健康

左右の脇腹がチクチク…その痛みの原因と対処法

投稿日:

「最近左右の脇腹がチクチク痛むな…」と感じている人は要チェック。

そのまま放置しておけば大変な事態に陥る可能性がある。できるだけ早めに解決するためにも痛みの原因と対処法について把握しておこう。

スポンサーリンク

左側の脇腹が痛む時の原因

脇腹の痛みは左右によって原因が異なるもの。

体の中にはさまざまな臓器が入っている。左右によって当てはまる臓器が異なるため、原因も変わってくるのだ。

左の脇腹がチクチク傷む場合、主な原因は「消化器系疾患」になる。

左には消化器系・泌尿器系・生殖器系に関係していると思っておこう。痛みの具合や状況によっても異なるが「チクチク」とした痛みは「消化器系疾患」の可能性が高い。

急性胃炎・十二指腸潰瘍などストレスや不規則な生活習慣が原因になっている。

また、尿路結石・膀胱炎などの泌尿器系疾患、生理痛や子宮筋腫などの病気になっている可能性もある。

生殖機能に問題がある場合、特に未婚の女性は赤ちゃんを産む大切な場所でもあるので早めに解決しなければならない。

左のチクチクとした痛みは慢性的なものではなく基本「急性的」。

主に生活習慣などが原因となっている可能性があるため生活を見直してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

右側がチクチクする時の原因

今まで何ともなかったのに急にチクチクした痛みが出てくると焦ってしまう。病気になったのでは…と一気に不安が押し寄せてくるだろう。

大切なのは決して焦らないこと。何が原因になっているのか落ち着いて見直すことが大切だ。

右の脇腹に発生する痛みも左と同じく消化器系・泌尿器系・生殖器系疾患が原因になっている可能性が高い。

しかし、同じ臓器でも右では異変が起きている場所が異なる。

例えば、消化器系に問題がある場合、主に「胆嚢炎」「胆石症」「肝臓がん」といった堪能と肝臓での異常が多い。

立っていられないほどのチクチクであれば結石が堪能に詰まっている証拠。チクチクを通り越して左右の腹痛に鋭い痛みが走る。

胆石はコレステロールが大きな要因になっているため太り気味の人は要注意。

また、他にも大腸がん・肝臓がん・胃がん・腹膜炎・膀胱炎のような疾患が当てはまる。

脇腹のチクチクとした痛みは左右どちらにせよできるだけ早めの治療が大切。手遅れになってしまえば手術せざるを得なくなる。

命にも危険が及ぶため適切な対処法を把握しておこう。

脇腹に痛みが出てきたときの対処法

左の脇腹だけ痛みが出てきたときは「筋肉の疲労」が原因。そのため、筋肉を休ませることが適切な対処法になる。

できるだけ疲労物質を取りのぞかなければならない。

左側だけの筋肉が疲労しているのは主に「姿勢の悪さ」が問題になっている。日頃、自分がどのような姿勢を保っているのか確認してみよう。

猫背になっているのならできるだけ背筋をまっすぐ保つ、骨盤がゆがんでしまうため足を組まないなど日頃の行いが大きな対策になる。

それでもチクチクが治まらない場合は病院へ行こう。

左右の脇腹に痛みが発生した場合は「疾患」が原因である可能性が高い。

疾患の種類によって治療法は異なるだろう。

例えば、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の場合「ピロリ菌」がうようよしている。そのため、ピロリ菌を体内から排出していかなければならない。

左右の脇腹にチクチクとした痛みが出る原因は以上説明してきたがほとんどの人が「生活習慣」に問題がある。

アルコールの過剰な摂取や睡眠不足、栄養が偏った食事、運動不足、肥満など…当てはまる要素はあるだろうか。

当てはまる場合は生活習慣を規則正しく戻す努力をしてほしい。規則正しい生活習慣に改善することも脇腹の痛みをなくす対処法だ。

自分の原因を知り早めに脇腹のチクチクを解消しよう。

スポンサーリンク

-健康

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.