であれば、早期治療で十分に完治することができる。

うつ病治療にはさまざまな方法があるが、その中でも“にんにく”を食べて治療する方法が話題となっているようだ。

そこで今回は「にんにくでうつ病治療」の真相に迫る。

実は自然が生んだ薬?!「にんにく」が秘めたパワー

料理にもよく使われるにんにくは“口が臭くなる”というイメージが強いため、現代の20代~40代は食べることを避けているようだ。

が、にんにくはうつ病治療に効果的なパワーを秘めた食材なのである。

にんにくはネギ属の多年草であり、主に球根の部分を香辛料として使う。もはや説明するまでもないと思うが、様々な料理における味にインパクトをつけるため、多様される食材のひとつである。

なお、にんにくは古代エジプトから栽培されており、現存する最も古い医学書では「にんにく=薬」として掲載されているほど。

臭いはとても強烈だが、昔から体に良い食べ物として古くからよく食べられていたのだ。

にんにくの魅力は薬同様の効能を持ちながらも、「人工的につくられた薬」でない点。そして、自然由来そのものの栄養がたっぷり含まれている点が挙げられる。

おまけに医薬品のような副作用もない。

そう、にんにくは健康的な体を維持できる薬として活用されていたのだ。

しかし、にんにくが健康面だけでなく精神面にも効くとは限らない。はたして、うつ病治療に「にんにく」は効果をもたらすのだろうか。

にんにくが「うつ病治療」に効果的な理由

うつ病治療や対策の基本といえば、リラックスできる空間をつくったり、心身に休息を与える必要があると思われがちだが、食べ物から得られる栄養で改善することも可能と言われている。

今になって何故にんにくがうつ病治療に効果的と話題になっているのか?

その理由はにんにくに含まれている「トリプトファン」が大きく関係しているためだ。

トリプトファンは脳をリラックスさせる物質「セロトニン」を生成するために欠かせない成分となっている。つまり、トリプトファンがあるからこそ、セロトニンが生み出されるのだ。なお、うつ病傾向にある20代~40代の人は、セロトニンとトリプトファンの数が非常に少ない。

よって、トリプトファンが多く含まれる「にんにく」を積極的に食べることは、脳をリラックスさせる近道。

特に通常のにんにくよりも成分が豊富に含まれている「黒にんにく」を摂取することで、より高い効果を期待することが可能だ。

黒にんにくは、にんにくを熟成発酵させているため、さらにトリプトファンの量が多くなっている。

サプリメントなら毎日摂取することができる

にんにく独特の味と臭いが苦手という人は、黒にんにくが含まれる「サプリメント」をおすすめしたい。

黒にんにくのサプリメントは多くのメーカーから発売されており、種類も豊富。サプリメントであれば臭いも味も気にすることなく、にんにくの成分を毎日摂取することができる。

1日にたった数粒飲むだけなので利用している人は少なくない。また、サプリメントは手軽さだけでなく、値段もとてもお得になっている。1,000円~2,000円のサプリメントが発売されており、お小遣い感覚で購入することができるだろう。

なお、サプリメントに即効性はないが、長く飲み続けることで次第に効果が発揮される。そのため、地道に長く飲み続けることができるがサプリメント摂取の基本だ。

ちなみにおすすめのにんにくサプリメントは、テレビでお馴染みのやわたの【熟成にんにく卵黄】

同製品はリピーターが多いことでも知られているので、改善の手助けとなってくれることだろう。

このように、にんにくのサプリメントを活用することで、うつ病治療を自宅で行うことができる。サプリメントでうつ病をケアすることに興味がある方は是非チェックしてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top