夫の収入が少ない専業主婦が実践すべき“自宅でできる副業”

夫の収入が少ないから生活が厳しい・・・
とはいえ、子供がいるから仕事に出るのは困難・・・

このような状況におかれている専業主婦は少なくない。

まさにこの記事を今読んでいるあなたも、その専業主婦のひとりではないだろうか。

自宅でノルマなくコツコツと稼ぐことができたら・・・。
そんな副業に適した仕事は、ネット上であふれている。

WEBライターとして生活をしている私が、夫の収入が少ないと悩む専業主婦の悩みを解消するヒントを提案しよう。

スポンサーリンク

専業主婦でも数万円はカンタンに稼げる時代

まず、結論からいうと専業主婦が自宅で稼ぐことは十分に可能だ。事実、夫の年収が少ないことを理由に在宅ワーカーとなった専業主婦の数は年々増え、年齢・性別は関係ない時代となっている。

もちろんいくら稼げるかはその人の努力次第となるが、月々数万円程度であれば比較的かんたんに稼ぐことができるだろう。

では、その仕事をどこから引き受けるのか。

ネット上には怪しいビジネスが数え切れないほど存在するが、信頼あるサイトがワーカーとクライアントをマッチングすれば、リスクは極めて低い。

今でも私がお世話になることが多いサイトが、
「@SOHO(アットソーホー)」だ。

このサイトは在宅ワーカーとクライアントをマッチングするサイトで、その信頼性は実に高く、求人案件数が非常に多い。

応募してクライアントから採用されれば、あとは努力で案件をこなしていくのみ。が、最初は手こずることが多いと思うので、数万円稼ぐのにもやっとかもしれない。

とはいえ、仕事に慣れると同時に品質の高い納品ができれば、単価が上がる可能性は高い。

夫の収入が少ない現状のなか、在宅ワークで生計を立てるまで稼ぐにはキャリアが必要になるが、
大部分を補える稼ぎなら十分に得られるだろう。

スポンサードリンク

どういった案件がオススメなのか?

マッチングサイトにはさまざまな案件がある。
WEB関連から事務など、ごく一般的な仕事と遜色ない。

しかし、夫の収入が少ないなか、さらに専業主婦という立場であることから、時間制限やノルマがない案件を選ぶのが無難だ。

これらの条件を吟味して比較すると、
もっともオススメの案件はライティング(執筆)になる。

文章なんて書いたことがないけど…と不安になると思うが、現状のWEBライティング界での募集条件は、小学生でもわかる文章”を書けること

つまり、文章そのものの上手さを求められているわけではなく、誰が読んでもわかりやすい文章を書けばいいのである。

そのため、初心者OKの一般的なライティング案件の単価は安い。
だいたい1記事6001200文字で300円が平均ラインだろう。

各案件、クライアントによって記事の単価は異なるので、まずは入りやすく、採用してもらいやすい案件を探すことが大切だ。

いきなり高単価な案件にトライしても、その結果が実るとは限らないので注意したい。

あくまで序盤は夫の収入が少ない状況下でやりくりしながら、安い案件でも大量にこなして、WEBライターとしての実績を積むことが大切である。

夫の収入が少ないならWEBライターとして稼ぐ

夫の収入が少ないがために専業主婦がWEBライターになるケースは増えている。これは先述したとおりだが、けっしてWEBライターは平坦に仕事をこなせるものではない。

単価が安いこと、そして量を書かなくてはいけない日々に、大きなストレスを感じる時期は必ずやってくる。しかし、それらの経験はけっしてムダにならない。

受けた案件数、実際に掲載されたサイト、今までに執筆したジャンルはあなたの実績になる。

つまり、経験を重ねるほど高単価な案件で採用されやすくなり、仕事を振られる確率が高まっていくのだ。

気がつけば、高単価の案件しか執筆していないあなたが存在し、ひとり暮らし程度なら十分に生活できる稼ぎを得ているだろう。よって、WEBライターになることは、夫の収入が少ない現実を打破できる術のひとつなのだ。

さらに時間制限やノルマがないライティングだからこそ、計画性をもって在宅ワークをしていくことが可能。すなわち、専業主婦でも安心して作業できるということ。

夫の収入が少ない専業主婦にとってWEBライターという副業は、多くの不安を取り除く近道になるといえよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top