妊活中の仕事はNG?ストレスが与える悪影響

妊娠を望んでいても仕事を続けたい!と思っている女性は多いかもしれない。

また、仕事か妊活か…悩むこともあるだろう。妊活中におこなう仕事が体にどのような悪影響を及ぼしてしまうのか詳しく説明する。

実際に妊活をしながら仕事をしている女性は必ずチェックしてほしいと思う。そして改めてどちらが1番大切なことなのか考えてほしい。

スポンサーリンク

仕事場の環境で左右される妊娠

タバコの煙がひどい場所での仕事やずっと座りっぱなしのデスクワーク、会社の飲み会など体に負担をかけてしまうこともあるはず。仕事場の環境によっては体に悪影響を及ぼし、妊活を妨げてしまうだろう。

仕事が忙しく、毎日徹夜作業をしていては生活習慣も乱れがちになってしまうことは間違いない。

生活習慣が乱れてしまうと自然と食生活にも乱れが生じてしまう。1日3食、栄養バランスが整った食事をしっかり摂り、睡眠時間も確保していかなければ妊娠するチャンスも失ってしまう。

妊娠するための排卵タイミングも乱れてしまうのだ。そのような状態、生活が長く続くと体を壊し、妊娠できる体ではなくなってしまう危険性もありうる。

そのようなことを考えたうえで、退職し、妊活に専念する女性も増えてきているのだ。

仕事かそれとも妊活を選ぶか、どちらを重視するのかによって選択は変わるだろう。もし、本当に妊娠をしたいのであれば会社を辞めて妊活に専念した方が良い。

スポンサードリンク

ストレスは妊活の大きな妨げになる

そして、環境だけでなく「ストレス」も妊娠を妨げてしまう大きな原因になっている。仕事をしていると“ストレス”は必ずついてくるもの。

ストレスを上手に解消できるように努力をしている人もいるが、なかなか解消することができないこともあるはずだ。

ストレスは母体に大きな影響を与えることになるので注意しておかなければならない。過剰なストレスに体が影響されるとホルモンバランスが崩れ、生理不順になってしまう。

女性のホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類で構成されている。妊娠に不可欠なホルモンはプロゲステロンとなり、ストレスはこのプロゲステロンの分泌量を少なくさせてしまうのだ。量が減れば減るほど妊娠の確率も低くなってしまう。

たとえこの状態で妊娠したとしても流産する恐れがあるため非常に危険。ストレスをできるだけ感じることのない環境で妊活をすることが大切になってくるだろう。

仕事を辞め、ゆっくり体を休めること

妊活中の仕事がいかに悪影響をもたらすのかわかったと思う。このように、健全に妊娠するためには仕事を辞めて、体をゆっくり休めることが1番だ。

規則正しい生活を送り、食生活も栄養バランスが整ったものを食べ、そしてストレスを感じることのない環境で過ごしていこう。体と心がリラックスできる環境のなかで妊活をおこなっていけば、無事に妊娠をし、健康な赤ちゃんを産むことができる。

どうしても仕事を辞めることができないのであれば、生活習慣を乱すことなく、仕事の量を減らしたりセーブが必要。ストレスも上手に向き合う工夫をしていかなければならない。しかし、実際にやってみるとなかなか上手にできない人が多い。

よって、妊娠をしたいという気持ちが強いのであれば、やはり仕事を辞めて妊活に専念することをオススメする。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top