善玉も含め人の顔には1000種類以上の皮膚常在菌がいる・・・

「顔」は第一印象を決める大切な部分。

私たちの顔にはおよそ1,000種類以上もの‟皮膚常在菌”が潜んでいることをご存じだろうか。

「菌」とついているので悪い菌だと勘違いする人は多いが、皮膚常在菌の中には美肌を維持してくれる善玉も入っている。

善玉は美肌を保つために欠かせない存在。

つまり、きちんと皮膚の仕組みやさまざまな菌についての知識を把握しなければ間違ったスキンケアをしてしまう。

そこで、私たちの顔に潜んでいる善玉を含めた「皮膚常在菌」の種類や特徴、美肌を維持するためのポイントについて説明する。

スポンサーリンク

知っとこ!「皮膚常在菌」の役割

私たちの顔には常に善玉を含めた「菌」が存在している。

菌=悪いものと思いがちだが良い影響を与えてくれる菌もある。私たちが勝手に「悪いもの」と思っているからこそ、良い影響を与えてくれる「善玉」まで取りのぞいてしまう。

そこで、美しい顔でいるためにも善玉を含めた「皮膚常在菌」の役割やお肌の仕組みについて説明しよう。

まず、私たちに良い影響を与えてくれる皮膚常在菌はお肌にバリアを張っている。

保護機能を果たすバリアは病原体のもととなる細菌や肌荒れの原因となる刺激から守ってくれているのだ。

さらに、バリアを張ることでお肌に必要な‟潤い”を与えるのでキレイなお肌が維持できる。

 

このように、皮膚常在菌の中には味方となる存在もいる。

皮膚常在菌について詳しく理解していないからこそすぐニキビが出きたり、肌荒れが起こったりとトラブルを起こしているのだ。

また、私たちが普段使っている化粧水や美容液などスキンケア商品の中には皮膚常在菌を殺す化学物質がたくさん入っている。

例えば、殺菌剤やアルコール・保存料がそう。

化学物質が入っている化粧品を頻繁に使用することで角質層の上にある良い菌を取りのぞいてしまい、バリアを張っている皮脂層を破壊してしまう。

よって、善玉が殺され皮膚トラブルが起きるのだ。そのため、スキンケア商品を購入する際は化学物質がどのくらい含まれているかどうか確認しなければならない。

そして、使い方によっても善玉となる皮膚常在菌を殺してしまうので注意が必要だ。

スポンサードリンク

およそ1,000種類以上もの皮膚常在菌が存在する

私たちの顔に潜んでいる皮膚常在菌の種類はおよそ1,000種類以上。

1,000種類以上でも「3つ」の皮膚常在菌に大きく区分できる。

それは「善玉菌」「白和見菌」「悪玉菌」の3つ。

それぞれが特徴と役割を持っているので詳しく説明しよう。

 

「善玉菌」は最も私たちに良い影響を与えてくれる種類。お肌に役立つ菌なので量を増やせば増やすほど美肌がキープできる。

善玉菌の代表的な種類は「表皮ブドウ球菌」と呼ばれるもの。

表皮ブドウ球菌は私たちの顔に存在している無駄な皮脂をすべて食べてくれる。また、食べるだけでなく皮脂を食べた後は脂肪酸とグリセリンに分解してくれるのだ。

脂肪酸とグリセリンはお肌に潤いとハリを与える種類でずっと美肌を保ち続けてくれる。健康な皮脂膜を形成するために欠かせない。

よって、健康なお肌を維持するには「善玉菌」の種類をたくさん増やすことが大切なポイント。

 

そして皮脂常在菌の種類でも扱い方が難しい「白和見菌」

善玉菌や悪玉菌は知っていても白和見菌について知らない人は多いのではないだろうか。

白和見菌の代表的な種類は「アクネ菌」。アクネ菌はニキビのもとになる菌だが、良い方向にも進めば悪い影響を与えてしまうときもある気まぐれもの。

普段のアクネ菌は肌の奥に住んでいる。皮脂を少しずつ食べながら脂肪酸とグリセリンに分解する働きも持っているため、良い影響を与えてくれる善玉菌と同じ。

しかし、毛穴に皮脂がたくさん詰まってしまうとアクネ菌が大増殖。普段皮膚の奥に住んでいるアクネ菌が毛穴の中で脂肪酸をつくり、ニキビの原因になる。

また、増えた脂肪酸たちは悪い影響を与える種類の「悪玉菌」になってしまう。

このように、白和見菌は良い・悪い影響の二面性を持っている特徴的な種類。扱いには十分に気をつけなければならない。

 

最後の「悪玉菌」は名前から見てわかるようにお肌トラブルのもとになる皮膚常在菌。

代表的な種類は「黄色ブドウ菌」。

黄色ブドウ菌は顔に潜んでいる皮膚常在菌だが、表皮ブドウ菌がたくさんいると活動が弱まる。しかし、表皮ブドウ菌の数が減ると黄色ブドウ菌の活動が強くなる。よって、皮膚にかゆみや吹き出物が出てきて炎症を起こす。

さらに黄色ブドウ菌の活動が強くなると「膿」になってしまう。

あらゆる肌トラブルの原因になる種類なので増やさないようにケアしていかなければならない。

皮膚常在菌をコントロールして美肌を維持するためのポイント

皮膚常在菌の種類について説明したが、いかがだっただろうか。

それぞれ種類の役割や特徴を把握してわかるように美肌の維持は「善玉菌」の存在にかかっている。善玉の量が多ければ多いほど肌トラブルの原因になる悪い菌が減少。活動を弱ませることができる。

逆に、善玉の量が減り悪玉菌の数が増えてしまうと肌トラブルになるので要注意。

美肌を維持したい人は必ずこの皮膚常在菌の仕組みを覚えておこう。

そして、これからも美肌を維持するためには「洗顔」と「スキンケア」、そして「生活習慣」が大きなポイントになる。

正しい方法で洗顔とスキンケアをしながら規則正しい生活習慣を送ろう。

皮膚常在菌を上手にコントロールすることが大きなカギだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top