女性・子供の“虚言癖”の原因と予想される病気【ADHD】

虚言癖というキーワードが注目されたのはつい最近のことといっていいだろう。

佐村河内のゴーストライター問題、小保方のSTAP細胞問題。いずれも“虚言癖”というキーワードが見え隠れし、結果はウソで固められたものと断定された。

虚言癖と聞くと、特定の病気を患っている人物のみに見られる癖と思いがちだが、我々にもその疑いがあることを忘れてはならない。子供から大人(とくに女性)まで虚言癖がある人物は数え切れない。

そこで今回は虚言癖の原因と予想される病気について徹底解剖する。

スポンサーリンク

虚言癖の原因はひとつではない

虚言癖の原因は大きく分けると3種類ある。

 

1: プライドが高い
プライドが高い、すなわち頑固な人ほど虚言癖が多くみられる。つねに自分が優位に立っていないと気がすまないこのタイプは、あらゆる場面で自身をよく見せようとウソをつく。

また、謝る・お礼が言えないこともあり、責任を他人に押し付けたり、自分は悪くないと決め付ける特徴も。プライドが高い人物はなかなか性格を改善できないため、虚言もなかなか改善できない。

 

2: 自信がない
自分に自信がない人ほど、つねに話を盛る傾向にある。少しでも自分を大きくみせようと嘘で他人を魅了するほか、逆に嘘の弱点などを前面に語ることで重圧を回避するタイプも。

どことなくプライドが高い人と似ている部分がありますが、根本的な違いは自信のなさ。嘘をつくことで切り抜けようとする習慣が身についている状態だ。

 

3: 育ち方による影響
いわゆる「インナーチャイルド」。子供時代に経験したイヤなことを大人になっても引きずってしまうことで、虚言で構ってもらうことが身についてしまった状態。

これは親子間に原因があるとされており、嘘をつくことで親に振り向いてもらうという感覚が抜けきれなくなってしまう。事実、インナーチャイルドが狂言癖を生む大きな原因という。

 

上記以外にも原因はみられるが、もっとも多いとされる原因は紹介した3種類となっている。

スポンサードリンク

虚言癖と病気の関連性

虚言癖がみられる病気として有名なのは「ADHD」だ。この病気は注意力の散慢をはじめ、時間感覚にズレ、おおくの情報を一括してまとめることが困難といった特徴をもつ。

根治は難しいものの、専門治療や適切な環境をあたえることで症状を緩和させることは可能。ただし、脳における障害がつよいという見方が多く、自己治療できる可能性は低いとされる。

ADHDは嘘をつくといった行為をはじめ、空気を読むことができない、対話することが困難なため、日常生活に支障が出ることは確かだ。

そのため、上記で紹介した原因からなる人物とはタイプが異なる。

ADHDはあきらかな病気になるので、周囲のバックアップおよびサポートなしには対処するのが難しい状態なのだ。とはいえ、隠れADHDは多いようなので、社会で普通に仕事・生活をしているケースもあるということだ。

自分に虚言癖があると感じたら

もし自分に虚言癖があると感じたら、その真相を確かめるために精神科に足を運んでほしい。

もちろん、現状の自分がイヤだと感じた場合のみでいい。少しでも嘘をつく自分を変えたいと思うなら、適切な治療をうけて理想の自分に近づくための努力をしよう。

人によって原因はそれぞれだし、治療方針も異なる。

自分をよりよくするための第一歩なので他人を意識する必要もなければ、比べる必要もない。ありのままの自分になって、医師と向き合うことに意識を集中させよう。

嘘などつかなくても十分に生きていける。

医師は本当のあなたになるための努力を惜しまないだろう。だからこそ、自己改善をしようと思わず、その道のプロに委ねることをおすすめする。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top