安い?前歯の部分矯正にかかる金額を徹底解剖

顔の印象が大きく変わる「前歯」。

前歯がきちんとそろっていなければ人と話すことも、笑顔を見せることもできない。

そこで、前歯だけを矯正する「部分矯正」に焦点を当て詳しく説明していこう。多くの人が気になる部分矯正の金額はどのくらいなのか、安いのかどうかチェックしていく。

スポンサーリンク

徹底調査!前歯の部分矯正にかかる相場

前歯の部分矯正をする際、最も気になるのが「金額」。

部分矯正でも金額が高いイメージを持っている人は多いのではないだろうか。

前歯の矯正を考えている人は事前にきちんと相場について把握しなければならない。お金を準備したうえで歯医者へ行ったほうがスムーズにいく。

そこで、前歯の矯正にかかる相場がどのくらいになるのか調べてみた。

相場を調べてみると全部の歯を矯正すればおよそ80万~150万円はかかる。しかし、部分矯正の場合は部分的に矯正するため、費用は少し安い設定になるのだ。

前歯の場合、およそ35万~60万。

しかし、装置や定期的なメンテナンス・治療費などもかかるため、総額で80万円は必要になると考えておいたほうが良い。

歯医者や部分矯正のやり方、歯並びの状態によっても金額は異なる。

できるだけ安い金額で部分矯正したいが、まずは調べてもらわなければハッキリとはわからない。

スポンサードリンク

装置の種類によって異なる部分矯正の金額

矯正は装置の種類によって金額が大きく異なる。

部分矯正に必要不可欠な装置は大まかに3種類。

「舌側矯正」「セラミック矯正」「メタル矯正」の3つがあり、それぞれ特徴が異なるため必ず把握しておかなければならない。

最近注目されてきている「舌側矯正」は表から見ても矯正をしていると気づかれにくい。前歯の裏側に装置をつけるため、見た目が非常に良いことで人気。

ただし、金額は安いと言えない。装置の中でも高額になる。

そして「メタル矯正」は一般的な装置。金属の矯正装置になるため、どうしても目がついてしまう。けれども、メタル矯正は装置の中でも安い金額になっている。

ほとんどの歯医者が無料で提供しているのだ。そのため、できるだけ安い金額で前歯の矯正をしたい人におすすめ。

装置の色が透明になっており目立たないのが「セラミック矯正」。舌側矯正の次に目立たない装置だと思っておこう。

セラミック矯正はお手頃価格で金額も舌側矯正よりは安い。よって、多くの人に人気が集まっている矯正装置になっている。

以上のような装置があるため、目安としている金額と見比べながら自分に合っているものを選ぼう。

「安い」部分に釣られるとデメリットが・・・

前歯の部分矯正は全体矯正よりも非常に安い金額で利用できる。

しかし、「安い」部分にだけ注目していると“デメリット”を見落としてしまうので要注意。前歯の部分矯正はデメリットもある。

大きなデメリットとしては「上下のかみ合わせが悪くなること」。

全体の矯正よりも出来上がりが悪くなってしまうため、上下のかみ合わせやアゴのバランスが悪くなる。

また、前歯のエナメル質を余計に削る可能性も……。エナメル質は虫歯の菌を防ぐために必要なもの。そのため、削られてしまうと菌がつきやすくなる。

確かに金額は安いが「出来る人と出来ない人もいる」ので注意しなければならない。

出っ歯を治したい人は部分矯正だけだとなかなか治らないだろう。前歯以外の歯並びがきちんと整っていれば部分矯正はできる。

けれども、前歯以外の歯もバラバラになっている人は部分矯正ができない。

 

以上のように金額が安いかどうかだけでなく、デメリットもきちんと把握しておこう。

人それぞれ歯並びの状態が異なる。まずは、近くの歯医者に行き部分矯正ができるかどうか調べてもらうことが大切だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top