彼女のわがままに疲れたときにすべき「5つの行動」

わがままな彼女と付き合うのに疲れた……と感じている男性は必見。

付き合いに疲れを感じていてもお互い幸せになれない。また、ストレスがかかってしまうので人付き合いに嫌気が差してくる。

そこで今回はわがままな彼女と関係を良好にするため、疲れたときの対処法を5つ紹介しよう。

対処法をチェックしておけば良い関係を保てること間違いなしだ。

スポンサーリンク

疲れたときこそ「自分の気持ち」と「妥協点」を伝える

わがままな彼女を持つと疲れてしまうもの。

このまま関係が続けば続くほど自分にストレスが大きくかかってしまう。そこで、疲れたときにすべき対処法が2つある。

それは「自分の気持ち」を伝えることと「妥協点」を提案すること。

疲れたと感じたときこそ自分の気持ちを彼女に伝えなければならない。わがままな彼女の言いなりになっているといつか必ず爆発してしまい大喧嘩に発展する。

そのため、疲れたときはすぐに自分の気持ちを素直に伝えよう。

人はちゃんと相手に自分の気持ちを話さなければ伝わらない。わがままを言われたとき「嫌な気持ちになるからこういうのはやめてほしい」「俺の気持ちも考えてほしい」と冷静に伝えること。

そして、わがままに対して「妥協点」を提案することも大切だ。

例えば、彼女が「○○に行きたい!今度の休みに連れて行って」と言う。自分にもスケジュールがあるため「○○は遠いな…。近場の○○ならどう?今話題になっているスポットもあるよ」と妥協点を提案する。

このようなやり方で彼女のわがままと上手に付き合えるのだ。

スポンサードリンク

「冷却期間」を置き、「第3者」をうまく利用する

わがままに疲れたとき「冷却期間」を置くことも対処法のひとつ。

ただし、冷却期間を置く前になぜ距離を置きたいのか「理由」を伝えること。きちんと伝えることで彼女はわがままを言い過ぎたと反省できる。

いきなり冷却期間を置きたいと伝えても受け入れてくれないときもあるだろう。言い争いになり、そのまま別れてしまったというケースも多い。

そのため、きちんと自分の気持ちを伝えてから冷却期間を置こう。

そして、わがままに疲れたことを彼女に伝えてもケンカになってしまうとき。そのようなケースはふたりの間に「第3者」を入れるのも対処法のひとつ。

自分にとって信頼できる友人やふたりにとって共通の友人に間に入ってもらえるように頼もう。自分の気持ちを代わりに彼女へ伝えること。

しかし、状況によっては第3者を入れないほうが良いときもある。

あくまでもケースバイケースによって異なることを覚えておこう。また、自分の気持ちを伝えたいときは手紙にしてもOK。

彼女に疲れたときは「自分もわがままになってみる」

彼女のわがままを受け入れているとどうしても疲れてしまうもの。

そこで思いきった行動として「自分もわがままになること」も対処法のひとつ。

彼女の様子を見て一時的かどうか確認しよう。一時的なものであれば時間の経過とともに自然と主張もなくなる。

しかし、一時的なものでなければ相手に自分の大変さを伝えることも大切だ。

なかなか自分の行為は自覚できないが、相手の嫌なところはすぐにわかる。そこを上手に利用した対処法になるだろう。

彼女からされたことをすることで自分の疲れた気持ちを味合わせられる。

けれども、わがままの言い過ぎには注意しなければならない。あくまで彼女にわからせるための行動や言動をすること。

これからも仲良くするためには相手の様子を見なければならない。

 

以上のように説明した5つの対処法である、

・自分の気持ちを伝える
・妥協点を伝える
・冷却期間を置く
・第3者をうまく利用する
・自分もわがままになる

これらを状況に合わせて実践してほしい。

疲れたときにすべき対処法を把握しておけば仲の良い関係でい続けられる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top