“女性の社会進出”に見られるメリット・デメリットは何か

男性は仕事に励み、女性は家を守る。

昔はそれが当たり前だったが、
今では共働きの家庭が多い。

女性でも働くことができるように、
今の社会は昔よりも女性の活躍の場が広がっている。

“女性の社会進出”が当たり前になってきているなか、
女性が社会にでていくメリット・デメリットについて詳しく解説する。

スポンサーリンク

日本の経済を発展させるのは“女性”!?

世界においても日本は女性の社会進出度が意外と低い。

日本も進んではきているが、
世界視野でみると世界最低水準となっているのだ。

そこで安部政権は「女性が働くことのできる社会」を目標に、
女性に対してさまざまな政策を行っている。

政権がなぜそこまで力をいれているのかというと、
女性が社会進出することで経済が大きく発展するから。

何においても企業の管理職は「男性」が多いが、
そこで女性を起用することで女性向けのマーケティングが可能になる。

女性しかわからない悩みやマーケティング調査をおこなうことで、
今女性が何を求めているのか、新しい商品開発ができる。

女性は男性よりも化粧品やお洒落にお金を使うもの。

家事をおこなうのは女性であり、
日用雑貨や食材も女性目線が必要になるだろう。

女性の気持ちは同じ女性から。
実際に管理職を女性にしたことで売り上げがアップした企業はたくさんあるのだ。

日本の経済を発展させるカギを握っているのは、
男性よりも女性なのではないだろうか。

スポンサードリンク

日本の重大問題となっている原因は“女性の社会進出”

女性が社会進出することで得られるメリットはあるが、
デメリットもあるということを知っておいてもらいたい。

1番に挙げられるデメリットは“少子高齢化”が進むということ。

女性にとって1番の大きな勤めともいえる“出産”。

女の幸せは子供をもつことだと言われているように、
子供が産めるのは女性の特権である。

社会進出をすることで仕事に没頭し、婚期が遅れる。
そして出産することができなくなってしまう。

または、子供を産む回数が極端に減ってしまう。

このようなデメリットが挙げられる。

日本の大きな問題として挙がっている「少子高齢化」。
これを促しているのが女性の社会進出とも言われているのだ。

子供はほしい、だけど仕事もしたい・・・
と悩んでいる女性も少なくない。

ではどのように社会は対応していけば良いのか、
次の項目で考えていきたいと思う。

社会が女性目線で対応すべき

よくTVでも取り上げられているが、
さまざまな企業が女性の管理職や活躍の場を設け始めている。

しかし、出産や結婚を機会に退職し、
そのまま職場から追い出されてしまうというケースも多いのが事実。

少子高齢化が進んでいるなか、
社会や企業も出産に対する理解が必要ではないだろうか。

子供を育てながら仕事をするのは難しい。
けれども社会が女性目線でちゃんとサポートをしてくれれば、
1度職場を離れた女性でも社会進出を目指すことができる。

社会だけでなく、企業や社員全体が理解し、
サポートをすることができればデメリットも改善することができるはずだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top