唾を飲むと右・左側の喉が痛い…その原因と対策

ある日から突然、唾を飲むと喉が痛くなった。
それも喉の右側だけや、左側だけが痛む感覚がある・・・。

ネット上を検索してみると、
唾を飲むと喉が痛いといった症状に悩まされている人が多い様子。

また、右・左側といったように、
部分的に痛みが発生しているケースが多いようだ。

では、その原因は一体何なのだろうか。
対策とともに解説していく。

スポンサーリンク

唾を飲むと喉が痛い原因は?

正直なところ、唾を飲むと喉が痛いという原因は、
精密検査を受けない限りは特定できない。

が、あくまで予想される原因としては大きく分けて3つある。

 

ひとつは“一時的な炎症が起こっている”ケースだ。

よほど炎症が悪化しないかぎりは自然に治癒するが、
炎症の痛みに意識が集中してしまうことで、過敏になっているケースが考えられる。

つまり、痛みをあまりにも意識してしまうため、
右・左といったように部分的な痛みを感じてしまうのだ。

 

ふたつめの原因は“肩こりによる影響”である。

肩こりは単純に肩に痛みが発生するだけでなく、
リンパや首筋などにも痛みがともなうこともある。

これによって喉に痛みが発生している可能性も。

ただし、唾を飲むと喉が痛むという症状以外に限定されないため、
肩こりが原因である可能性は低いといえよう。

 

みっつめは“喉の水分量が減少している時”だ。

単純に喉が渇ききっている状態のため、
痛みを感じている可能性が考えられる。

これはよくあるケースとして知られているので、
喉が乾かないように対策することが大切だ。

 

以上が唾を飲むと喉が痛むときの原因である。

くわしい原因を特定するには医師の目が必要なので、
あまりにも喉の痛みが長引くようなら、耳鼻科か胃腸科で受診することをおすすめする。

スポンサードリンク

唾を飲むと喉が痛い症状を解消するには?

一時的に喉が痛いだけで、症状が改善されたのであれば、
先述したように炎症などが原因と考えられる。

その場合、とくに心配することはないが、
あまりにも痛みが長引くようであれば、次の手段をとってほしい。

  1. 耳鼻科の「咽頭喉頭内視鏡」による検査を受ける
  2. 内科・胃腸科の「食道内視鏡」による検査を受ける

これらの検査を受けると具体的な原因が判明するため、
治療もスムーズに行うことができるだろう。

誰もが喉に痛みを感じると、風邪だと軽視しがちになるが、
場合によっては大病のサインかもしれないので要注意。

喉の痛みがまったくとれない状態であれば、
迷うことなく病院に足を運ぶようにしよう。

また、日常における喉の痛み対策としては、
喉を潤わせることが大切なので、飴を舐めるのが効果的だ。

その他、喉の痛みに効果的な薬などが市販されているので、
それらを試してみるのもいいだろう。

痛みを意識しすぎると余計に痛みを感じる

これもまた先述した内容ではあるが、
過剰なまでに喉の痛みを意識しすぎてしまうと、

余計に痛みを感じるようになる。

言葉としては不適切かもしれないが、
喉に痛みが生じた場合はあまり意識せず、慣れることが大切だ。

喉の痛みに意識が集中してしまうと、
唾を飲むたびに痛みを感じるようになってしまう。

そうなると生活に支障が出るので、
あまり意識しないように心がけよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 2015年 7月 29日

    喉が痛くて寝れない
    寝なきゃいけないのに。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top