外国人は和の食材「海苔」を消化できないってホント?

日本の定番的なおかずである「海苔」。

日本食が世界中のブームになっているが、外国人は海苔を消化できないと言われている。しかし、その噂は本当なのだろうか。

外国人は「海苔」を消化できるかできないのか詳しく解説する。気になっている人は要チェック。

スポンサーリンク

海外の人は本当に海苔を消化できない?

某テレビ番組で「外国人は海苔が消化できない」と紹介された。果たしてこの話が本当かどうか気になっている人は多いだろう。

この話は事実。

外国人は日本人よりも上手に海苔が消化できない。

しかし、なぜ外国人は消化できないのだろうか。

理由は、日本人だけが持っている「バクテリア」にある。

バクテリアは細菌の1つ。日本人にしか持っていないバクテリアが大きなカギになっているのだ。

科学雑誌「ネイチャー」で2010年に発表された論文によると、日本人の腸内しか発見されなかったバクテリアがあると言う。日本人以外の外国人にはいっさい見られなかった。

そのバクテリアとは、海苔に含まれている食物繊維が分解できる腸内細菌。この腸内細菌は日本人にしか持っていない独自のバクテリアである。

そのため、バクテリアを持っていない外国人は日本人よりも消化に悪いのだ。

しかし、絶対に消化できないというわけではない。外国人でもコツをつかんでおけば上手に消化できる。

スポンサードリンク

なぜ日本人だけ独自のバクテリアを持っているのか

「外国人は海苔が消化できない」という話は本当のことだが、なぜ日本人にしか独自バクテリアを持っていないのだろうか。

理由は、昔から食べてきた食材だから。

日本古来から「海藻類」は食卓には欠かせない食材だった。さまざまな説はあるが、食べ始めたのは8世紀も前からだと言われている。

日本人は昔から海苔を食べてきてきたため、独自のバクテリアが生まれた。ご先祖様たちが食べてきてくれたおかげで今の私たちはスムーズに消化できる。

腸内細菌が発達しつつ、遺伝として代々引き継がれてきたのだ。

けれども、昔から食べてきた国は日本だけではない。少し塩気が強い韓国海苔は日本でも有名なように、昔から食べられてきた。

韓国も昔から食べているではないかと考えてしまいがちだが、日本と比べると歴史は非常に浅い。日本の方がはるかに長い歴史を持っている。

日本から海苔を食べる習慣が伝わったことで韓国も食べ始めたと言う。実は、独特な韓国海苔は2012年に登場してきたばかり。

韓国独特の商品が出てくる前は日本の海苔が主流になっていた。よって、日本人は独自のバクテリアを生み出せたのだ。

外国人でもコツさえ掴めば海苔を消化できる

日本人しか持っていないバクテリアのおかげでスムーズに消化できる。

しかし、外国人でもコツをつかんでおけば消化できるので安心してほしい。

海苔にもさまざまな種類はあるが、外国人におすすめしたいのは「焼いたもの」。焼くと細胞膜が破壊する。

そのため、独自のバクテリアを持っていない外国人でもスムーズに消化できるのだ。

コンビニやスーパーで販売しているおにぎりや味がついたものなどをご飯のお供に選ぼう。ご飯の上に乗せる生よりも焼いたものの方がおすすめ。

独自のバクテリアを持っていない外国人だからこそ、焼いたものを食べてほしい。

海苔には人間に必要なビタミンが豊富に入っている。ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCとさまざまな種類がたくさん含まれているのだ。

たとえ焼いてもビタミンは破壊されないので安心。

ビタミンは野菜や果物類にもたくさん入っているが、1日の必要な摂取量がクリアできるほどたくさんのビタミンが入っている。

健康や美容効果にぴったりの食材なので、ぜひ毎日の食事に取り入れていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top