巷で話題のソーラー発電は得か?

設置している人が増えてきている「ソーラー発電」。ソーラー発電の設置を考えている人も多いのではないだろうか。

そこで、ソーラー発電は得かどうか、効果やメリット・デメリットについて詳しく説明する。ソーラー発電は得か気になっている人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

気になるソーラー発電の効果とは?

巷で話題のソーラー発電は得か気になるもの。

ソーラー発電の設置費用は高いイメージがある。しかし、上手に太陽光を利用して発電すれば、光熱費の節約につながるのだ。

どのくらい効果があるのかは、ソーラー発電の発電量によって異なる。

ソーラー発電は得か気になっている人は、自分たちが1年間でどのくらい電気を使うのかに注目しなければならない。

たとえば、4人家族の場合、1年間でおよそ3,000~4,500kwの電気を使うと言われている。発電量1kwのソーラー発電を設置した場合、1年間でおよそ1,000kwの電気をためることができるだろう。

よって、3~5kwほどの電気量をまかなうソーラー発電を設置しなければならない。

3~5kwのソーラー発電なら、4人家族の電気量1年分になる。ソーラー発電で光熱費のもとが取れるのだ。

このように、ソーラー発電は得か考えるには「家族の人数」や「1年間で使う電気量」を把握しておかなければならない。

設置したソーラー発電のおかげで節約意識が高まった家庭もある。その結果、およそ10~20%の光熱費削減に成功した。

スポンサードリンク

ソーラー発電は得か考えるためのメリット・デメリット

ソーラー発電は得か考えるため、メリット・デメリットを把握しておこう。

ソーラー発電のメリットは、主に「節電効果が高まる」「光熱費が節約できる」「災害時に役立つ」の3点。

すぐに効果が表れるとは限らないが、使い続けるほど光熱費の削減が期待できる。光熱費削減とともに家全体の節約効果も高まるのだ。

電気の点けっぱなしがなくなった、必要最低限しか利用しないなど、エコ活動の取り組みが積極的になる。

また、最近は災害時に備えてソーラー発電の設置を考える人が多い。地震や台風・火山の噴火などが多い日本だからこそ、いざというときに蓄えておいた太陽エネルギーが活用できる。電気の供給がストップしても安心だ。

ソーラー発電は得か考える際、メリットばかりに注目してしまうが「デメリット」も知らなければならない。

ソーラー発電のデメリットは「価格が高い」「メンテナンスが必要」「発電量が不安定」な点だ。

効果は期待できるが、まだ設置費用が高い。設置費用の高さからあきらめる人もいる。

定期的なメンテナンスが必要になるのもデメリットの1つ。保証期間内は無料だが、期間外になるとお金がかかってしまう。

ソーラー発電は太陽光で熱を得ているため、気候の変動によって発電量にばらつきがある。曇りや雨の日は十分な発電量が得られない。

これらのメリット・デメリットをしっかり踏まえたうえで、ソーラー発電は得かどうか考えよう。

ホントにお得?ソーラー発電を徹底解剖

ソーラー発電の効果やメリット・デメリットについて説明してきたが、最終的にソーラー発電は得か?それとも損になるのか気になるはず。

確かに、まだソーラー発電の設置費用は高い。しかし、長期的視野で見ればソーラー発電を設置した方が得になる。

いざというときにためた電力が使える、光熱費が削減できるなど、メリットの方がデメリットよりも大きい。

さらに、ソーラー発電は得かどうかハッキリわかることがある。それは、ためた電力を売ってお金に換えられる点だ。

2011年8月に可決された再生可能エネルギー買い取り法案により、売電価格は年々下降している。売電契約を結んだ年から買い取り価格が政府から保証されるため、できるだけ早めに契約を結ばなければならない。

ソーラー発電は得かどうか自分でしっかり考え、できるだけ早めに設置しよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top