安い月額で利用できるDMMのスマートフォンを考察【SIM】

最近は“格安”が前提となっているスマートフォン。次々と安い月額で利用できる機種やサービスが登場しているが、DMM.comも格安スマホに参入。以前はイオンの格安スマートフォンが話題となったが、果たしてDMMはどのようなスペックになっているのだろうか。

今回は安い月額で利用できるDMMのスマートフォンを考察する。

スポンサーリンク

格安の2プランを用意したDMMスマホ

DMM.mobileが提供する注目の格安スマホのプランは以下の2種類。

・「データSIMプラン」
1GBで月額660円、10GBで月額3680円といったラインナップ。

・「音声通話付きプラン」
1GBで月額1460円、10GBで月額4480円からなるラインナップ。

 

各プランともにデータ容量は1GB、3GB、5GB、8GB、10GBから選ぶことが可能。一般型スマホと比較すれば一目瞭然だが、容量はそこまで多くない。あくまでDMMが提供するスマホは特化型と考えていいだろう。

ちなみに8GBと10GBプランにおいては、SIMカード1枚につき800円を支払うことで音声SIMを最大3枚まで追加できる。利用者自身だけでなく、家族とシェアする使い方をする方にはSIMカード追加ができる点はうれしいところ。

なお、データ通信容量は無制限というわけではなく、指定量を超過すると200kbpsの速度制限がかかる。

スポンサードリンク

気になる機種ラインナップ

さて、DMM.mobileが提供する機種ラインナップだが次のようになっている。

  • 「Zenfone 5」
  • 「Freetel Xm」
  • 「LG G2mini」
  • 「HUAWEI Ascend G6」
  • 「ASUS Nexus 7(2013)」
  • 「HUAWEI Ascend Mate 7」

なお、SIM単体販売もあるほか、SIMフリースマートフォンとのセット販売も実施。

このように利用者の目的に合わせてチョイスすることができるので、自由自在にプランを組みたい方には最適といえるだろう。ただし、スマホの仕組みについて理解のない方にとってはパニックになる可能性も。

あくまで同スマホは上級者におすすめできるサービスかもしれない。

DMMスマホをおすすめできる人

格安という意味では文句なしといったDMMスマホだが、けっして万人におすすめできるものではない。そこでDMMスマホをおすすめできる人を厳選してみた。

1:キャリアに関係なく気に入ったスマホを使いたい方
キャリアを無視した使い方を希望するなら、同スマホは重宝するはず。

 

2:インターネットをよく利用する方
電話よりもインターネットをよく利用する方にも最適。いわばネット専門機として使えばお得になる計算だ。

 

3:主にSNSで連絡をとる方
電話を使用せず、LINEなどのSNSで連絡を取る方にもおすすめ。

 

4:毎月の使用料金を安くおさえたい方
とにかく制限がかかっても使用利用金をカットしたい方にもおすすめだ。

 

以上、DMMスマホについての考察を終える。
使い方次第でメリットづくしの利用が可能になるので、十分に検討する価値があるサービスといえよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top