夜や仕事で気分が落ち込む時に有効な解消法とは?

夜になると気分が落ち込む、仕事で失敗してしまい気分が落ち込むなど、なかなか気持ちが上がらなくなるときはあるもの。

その日のうちに解消できれば良いが、翌日も引きずってしまうのは良くない。

夜、または仕事で気分が落ち込むとき、どうすれば解消できるのだろうか。原因と解消法について詳しく説明する。

スポンサーリンク

完璧主義者ほど気分が落ち込みやすい

仕事でミスをしてしまうと、気分が落ち込む・・・、そんな人は「完璧主義者」が多い傾向がある。

完璧主義者は、「絶対にしなければならない」「~のはずがない」と決めつけてしまう。自分はこうあるべきと完璧思考があるからこそ、ミスに対して厳しいのだ。

たった小さなミスでも、「もう終わりだ」「自分はダメな人間だ」と気分が落ち込む。

そして、ミスをずっと引きずってしまい、悪循環に陥ってしまう。

あなたは、仕事での失敗=ダメな人間と決めつけていないだろうか。

完璧主義者だけでなく、真面目な人にも同じ傾向が見られる。気分が落ち込むのが悪いわけではない。しかし、引きずってしまうとなかなか抜け出せなくなる。

仕事による気分の落ち込みを解消するためにも、自分自身を見つめなおすこと。

自分がどのような人間で、どのような考え方をしているのか把握することが大切になる。

スポンサードリンク

「夜」に気分が落ち込むケース

終電で帰っているとき、「今日がなければ良かったのに」「明日上司から怒られる」「明日も失敗してしまうのでは」と不安になっていないだろうか。

1日の終わりである「夜」は、仕事や学校が終わり、1日に起こった出来事を振り返る時間となる。何もすることがないため、いろいろと考えてしまうのだ。

1日で起きたことを夜も引きずってしまい、気分が落ち込んでしまう。

また、昼間は元気なのに、夕方から夜にかけて落ち込む人は、「非定型うつ病」の可能性が高い。

非定型うつ病は、典型的なうつ病とは違い、夜型生活が原因になっている。

夜型生活を繰り返すことで、生活リズムが崩れてしまう。そして、睡眠障害や精神的なストレスが強くのしかかってくるのだ。

生活習慣が昼夜逆転している人は、特に注意しておかなければならない。

落ち込むときに有効な解消法とは?

夜や仕事で気分が落ち込むとき、有効な解消法はあるのだろうか。

気分が落ち込みやすい人は、1人で抱え込んでしまう、自己主張ができない、他人を気にする、思い込みが激しいといった特徴がある。

自分が考えたくないことも、頭の中に浮かんでしまうのだ。

そういうときこそ、「ほかのことに没頭する時間」をつくらなければならない。仕事のことを考えないように、自分が熱中できる趣味を見つけよう。

体を鍛える、ウォーキングやランニングをする、大好きなテレビ番組や映画を観る、雑誌や漫画・本を読むなど、どのようなことでも良い。

ほかのことに熱中すれば、仕事のことも考えずに済む。

解消するため、「落ち込む時間をつくらないような環境にする」ことに注意しながら、夢中になれるものを見つけてみてはいかがだろうか。

また、「考え方を変えること」も、気分が落ち込むときの解消法になる。

夜や仕事で気分が落ち込む人は、つい悪い方向に考えてしまうもの。悪い方向に考えても改善できない。何の結果にもならないので、時間が無駄になる。

そこで、「悪い考えをするなら、これから何をすべきか良い方向に考えた方が良い!」と、考え方を変えていってみてはいかがだろうか。

少しずつ考え方を変えていけば、徐々に解消できる。

無理のない程度に、自分ができることから少しずつ解消していこう。解消するには、あなたの行動が大切なポイントになる。

自分の気持ち次第で、今までの落ち込む気分が前向きに変わるだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top