嫌なことから逃げたくなる時に実践すべき5つの行動

嫌なことから逃げたくなるときは誰だってあるもの。しかし、そこで逃げてしまうと後悔する可能性も。

そこで、嫌なことから逃げたくなるときに実践してほしい行動を5つ紹介する。まさに今、嫌なことから逃げたくなる気持ちになっている人は要チェック。

スポンサーリンク

嫌なことをプラスに切り替える

嫌なことから逃げたくなるときこそ、ポジティブ思考を持たなければならない。

成功している人は、何度も失敗を繰り返しながら嫌なことをプラスに切り替えている。「嫌なことをプラスに切り替えるのは無理」と諦める必要はない。

少しでもプラス思考に切り替えるだけで、世の中が楽しくなる。

例えば、仕事のミスで上司から怒られたとき。プライドが高く、今までミスをしたことがない人ほど深く落ち込んでしまう。

そんなときは「どうすればミスするのかわかってラッキー」「次の仕事に生かせる」と気楽な気持ちになることが大切。

無理やりにでもプラス思考に考えてみよう。そうすることで気持ちが楽になる。嫌なことから逃げたくなる気持ちもなくなるのだ。

大好きな恋人や夫・妻とケンカをしたときでも「仲直りできる楽しみが増えた」と明るく考える。

どんなことでもプラスに切り替えることで、嫌なことがほんの小さなことに思えてくるだろう。

嫌なことから逃げたくなるとき、ぜひ「プラス思考」に切り替えてほしい。

スポンサードリンク

「プライベート時間を優先する」「信頼できる人に相談する」

嫌なことから逃げたくなるとき、何もする気が起きない。しかし、自分にとって楽しい・面白いと感じることであればやる気が起きるだろう。

そこで、ぜひ実践してほしいのが「プライベート時間を優先すること」。

特に、仕事における嫌なことから逃げたくなるときに効果的だ。生きていくために仕事を続けなければならないが、自分自身のためにもプライベート時間を優先することはとても大切。

思いきって休みをとり、旅行に出かけてみてはいかがだろうか。良い気分転換になる。何も考えずに知らない場所を旅すると気持ちの整理がしやすい。

旅行ではなく、スポーツや習い事など自分の趣味に集中するのもOK。何も考えず趣味に没頭できる時間は、心身ともにリラックスできる。

また、「信頼できる人に相談すること」も嫌なことから逃げたくなるときの対処法。

自分の気持ちを打ち明けるだけでもスッキリする。打ち明ける相手は誰にも言わない口が堅い人にしよう。そして、真剣に話を聞いてくれる人が好ましい。

嫌なことから逃げたくなるとき自分を悲観しない

嫌なことから逃げたくなるとき、すべてのものが自分の敵に見えてしまう。そして、「自分のことを誰も受け入れてくれない、認めてくれない」と悲観的になるのだ。

あなたは決してダメな人ではない。あなたにはあなたの良いところがある。そのことを自分に言い聞かせてほしい。

自分を悲観しすぎると悪い考えばかりしてしまう。悪循環に陥るのだ。

確かにすべてのものが自分の敵だと感じてしまうが、あなたのことをしっかり見てくれている人はいるもの。今まで努力しがんばってきたあなたを理解している。決してすべての人が敵ではない。

嫌なことから逃げたくなるときは自分を悲観しないこと。そして、少しずつ自分に自信をつけていくことが大切だ。

自分に自信をつけるため、小さな目標を立てよう。「職場の人に挨拶をする」「1つの仕事を終わらせる」など、どのようなことでも構わない。

大切なのは自分にとってクリアできる目標かどうか。いきなり高い目標だと達成するまで時間がかかる。小さな目標から1つずつクリアすることで自信がついてくるのだ。

このように、嫌なことから逃げたくなるときに実践すべき行動はある。自分ができることから少しずつ挑戦していこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top