大失恋から復縁するための手引き

大失恋をしたら思いっきり泣こう。

泣くことで気持ちに区切りがつき、復縁の準備が整えられる。

一度別れてもあなたの心がけ次第で前に進められるのだ。では、どうすれば大失恋から復縁ができるのだろうか。

復縁をする際に心得ておきたいこと、すべき行動について説明する。

スポンサーリンク

焦りは禁物!復縁する前に“現実を受け入れる”

「早く復縁しないと」「ほかの人に取られてしまう」という焦りからつい相手に迫ってしまうが復縁に“焦り”は必要ない。

相手から別れを切り出されたのならなおさら距離を置かなければならないだろう。

相手が距離を置きたいのにしつこく迫ってしまうともっと距離を置かれる。

まずは復縁する前に「別れた」こと、大失恋した現実を受け入れなくてはならない。

現実を受け入れ、何がいけなかったのか考えることが大切だ。

別れたこと、大失恋したことを受け入れないまま行動すると失敗し、自己嫌悪に陥る。「前はもっとやさしくしてくれたのに」「自分のことを何も分かってくれない」と相手を無意識に振り回してしまうだろう。

たとえ復縁できたとしても別れを再び繰り返してしまうので要注意。

一度別れたことを受け入れ、焦らずにゆっくり距離を縮めていけば良い。

付き合っていた頃とは関係がまったく違うのだ。

「前とは違う」ことを理解しなければ何も始まらない。

スポンサードリンク

過去は過去!大失恋をポジティブに考えて復縁につなげる

復縁がスムーズにいかない人ほど、過去の恋愛を引きずっている。

「過去は過去」と割り切らなければ次へ進むことができない。相手も未練タラタラなあなたの様子を見るとうんざりするだろう。

しかし、過去の恋愛に対して吹っ切れた明るい態度だとどうだろうか。

明るく元気でキラキラしていれば相手は再びあなたに惹かれる。いつまでも過去を引きずり、ネガティブ思考な人よりもポジティブな人の方が誰だって好きなものだ。

大失恋は本当に立ち直れないほどのショックを受けるが、それはあなたを成長させるために用意されたものだとポジティブに捉えよう。

つまり、大失恋は「自分を変えるチャンス」なのだ。

なぜ2人は別れてしまったのか、何が原因だったのか分かれば改善できるし、復縁への道も自然と開ける。

最初はなかなか前向きになれないだろう。少しずつで良いから現実を受け入れ、自分には何が足りなかったのか考えること。

そして自分を変えるために努力をすること。そうすれば、自然とあなた自身の魅力が引き出され、ポジティブ思考になれる。

大失恋を復縁するための大きな力に変え、相手を振り向かせよう。

相手の気持ちに目を向けることの重要性

復縁したい相手の気持ちに目を向けなければ前へ進めない。

大失恋をした理由が自分の行動や言動にあるならなおさらのこと、自分の気持ちよりも相手の気持ちを理解することが大切だ。

大失恋をするとつい自分の辛い気持ちばかりに集中してしまうが、相手にもきちんと気持ちはある。

相手がどのような気持ちで別れたのか、今相手はどんな思いなのか考えよう。

復縁するには相手の気持ちを理解してから行動しなければならない。

例えば、相手が距離を置きたいのなら頻繁にメール・電話はしない、友達の関係でいたいのなら友達のように接することが大切だ。

元恋人として接する人もいるが、復縁は過去と決別しなければ始まらない。そのため、元恋人ではなく、友達のひとりとして接することから始めよう。

時間はかかるかもしれないが、相手の気持ちを理解しつつ距離を縮めていけばより2人の絆が深まる。

大失恋から時間が経ち、自分に非があったと認め、相手に「ごめんね」「ありがとう」と伝えられればあなたが成長した証。

大失恋から復縁するためには別れたことを受け入れ、自分自身を見つめなおすことが大切なのだ。

自分自身を見つめなおし、改善していけば次のステップに進めるだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top