多忙な人が実践すべき「遅寝早起きする方法」

毎日忙しく動き回っている人ほど睡眠時間が少ない。毎回遅寝になるものの、早起きしなければならないときもあるだろう。

そこで、多忙な人が実践すべき「遅寝早起きする方法」を紹介する。

スポンサーリンク

遅寝早起きするコツは「自己暗示」

忙しいスケジュールを調整するには睡眠時間を削るしかない。睡眠時間を削る際、心配になるのが「早起きできるかどうか」。

どれだけ忙しくても会社や学校に遅刻してしまっては本末転倒。果たして「遅寝早起きする方法」はあるのだろうか。

そこでおすすめしたい遅寝早起きする方法が「自己暗示」。

自己暗示は思っているよりも効果抜群。実際に遅寝早起きしている人は、自己暗示を実践しているのだ。

遅寝早起きする方法「自己暗示」はとても簡単。ただ、「明日は○○時に起きる」と自分に言い聞かせるだけ。言い聞かせることで覚悟が決まる。

布団に入る前や眠る前に「○○時に必ず起きる」と自己暗示をかけていこう。

目を閉じながら口に出したり、頭の中で繰り返すなど自分がやりやすい方法で自己暗示をし続けることが大切だ。

また、「明日○○時に起きた自分」を頭の中でイメージするのも良い。言い聞かせながらイメージすることでより現実味が帯びてくる。

スポーツ選手がよくやっている「イメージトレーニング」の活用と考えよう。

自己暗示ならお金をかけない遅寝早起きする方法なのでおすすめ。ぜひ実践してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

目覚まし時計や携帯のアラーム機能を利用する

絶対に遅刻できない、早起きしなければならないとき「自己暗示」とともに「アラーム機能」を利用しよう。

アラーム機能は目覚まし時計や携帯電話・スマートフォンについている。

利用するアラーム機能は1つだけでなく、ある限りのアラーム機能を設定しておくと良い。目覚まし時計と携帯電話のWアラームなら、早起きできる確率が高まる。

また、アラーム設定を数分間隔にする、大音量で設定するなどさまざまな工夫が可能。自分が確実に早起きできるよう「アラーム機能」をうまく利用しよう。

遅寝早起きする方法として効果を高めるため、レム睡眠時に注目してほしい。レム睡眠時は1時間30分ごとにやってくる。

そのため、遅寝早起きする方法のコツは1時間30分間隔でアラーム機能を設定すること。

たとえば、夜中3時に寝た場合。レム睡眠時がやってくる時間帯は「4時30分」「6時」「7時30分」になる。

睡眠時間はたったの3時間だが、レム睡眠時である「6時」に起床すれば目覚めやすい。

完全に眠りに落ちていないレム睡眠だからこそ、遅寝早起きする方法に最適だ。ぜひ試してみてはいかがだろうか。

遅寝早起きする方法で注意しておきたいこと

遅寝早起きする方法をいくつか紹介してきたが、注意点が1つある。それは「無理をしないこと」。

人間は最低7時間睡眠をとらなければならない。遅寝早起きは睡眠がほとんど7時間以下であり、常に寝不足状態。

寝不足が続けば続くほど体の機能が弱まり、注意能力や集中力もなくなってしまう。生活習慣が乱れてしまうため、できる限り起きているときに疲れをとっておくこと。

疲れを癒してくれる睡眠が少なくなるからこそ、起きているときに疲れをとっておかなければならない。

遅寝早起きする方法を成功させるためにも大切だ。

そこで、おすすめしたいのが「入浴法」。ついシャワーで済ませてしまいがちだが、湯船にしっかり浸かってほしい。

湯船に浸かることで体にたまっている疲れが取りのぞける。半身浴も効果的だ。半身欲をしながら防水加工を施した携帯電話やスマートフォンで仕事のメールチェックができるだろう。

「風呂に入っている時間がもったいない」と考えている人は、風呂の中でできることをすれば良い。

心身ともにリラックスさせることも、遅寝早起きする方法では大切な要素になる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top