子供の夏バテ症状「吐き気」を対策するには?

これから本格的な夏がやってくる。

最近は、平均気温が30℃を上回るほどの日々が続いているため、熱中症で倒れる人が多い。毎日快適に過ごすためにも、夏バテ対策はしておきたいもの。

そこで、子供の夏バテ対策について説明しよう。夏バテの症状である吐き気の原因についてもチェックしていきたい。

スポンサーリンク

子供の夏バテ症状にはどのようなものがある?

子供の夏バテでよく見られるのが、「吐き気」。しかし、吐き気以外にもさまざまな症状がある。

体のだるさ、無力感、睡眠不足、食欲不振、熱、下痢、便秘などだ。主な症状は「吐き気」だが、それ以外の症状もチェックしておこう。

夏バテになっているとき、免疫力が著しく落ちる。そのため、さまざまなウイルスや菌を体の中に招き入れやすい。

症状を見逃すことのないように、親が子供の様子をしっかり観察する必要がある。

特に、吐き気や熱が出てきた場合は、夏バテ以外の病気になっている可能性が高い。すぐに病院を受診した方法が良いだろう。

暑い日が続く夏だからこそ、注意が必要だ。

スポンサードリンク

子供の夏バテ症状「吐き気」の原因は何なのか

なぜ、子供の夏バテには「吐き気」のような症状がやってくるのだろうか。

夏バテ対策をするためには、原因について知らなければならない。

子供の場合、体温調節がうまくできていないことが原因だと考えられている。

通常、人間は肌に触れる温度によって体温調節を自動的にしているもの。しかし、汗腺が発達していない子供の場合、体温調節機能がきちんと活動していないのだ。

体温調節は「汗」が肝心になる。暑いのに汗をかかないと、体温調節ができていない証拠。そして、夏バテになってしまうのだ。

もともと体温調節ができない子供に対し、熱がこもってしまう場所にい続けると「吐き気」や「嘔吐」を促してしまう。熱がこもりやすい場所は、極力避けなければならない。

また、近頃の子供は体を動かす機会が少なくなってきている。ゲームやおもちゃが発達しているのだ。

運動不足は汗腺の働きを低下させてしまう。

運動をしながら汗をかき、体温調節を促すようにしていかなければならない。

体調悪化を防ぐための対策

吐き気や嘔吐が多い子供の夏バテ。症状を未然に防ぐための対策は、何をすれば良いのだろうか。

親たちができる子供の夏バテ対策について、3つの方法を紹介する。

 

1つ目は、「体を休ませること」。

子供は本当に無邪気なもの。好奇心旺盛で、体のだるさ関係なく積極的に遊ぶだろう。しかし、体がだるくなっているときに無理やり遊ばせることはNG。

さらに、吐き気といった症状が悪化してしまう。

だるそうな顔をしていたり、無気力感を出している場合は、体を休ませてあげること。

大人と違って、子供は環境にすぐ対応できない。そのため、子供が遊びたい気持ちでいても疲れている場合は、大人がセーブしてあげよう。

体を休ませることは、症状の悪化を防ぐ大きな対策になる。

 

2つ目は、「規則正しい生活を送ること」。

夏休みに入ると、夜更かしをしたり、パソコンやゲームする時間が増えるなど、今までの生活が乱れてしまうもの。

生活が乱れてしまうと、自律神経も乱れる。自律神経の乱れは、症状を悪化させるので注意しなければならない。

ゲームやパソコンをするときは時間を決める、夏休みでも早寝早起きをする、適度に運動をするなど、規則正しい生活習慣を心がけよう。

 

3つ目は、「栄養バランスの良い食事を摂ること」。

吐き気や食欲不振のような症状が出る場合、食事を摂ろうとしない。しかし、食事から十分な栄養を補給しなければ、症状も改善できないだろう。

吐き気から脱出するためにも、栄養のある食事が大きなポイントになる。

ビタミン・ミネラル・たんぱく質の3つは、必ず摂取してほしい成分。緑黄色野菜や小魚を中心とした食事を子供に与えよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top