回復をはやめる風邪をひいた時におすすめの食事レシピ

疲れた時にかかってしまう風邪。素早く回復するときもあれば、長引いてしまうこともあるため、なかなかあなどることができない症状のひとつといえる。

そこで今回は回復をはやめる、風邪をひいた時におすすめの食事とそのレシピについてくわしく解説する。少しでも早く風邪を治したい方は必見だ。

スポンサーリンク

風邪薬よりも食事をとったほうが治りが早い

誰でも風邪をひくと市販されている風邪薬に頼ってしまうだけで、とくに食事をすることなく休養したり、だるさをこらえながら仕事をするといったケースがよく見られる。

しかし、風邪薬は風邪そのものに効くという保証がないのである。それは現時点で風邪という症状が明らかになっていないため。つまり、風邪薬を飲んでも回復しないこともあるのだ。

風邪によって調子が悪化すると食欲が落ちるため、どうしても風邪薬に頼りがちになるが、もっとも効果的な治療法は食事をとること。

人間は風邪にかかると想像している以上にエネルギーを消耗するため、より多くの栄養素を摂取しなければならない。が、体調が悪化している以上、通常の食事をとることが不可能になる。

だからこそ、風邪にかかった時は消化しやすい食事が大切。では、どのような食事をとるべきなのだろうか。

スポンサードリンク

ひき始めとひいた後に適した食事をとること

風邪をひいたからといって消化しやすいものを食べればいいというわけではない。実はひき始めとひいた後で最適な食事は変わってくるのだ。

ひき始めは身体の芯を温めることを最優先した食事、ひいた後はすぐにエネルギーになりやすく温まる食事を心がけよう。こうすることで、早い回復を期待することができる。

では、ひき始め・ひいた後それぞれに最適な食事を紹介しよう。

 

■ ひき始めに最適な食事

「卵酒」
<レシピ(2人分)>
たまご ・・・ 2個
砂糖 ・・・ 大さじ6
日本酒 ・・・ 2合

卵酒がひき始めに効果的な理由は、卵白に含まれる「リゾチーム」の殺菌作用が強力なため。さらに日本酒が体を温めてくれるので眠気を誘い回復をはやめることができる。

 

■ ひいた後に最適な食事

「たまご雑炊」
<レシピ(1人分)>
ごはん ・・・ お茶碗1杯
卵 ・・・ 1個
だし汁 ・・・ 250ml
料理酒 ・・・ 大さじ1
薄口しょうゆ ・・・ 小さじ1
みりん ・・・ 小さじ1
塩 ・・・ 適量

たまご雑炊がひいた後に効果的な理由は、すぐにエネルギーに変わるという点とタンパク質を多く摂取できるため。これにより、風邪のウイルスが排除され、はやい回復が望める。

風邪薬ナシで自然な回復を目指そう

人によっては風邪薬特有の微弱な副作用がイヤだという声もある。その典型的な例としては眠気だろう。薬を飲むと次第に眠気が進み、どこかだるい症状に似た表現しにくい状態になる。

市販薬によって効果・効能は異なるが、基本的に眠気を誘うことで休養させ体力回復を実現する仕組みになっているため、根本的な改善につながらないことも。

風邪はウイルスを死滅させ、通常の体調にもどすことが重要になるので、早期回復を目指すなら食事で治すのがベスト。

なお、レシピのほかにもビタミンCなどを摂取することで回復をはやめることができるので、サプリメントで補ってみるのもいいだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top