完璧主義の改善は原因と特徴を“上書き”するだけでOK!

自分が完璧主義であることに悩み、そして苦しんでいる人は少なくないだろう。

もっと鈍感にラフに生きることができたらどんなに楽なことか。

完璧主義であることを完全に否定することはできないが、それが原因で日常生活がつらいならそれを改善する必要がある。

では、完璧主義をやめるにはどうすべきか。

今回は完璧主義の原因や特徴を紹介すると共に、治し方についても詳しく解説する。

スポンサーリンク

まずは原因と特徴を理解することから

完璧主義な人にみられる特徴は過剰なまでに人の目を意識してしまうことだ。これは裏を返せば、人目を気にしすぎることが完璧主義の原因とも言える。

常に相手からどのように見られているか気にする人ほど、ひとつの物事に集中できない。さらに仕事をはじめ、プライベートに関するあらゆるシーンで完璧な自分を見せようと必死になってしまう。

では、人目を気にしすぎるという特徴および原因はどのようにして生まれるのか。

それはあなた自身の“メンタル”が強く影響している。

あなたは次のように思っていないだろうか?

  • すべて完璧にしないと気がすまない
  • 完璧な生活を送らないと注目されない

もし、この概念があなたの中に備わっているならそれを捨てない限り、完璧主義の原因を断つことはできない。

言うまでもなくこれらの概念は正常ではない。
むしろ、歪んだ思想といっていいだろう。

完璧主義の特徴や原因が形成されるのは幼少期といわれており、主に親から厳しいしつけがそのような性格を作り上げるとされている。

だからこそ、まずはその歪んだ概念や思想を“原因”として認識しよう。

そもそも何事も完璧にすることなどムリなことなので、すべての物事に対して完璧主義にしろうとする意識が働いた時は「疲れるだけ」といった概念を植え付けることが大切。

特徴と原因を把握して根本的に改善することは難しいことだが、特徴と原因を”上書き”することは決して難しいことではない。

スポンサードリンク

完璧主義の原因解消は「人に頼る自分を作ること」

完璧主義な人ほど人に頼らない特徴を持っている。これもまた、自身の心身を疲れさせている原因のひとつ。

先述したように概念を変えていくことで、徐々に人に頼るというアクションができるようになる。

言うまでもなく、あなたが人に頼れない原因は完璧を求めるがあまり、頼ったらダメな人とみられると思い込んでいるから。

また、自分がもっている弱さを隠そうとするために自分を余計に苦しめてしまうことになるのだ。

だからこそ、人に頼るというアクションを日常生活の中に浸透させよう。そして、ありのままの自分をさらけ出し、自分の弱さを認める人間になることが大切だ。

もちろん、完璧主義が根付いている状態から、人に物事を頼る状態になるまでには時間がかかる。

だが、完璧主義に疲れて切っているからこそ、あなたはすぐにでも根付いた概念を変えていく準備をしないといけない。

もう、無理をする必要はまったくない。

完璧主義で固められていた自分を開放し、歪んだメンタルと決別しよう。

そうすることで、あなたに根付いた特徴と原因は徐々に影響力を弱めていくことだろう。

完璧を誘発する“思い込みな性格”

最後になるが、完璧主義は完全な“思い込み”でしかない。

あなたが思っているよりも、世界はもっと柔軟性を持っている。あなたがそう見えないのはそれを自分勝手な価値観で歪めているため。

思い込みで生きるほど辛いものはない。

それに思い込みこそ完璧主義の特徴や原因を育てる、いわば“ガン”のような存在といえよう。

あなたはもっと自由に生きられる。
そして、もっとラクに生活できるのだ。

完璧主義な特徴と原因をとことん弱体化させて、もっと呼吸しやすい自分に上書きしていこう。

あなたの未来はあなた自身が描き、作るもの。だからこそ、改善すべきポイントは早めに対処することが大切だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top