仕事 生活

“女性の社会進出”に見られるメリット・デメリットは何か

投稿日:

「男は仕事に励み、女は家を守る」

男尊女卑という考え方は今も根強く残っているものの、現代社会は女性の社会進出が多く見られるようになり、共働きの家庭が多くなった。

さらに育児中の女性でも問題なく働くことができる企業が急増している。

いまや“女性の社会進出”が当たり前になってきているが、はたしてそのメリット・デメリット(問題点も含む)は何なのか。

そこで今回は女性の社会進出におけるメリット・デメリットについて詳しく解説する。

スポンサーリンク

日本の経済を発展させるのは“女性”!?

最近は「女性の社会進出が著しい」と話題になっているものの、全世界から見た日本における女性の社会進出度はまだまだ低い状態。

 

確かにここ日本において女性の社会進出は進んできているが、世界視野でみると「世界最低水準」となのだ。

 

そこで安部政権は「女性が働くことのできる社会(女性の社会進出が活発にすること)」を目標に、日本に暮らす女子に対してさまざまな政策を行っている。

安倍政権がなぜ女性の社会進出に対して力をいれているのかというと、女子が働くことのできる社会が定着することで経済が大きく発展するからだ。

 

女性の社会進出がもたらすメリットの実例をひとつ挙げよう。

現状はどこの企業も管理職に「男性」を起用しているが、女性が働くことのできる企業が増えることで管理職に女性を起用することがごく普通のことになる。これによって、同性向けのマーケティングが可能になるというメリットがもたらされるのだ。

 

女性の社会進出における最大のメリットは、管理職や重要なポジションに女性が起用されることにより、同性にしかわからない悩みやマーケティング調査をおこなうことができる点。

つまり、「今、女子が何を求めているのか」が具体的になるため、新しい商品開発ができるようになるのだ。

言うまでもなく、女女性は男性よりも化粧品やお洒落にお金を使うもの。家事をおこなうのもほとんどが女性なので、ヒットするための家電、日用雑貨、そして食材を見出すためには“女性目線”がマストになるのだ。

 

「女の気持ちは同じ女から」

事実、女性管理職にしたことで売り上げがアップした企業はたくさんあるのだ。

 

このように女性の社会進出は確かなメリットをもたらしてくれる。

日本の経済を発展させるカギを握っているのは、男性よりも女性と言っても過言ではないのかもしれない。

 

スポンサーリンク

女性の社会進出のデメリット(問題点)

女性が社会進出することで得られるメリットについて解説したが、残念ながらデメリットもあることを把握しなければならない。

むしろ、デメリットというよりも「日本における重大な問題点」というのが適切だろう。

では、女性の社会進出におけるデメリットは何なのか。

 

それは「少子化が進む恐れがある」ということだ。

 

女子にとって1番の大きな勤めともいえるのが「出産」である。

「女の幸せは子供をもつこと」とはよく言ったもので、子供が産むことができる身体と能力を持っていることこそ、「女の特権」なのである。しかし、女性が社会進出をすることで仕事に没頭し、婚期が遅れ、出産できなくなる可能性が高くなる可能性もあるのだ。

もしくは仕事に追われる毎日を余儀なくされることで、子供を産む回数が極端に減ってしまうことも問題点のひとつといえよう。

このように女性の社会進出には現状の日本が問題点として掲げている「少子化」というデメリットが挙げられるのだ。

 

既にとある統計によれば、女性の社会進出が「少子高齢化」を進行させているという結論を導き出されている。

 

「子供はほしい、だけど仕事もしたい・・・」
このような悩みを抱えている女子は少なくないだろう。

では日本の社会はいかにしてこの問題点(デメリット)に対応していけば良いのだろうか。

 

 

日本の社会が女性目線で対応することの意義

よくテレビや雑誌などで取り上げられているが、現在多くの企業が女性の管理職や活躍の場を設け始めている。

しかし、出産や結婚を機会に退職し、そのまま職場から追い出されてしまうという問題点も多いのが現状。

 

とはいえ、少子高齢化が進んでいる現代だからこそ、社会や企業も出産に対する理解が必要ではないだろうか。

 

子供を育てながら仕事をするのは難しい。

けれども日本の社会が女性目線になってしっかりサポートをする世の中が構築されることで、1度職場を離れた方でも再び社会進出を目指すことができるようになる。

日本の社会だけでなく企業が女性の社会進出のメリットとデメリットを理解し、サポートできれば問題点を改善できるはずだ。

 

女性の社会進出は実にメリットで溢れているが、デメリットが日本全体の問題点に直結することを忘れてはならない。改善できた事例が増えれば、きっと日本における女性の社会進出は当たり前のこととなり、もはやそのような言葉がなくなる可能性も考えられるのだ。

 

まだまだ男尊女卑という考え方が残っていることも、いくつかの問題点を解決できない原因と見ていいかもしれない。

 

スポンサーリンク

-仕事, 生活
-, , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.