寝れない!ふくらはぎが“だるい”原因は何?

ふくらはぎがだるい・・・なかなか寝れない・・・。
ふくらはぎがだるいがために、すぐ目が覚めてしまうと悩んでいる人は少なくない。

なぜ、ふくらはぎがだるいのか?
なぜ、なかなか寝れないのか?

今回はその原因についてくわしく解説していく。

寝れない・だるい原因は何かしらあるもの。解消したいならその原因を突き止め、どうすれば改善されるのか考えることが大切だ。

スポンサーリンク

寝れない原因、それは冷え性かも…

女性に多くみられる“冷え性”。

あなたは寝るとき、常に足が冷えていないだろうか?

足先が冷たくなってしまうとそれだけで寝れないこともあり、脚全体もパンパンにむくんでしまう。

冷えは血液の流れを悪くし、老廃物や毒素が溜まってしまうので注意しなければならない。冷えはだるいと感じる体をさらに重くするばかりだ。

もし「冷え性かもしれない」と感じたら、寝れない原因は冷えである可能性が高い。冷え性を改善しなければ、寝れない・だるい状態も改善されることはないだろう。

冷えは体に害となる老廃物や毒素もどんどん蓄積されるため、できるだけ早めに解消しなければならない。

冷え性が原因のだるさは、パジャマを長いものに変えるだけでも効果的。たとえ暑い時期である夏でもお腹を出して寝てしまえば風邪を引く。それと同じことで、足先を冷やさないためにもパジャマは長めのものを着るように。

また、体を冷やさないために毎日「白湯(さゆ)」を飲むのも良い。白湯を飲むと基礎代謝があがり、体を冷えから守るだけでなく、腸内環境の改善にもおおいに役立つ。これによって、寝れない・だるい感覚がなくなるだろう。

スポンサードリンク

寝れない…ふくらはぎが“だるい”のは病気!?

体が疲れているから・・・
冷え性だから・・・

という理由だけで、ふくらはぎがだるいという症状は片付けられない。なぜなら、ふくらはぎのだるさは病気が原因かもしれないのだ。

その病気とは主に以下の2種類。

  • 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)
  • 間欠性は行(かんけつせいはこう)

下肢静脈瘤はふくらはぎの皮膚に存在している静脈に血液が溜まってしまう病気であり、皮膚に色素沈着がみられ、皮膚がボコボコする、かゆくなるといった症状がだるい気分とともにやってくる。

もうひとつの間欠性は行は、歩くと痛みが足にともない、歩行や運動が困難になってしまう病気。

どちらも寝ているときにふくらはぎにだるさを感じることがあるため、思い当たる節があるならすぐに病院に行こう。

このようにふくらはぎのだるさは以上の病気が原因となっている可能性も。

寝れない・だるいといった症状がふくらはぎから感じられるなら、迷わずに受診してほしい。

毎日のマッサージで改善を目指す

冷え性対策として効果的な方法、それはふくらはぎのマッサージだ。

実際に毎日のマッサージによって、だるい感じがなくなったという人も少なくない。テレビや雑誌を見ながらでもできるのでぜひ試してみてほしい。

マッサージはとても簡単。

イスに座り、スネの骨とふくらはぎの筋肉をはぎとるようにマッサージをするだけ。ポイントは、左右にひねりながら筋肉をマッサージすること。床に座ってひざを立てながらできるし、長時間座っていて足に負担をかけるオフィスワークでも休憩中にできるはずだ。

少しするだけでもだいぶ変わってくるのでお試しあれ。

後は、お風呂上りに筋肉を伸ばしたり縮めたり、ストレッチをすることも大切。毎日地道に続けていくことでだるさを緩和できる。

以上、時間が空いたときにマッサージやストレッチをおこない、体を冷やさないように心がけることで、だるいふくらはぎとサヨナラできるはずだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top