寝すぎ?寝不足?日本人の“理想の睡眠時間”を探る

日本人の平均睡眠時間はどのくらいなのか知っているだろうか。

世界視野でみてみると、日本人の睡眠時間は非常に短いことがわかった。“どうして日本人はたくさん働くのか”と外国の人に驚かれるほど日本人は労働時間が長い。

労働時間が長いということは睡眠時間もその分削られるということ。

日本人の睡眠時間はいったいどのくらいなのだろうか。

また、日本人の理想の睡眠時間、睡眠のアドバイス・効果についても説明する。理想の睡眠時間について気になっている人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

徹底分析で見えた「日本の睡眠事情」

理想の睡眠時間は一般的に「7時間」と考えられている。

カリフォルニア大学のある研究チームが睡眠時間と死亡リスクの関係性について調査したところ、もっとも死亡リスクが低かったのが“6.5時間~7.4時間”の睡眠をとった人だったと発表している。

睡眠不足状態でも、寝すぎも体に悪い。

よって、理想の睡眠時間は世界の認識で「7時間」。

しかし、国によって文化や習慣が変わるため、体質も変わるだろう。日本人にとって理想の睡眠時間はどのくらいなのだろうか。

必ずこのくらいの睡眠時間をとらなければならないと決められていないが、理想の睡眠時間を知るためには“レム睡眠”を理解しなければならない。

 

レム睡眠とは、脳が覚醒に近くなり、眠りが浅い状態のこと。つまり、レム睡眠の時に起床すればスッキリ目が覚められる。

レム睡眠とは逆の状態である“ノンレム睡眠”の時は、完全に脳が休んでいるため、深い眠りになっている状態。

 

睡眠は「質」が大切だと言われているが、ノンレム睡眠をしっかり確保することで身も心もスッキリできるのだ。

一般的に人間は寝てから3時間後に、ノンレム睡眠に入ると言われている。ノンレム睡眠に入るまで最低3時間はかかる。

よって、3時間以上は必ず寝なくてはならない。

また、スッキリ起床できるレム睡眠は90分刻みでやってくる。3時間後のノンレム睡眠状態に入ってから90分後の4時間30分後、そして6時間後、7時間30分後がベストな起床時間になるだろう。

日本人の理想の睡眠時間は人によって異なるが、せめて3時間以上の睡眠は確保してほしい。

レム睡眠の90分間隔と世界で認識されている理想の睡眠時間から「7時間30分~8時間」が日本人の理想の睡眠時間になるだろう。

ただし、眠りには個人差がある。

他人の理想の睡眠時間があっても、必ずしも自分に効果的だとは限らない。

自分の理想の睡眠時間はどのくらいなのか、何時に寝て何時に起きるのが1番体がスッキリするのか試すとよいだろう。試すことで自分の理想の睡眠時間がわかるはず。

スポンサードリンク

日本人が実践すべき快適な睡眠をとる方法

日本人の平均睡眠時間はおよそ「7時間50分」。

十分な睡眠時間と考えられるが、実は18カ国の中で2番目に短い睡眠時間となっている。

スペインやアメリカ、フランスは睡眠時間が平均「8時間30分」を超えているのには驚きを隠せない。

最近は、精神的ストレスから「ベッドに入っても寝られない」「睡眠薬を飲むのが当たり前」になっている日本人が増えてきているのも事実。

日本人の中でも夜型人間が増えていることもあり、理想の睡眠時間をしっかり確保する重要性が問われているのだ。

では、どうすれば快適な睡眠をとることができるのか、睡眠のアドバイスをしよう。

なかなか寝られない人、理想の睡眠時間を確保したい人はぜひチェックしてほしい。睡眠時間が短い日本人だからこそ、アドバイスを踏まえて実践しよう。

睡眠を確保するために大切なことは「規則正しい生活習慣」を心がけること。

昼夜逆転生活を続けていると自律神経に乱れが生じる。

自律神経は緊張が続く「交感神経」が活性化し、体の活動モードがリセットされないまま眠りに入ってしまう。つまり、眠りが浅いレム睡眠しか確保できない。

ノンレム睡眠に入るためには、リラックス作用のある副交感神経を活性化させなければならない。

自律神経のバランスを維持し続けるために、理想の睡眠時間を確保するためには“規則正しい生活”が基本になる。

昼夜逆転生活をしている人は生活を見直すところから始めよう。

また、自分の「理想の睡眠時間」を見つけることも大切なポイント。

日本人の睡眠時間の項目で説明したが、理想の睡眠時間を知るためにはさまざまな方法があるので知ってほしい。

具体的に挙げると、以下のような方法がある。

  • スマホのアプリを利用する
  • 目覚まし時計をかけない
  • 専門検査を受ける
  • 専用の睡眠時計を購入する

主に4つの方法が挙げられるだろう。

ほとんどの日本人がスマホを使っているが、スマホのアプリには理想の睡眠時間が見つけられるものもある。

自分のレム・ノンレム睡眠のリズムが把握できるのでぜひ試してみてはいかがだろうか。

日本人が利用できる、睡眠サイクルを計算するためのアプリもたくさん登場している。

また、目覚まし時計をかけないこともひとつの方法。

なぜ目覚まし時計をかけないことが理想の睡眠時間がわかるのか、その理由は体が自然に目覚める時間帯、睡眠時間が把握できるため。

ベッドに入った時間と起きた時間をしっかり記入しよう。

ただし、睡眠障害をもっている人や健康に不安がある時は逆効果になってしまうため、注意しなければならない。

逆に、専門の睡眠時計を利用するのもよい。

スマホのアプリと同じく、理想の睡眠時間や睡眠状態がわかる時計が発売されている。アイテムを活用し、睡眠が確保できるだろう。

日本人は忙しい人が多いため、アイテムを利用した方がよいだろう。

どうしても睡眠が確保できない、寝られない場合は専門検査を受けてみてはいかがだろうか。

専門検査では睡眠ポリグラフ検査や睡眠潜時反復検査など、さまざまな専門的な検査を行い、客観的に睡眠状態を把握し、改善する方法だ。

睡眠障害が深刻化している人はぜひ受けてほしい。

このように、睡眠におけるアドバイスはさまざま。自分ができそうな方法から試してみてはいかがだろうか。

理想の睡眠時間を厳守できればメリット尽くしになる

日本人にとって理想の睡眠時間をしっかりとると、どのような効果が得られるのだろうか。

さまざまな効果が挙げられるが、もっとも大きいのは「心身ともに健康的になること」。

人は寝ている間にもエネルギーを消費しており、体と心を休ませている。睡眠不足の日は体がだるかったり、頭がスッキリしない、心がモヤモヤするなどさまざまな不調が起こるだろう。

しかし、日本人の理想の睡眠時間をしっかり確保しておけば不調は現れない。

心も体もスッキリし、新たな気持ちで1日がスタートできるだろう。

実際に、心や体に不調を訴える人ほど睡眠不足になっている傾向がある。仕事や生活でも支障をきたし、睡眠が確保できる休日でもなかなか眠れなくなる可能性が高い。

また、注意力や判断力も低下するため、事故や労働災害に遭いやすい可能性も高くなるだろう。

睡眠時間を確保することは人生に潤いをもたらし、体の健康を維持し続けられる大きな効果が得られるのではないだろうか。

日本人は睡眠不足になっている人が多い。睡眠不足状態が続けば続くほど、毎日溜まる疲れもとれなくなり、過労で倒れてしまう。

生活にメリハリをつけるためにも、日本人の理想の睡眠時間は必ず確保してほしい。

これまで説明してきた日本人の理想の睡眠時間、睡眠におけるアドバイス、睡眠がもたらす効果の知識を身につけ、自分は睡眠をしっかり確保できているかどうか改めて生活を見直そう。

睡眠がとれていない人は生活習慣を改善し、7時間の睡眠を確保しよう。

<PR>利用者の満足度87%の「快眠サプリメント」


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top