復縁したい!でも“着信拒否”されてしまったときの解決策

元恋人と復縁がしたい!けれどもメールや電話が拒否されている…もう諦めるしかないのか…と落ち込んでいる人もいるだろう。

しかし、実際に着信拒否されていた人でも見事復縁に成功した人はいる。

着信拒否されたからといって諦める必要は決してない。

では、どうすれば着信拒否から相手との距離を縮めていけば良いのか、ポイントについてみていきたいと思う。

悩んでいる人は要チェック!

スポンサーリンク

なぜ相手が着信拒否をしているのか“理由”を考えて

自分は連絡をとりたいのになぜ相手が着信拒否をしているのか、その“理由”について考えたことはあるだろうか。

もしかすると一方的に連絡をとってはいないか、改めて考えてほしい。

相手が着信拒否をしているということは、今はあなたと連絡をとりたくないか、または新しく携帯電話を購入し、あなたに連絡していないかのどちらかになる。

後者の方であれば共通の友人を通して連絡先をゲットし、連絡できるが、前者だった場合はなぜ着信拒否をされているのか“理由”を考えなければならないだろう。

絶対にしてはいけないことは、「強引に連絡をとろうとすること」。

相手が拒否をしているのにこちらの感情だけで動いてしまうのは逆効果になってしまうので要注意。

ここで大切なのは、「拒否されている“理由”を考える」こと、そして、「相手の意思を尊重する」ことだ。

焦ってしまってはせっかくのチャンスの台無しになってしまうので、相手の意思を第一に行動していってほしい。

スポンサードリンク

時間をゆっくりかけること

着信拒否された=嫌われていると思い込んでしまいがちだが、時間をゆっくりかけていけば大丈夫。

よく、女性は別れた後、危害が加えられないように連絡手段を絶つ人が多い。自分を守るために着信拒否をしている人が多いのだ。

男性はそのようなことがないのでほとんどは着信拒否にしないだろう。

もし、男性でも着信拒否をするのであれば、それは感情が豊かな証。今はあなたのことが嫌いでもあることがきっかけで再び好きになるかもしれない。

人の気持ちは振り子と同じだと思っておいてほしい。

たとえあなたのことが嫌いという方向に今、振り子が傾いていたとしても、時間を置くことで徐々に振り子も元通りになるはず。

大切なのは、相手が拒否をしているときに焦らないこと。

では、どうすれば徐々に「好き」という方向に振り子を傾けさせることができるのか、次の項目でそのポイントをみていきたいと思う。

着信拒否された場合に重要な2つのポイント

着信拒否された場合、復縁をするためのポイントは2つある。

1つ目は、「電話番号・アドレスを変更する」こと。

変更して一斉送信で元恋人の元へメールを送ってみよう。電話番号やメールアドレスを変更すれば着信拒否されていたとしても相手に届けられる。

しかし、ここで注意しておかなければならないことは、“着信拒否されてからすぐに変更しない”ことと“元恋人にだけ個別で送らない”ことの2つ。

警戒心を仰ぐようなことは絶対にNGなので気をつけてほしい。

もし、相手から一斉送信にもかかわらず返事が来たら復縁のチャンスは近づいているかもしれないし、返信がこなくても1ヶ月後に個別でメールを送れば大丈夫。

できるだけ明るい文面で短い内容を送ってみよう。

 

2つ目は、「共通の友達にお願いする」こと。

共通の友達にもう未練はないことを相手に上手く伝えてもらえば、警戒心が自然と解かれるはず。

警戒心をなくせば気軽にメールのやり取りができるだろう。

着信拒否されているからといって焦る必要はないし、諦めることもない。時間をゆっくりかけて、相手の意思を尊重しながら連絡をとることが大切。

ぜひ試してみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top