就活が有利になる「自己分析のやり方」

就活を始める前に必ずやらなければならないのが「自己分析」。

自己分析とは何なのか、やり方はどうすればよいのか気になる人も多いだろう。

そこで自己分析の内容、やり方、必要性について詳しく説明する。

早く就職先を見つけるためにも自己で分析することが大切。就活がスムーズに進められるように自己分析について知っておこう。

スポンサーリンク

就活に欠かせない「自己分析」

いわゆる“自分がやりたいこと”を具体的に示すのが自己分析の役割。

自分を分析し、どのような分野で働きたいのか明確にしていくやり方となっている。仕事を充実させるためには就職先がポイントであり、自分の幸福度が変わってくるだろう。

この仕事をしてよかったと思えるためにも自己分析は必要不可欠なのだ。

具体的に分析では以下のようなことを明確にする。

  • 自分の性格や特徴
  • 何をしたいのか
  • 社会に対して貢献できることは何か
  • 今まで何を学んできたか

これら4つのポイントを明確にすることで履歴書に書く志望動機や自己PRの内容が決まるだろう。

昔からもっている夢があり、目標がきちんと決まっているなら自己分析もしやすいが、趣味がない、仕事は何でもいいと思っている人は就活につまずく可能性が高い。

しかし、夢がない人でも自分で自分の分析をすればどこに進むべきがおのずと道が見えてくる。

何をしたいのかわからない人ほど自己分析は就活にとって必要不可欠な存在になるのではないだろうか。

では、どのように自己分析をすればよいのかやり方についてみていこう。

スポンサードリンク

やり方は簡単!9つのポイント

どうやって分析をしたらよいのかわからない、学校でやったけどイマイチわからなかった人は要チェック。

簡単にできるやり方、9つのポイントについて説明する。そのポイントは以下のとおり。

  • 過去、現在、未来
  • 長所、短所
  • 好きなこと、嫌いなこと
  • 過去の嬉しい出来事
  • 過去の悲しい出来事
  • 客観的に自分をみる
  • 自分が大切にするもの、動かすもの
  • 5、10年後の自分を考える
  • 自分の夢

以上の9つのポイントを具体的に知ることが自己分析で大切なこと。

例えば、過去のどのような体験や経験によって今の自分が存在しているのか考えれば将来やりたいことが見つかるだろう。

過去・現在・未来を知ることは自己分析の基本的なやり方になるので知っておいてほしい。

また、過去の嬉しかったこと・悲しかったことを振り返り、自分がどのようなときに動かされたのか、大切にしたいものは何なのか考えよう。

そうすれば自分にとってやりたいことが自然と見つかるはず。

これら9つのポイントは就活にとってとても大切なやり方のひとつ。それぞれ箇条書きにして紙に簡単に書いていってみてはいかがだろうか。

大学で学んだ事を就活に反映する

就活で大きく関係してくるのが“大学で学んだこと”。

具体的な自己分析のやり方はさきほど説明したが、そこに“大学で学んだこと”も取り入れてほしい。大学では何を学んだのか、どのようなサークル・部活に入ったのか、なぜその大学・学部・研究室を選んだのか考えよう。

大学で学んだことは高校や中学よりも就活に大きく影響する。

もちろん、高校卒業してから就活する人も高校で学んだことが大きなポイントになってくるだろう。就活するにあたり、最後の学歴が重要ポイントになるのだ。

大学で学んだことをどう活かすのか、また自分はそれに興味があるのか自己分析をおこない、しっかり見極めていかなければならない。

就活をする前に自己分析は絶対にしておこう。

学校だけでなく、就活セミナーや講習会、インターネットでも検索すれば自己分析シートが出てくるので時間がある時にやってみてはいかがだろうか。

自分が本当にしたいことは何なのか、奥底に眠っている本当の気持ちが見つけられるだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top