女子中学生に贈る「成功率がアップする告白の仕方」

女子中学生の会話といえば「恋バナ」。

休み時間には仲良しグループで集まり、恋バナで盛り上がっているのではないだろうか。

「いつか告白したい」と思っていても自分に自信がないとなかなか告白する勇気が出ない。しかし、告白の仕方をマスターすれば自信がもてる。

そこで、女子中学生にぴったりな告白の仕方を説明しよう。

相手に想いを伝えたいけれど告白の仕方がわからない女子中学生はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

告白する前に必要な下準備

女子中学生は告白する前に「あなたが好き」という気持ちを相手にアピールする必要がある。

想いを伝えたい男子があなたの好きな気持ちに気付いてくれなければ告白できない。

なぜなら「好きです。付き合ってください」と思いもよらなかった人から急に言われるとびっくりするから。相手のことも知らないのにOKする人はいないだろう。

よって、告白の仕方の前に好きな男子に自分のことを意識させなければならない。

しかし、どうすれば相手に意識してもらえるのか。その方法はさまざまなのでチェックしよう。

例えば、毎日話しかける方法が挙げられる。毎日話しをすれば自分のことを忘れないでいてくれる。常に好きな人の頭には自分がいるのだ。

また、友達を介して“好き”アピールをしたり、大好きな男子を見つめる方法がある。

中学生は異性を意識始める年頃なので「接し方が自分だけ違う」と感じれば自然と意識するもの。

だからこそ“好き”な気持ちを相手に気付かせることが大切。

相手が“好き”アピールに気付いてくれたら告白の準備が整う。

スポンサードリンク

実践!成功率がアップする「女子中学生の告白の仕方」

「告白するのが恥ずかしい」「成功するか不安」に思っていても告白の仕方をマスターすれば自信がもてる。告白に悩んでいる人はこれから伝授することを覚えておいてほしい。

ではどのような告白の仕方があるのか詳しく説明する。

告白の仕方にも「メール」や「電話」などさまざまだが、最近では「LINE」を利用して告白する女子中学生が多い。

LINEなら恥ずかしがりやの女の子でも好きな男子の連絡先を気軽にゲットできるのではないだろうか。

クラスのLINEグループをつくり、そこから好きな男子と1対1でLINEを始めよう。

LINEで何回かやり取りをすれば学校でも話す機会が生まれる。

クラスが違うと話す機会は減るが、LINEでやり取りすれば廊下ですれ違った際に会話ができるのでオススメ。

LINEやメールでのやり取りから距離を縮めてみてはいかがだろうか。そしてそのやり取りで仲良くなり、距離が縮まった時こそ告白のチャンス。

告白は文章で想いを伝えるのもよいが、直接顔を見て想いを伝えた方が効果的。

人が少ない場所に呼び出し、ストレートに想いを伝えてみてはいかがだろうか。

では次の項目で告白の成功につながる大切な「場所」と「時間」について説明しよう。「場所」と「時間」は告白の仕方でとても大切なポイントになるので要チェック。

女子中学生にオススメする告白に最適な「場所と時間」

実際に告白が成功した女子中学生がオススメする、告白の「場所」と「時間」をチェック。

“どこで”“いつ”想いを伝えたらいいのかわからない女子中学生は必見。

まず告白の仕方で大切な「場所」だが、オススメは「帰り道」「教室」「公園」の3カ所。

「教室」は女子中学生が告白をする定番的な場所。少女マンガでも教室で告白をするシーンをよく見る。

教室といっても人が多い時間帯はNG。ベストタイミングは生徒たちが帰った“放課後”。

「放課後にこの教室で待っていて」と伝え告白しよう。

また、「帰り道」や「公園」も女子中学生の人気が高い場所。

「帰り道」での告白に憧れている男子も多く、告白の成功率がぐんっとあがるのではないだろうか。ただし、友達と帰っている場合は一人になるまで待たなければならない。

一方「公園」は一緒に遊んでいる時や帰っている時にふらりと立ち寄れる場所。「ちょっと寄らない?」と気軽に誘い告白しよう。

「放課後の教室」「帰り道」「公園」の3箇所から自分が告白しやすい場所を選ぶとよい。

そして告白の仕方の最大ポイントとなるのが「時間」。

告白のタイミングと同じくらい「時間」も成功率があがるポイントなので要チェック。

告白に成功した女子中学生に聞くと、ほとんどの女子が「夜」に想いを伝えたことがわかった。

なぜ「夜」が効果的なのか、それは朝や昼よりも、静かで暗い「夜」の方が告白のムードが高まるから。

告白を考えている女子は「夜」に想いを伝えよう。

以上、女子中学生の告白の仕方について説明してきたがいかがだっただろうか。

  • 告白する前に「好き」アピールをする
  • LINEのやり取りで親密になる
  • 「場所」と「時間」が成功率アップのカギ

以上のポイントを踏まえれば、成功率がアップする告白の仕方を実践できる。

上手に想いが伝えられるようにチェックすべきポイントを事前に把握することが大切だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top