健康

原因は何?頭が重い・ふらつく症状

更新日:

“頭が重い”“ふらつく”、このような症状はなぜ出てくるのだろうか。

あまりにも頻度が多いと生活にも支障をきたしてしまう。できるだけ早めに解消したいものだ。

なぜ頭が重い、ふらつくといった症状があらわれるのか原因について考え、解消法や予防について説明しよう。

頭が重い、ふらつくことが多い人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

重い・ふらつく原因は一体何?

なぜ頭が重い、ふらつくような症状が起こってしまうのか、原因はハッキリしていない。

ハッキリしていないけれども考えられる原因はたくさんあるのでチェックしておこう。

まず1番に考えられるのは「鼓膜の中にある内耳の異常」。

内耳にはバランス感覚に欠かせない三半規管や耳石、蝸牛といった大切な器官がたくさんあるところ。この部分に異常が起こると平衡感覚がなくなり、ふらつきが出る。

また、耳が詰まる感じもあるので要注意。

なぜ異常が起こるのかというとこれは2番目の原因として挙げられる。

それは「生活習慣の乱れ」。

睡眠不足や運動不足、食生活の乱れにより正常に機能しなくなり、免疫力や新陳代謝も下がってしまう。そうなると体にさまざまな異常が現れるのだ。

生活習慣が乱れてしまうとふらつく、頭が重い症状が出てくるので注意しておかなければならない。

そして最後に考えられる原因が「ストレス」。

ストレス社会と言われているように、現代はストレスを感じやすく、3人に1人がうつ病になると言われている。

ストレスは自律神経の乱れを起こし、ふらつく、頭が重い原因になってしまうのだ。

これらの原因が同時に重なることでふらつく、頭が重い症状が現れるとも考えられているので自分の生活習慣をしっかり見直しておこう。

スポンサードリンク

すぐにできる!頭が重い時の解消法

もし頭が重い、ふらつく症状が出た場合、すぐに近くのベンチやイスに座り、症状が治まるまでゆっくり体を休めることが1番。

そのまま体を動かしてしまうと余計に悪化させるおそれがあるので注意しよう。

できるだけ安静にし、横になれるならそのまま何分か眠った方が効果的だろう。

それでも解消されなければ市販の薬を使うのもひとつの方法だ。

頭が重い、ふらつく症状を緩和してくれる薬はたくさん発売されているが、オススメは“漢方薬”。

漢方薬は症状を緩和するだけでなく、原因そのものを解消し、体質改善効果がある。ふらつく、頭が重い症状が出ない体質に改善できるだろう。

漢方薬はその人の体質と症状に合ったものを選ばなければ意味がない。漢方薬を選ぶ際は専門家の人に相談することをオススメする。

また、頭が重い、ふらつく感じが頻繁に起きる人はすぐに病院を受診しよう。

病院で原因について調べ、適切な治療を受ける必要がある。自分で判断せずに症状が悪化したときはすぐに病院に行くことが大切だ。

自分でできる予防法をマスターしよう

頭が重い、ふらつく症状を未然に防ぐ方法はたくさんある。

特別な予防法をする必要はないので安心してほしい。1番大切なのは「規則正しい生活習慣」を送ること。

規則正しい生活を毎日過ごすことで新陳代謝がアップし、体の機能が正常に働ける。

とくに「食生活」に気をつけてほしい。

できるだけビタミン・ミネラル・アミノ酸と栄養バランスのよい食事を心がけ、1日3食摂取すること。そしてアルコールは控えることが大きな予防法になる。

アルコールの過剰な摂取はふらつく、頭が重い症状を悪化させてしまうので気をつけなければならない。

毎日飲んでいる人は生活を見直す必要があるだろう。

また、食生活と同じく大切なのが「質のよい睡眠」。

睡眠不足はもちろんのこと、眠りが浅い睡眠も頭が重い、ふらつく原因になる。質のよい睡眠をとるためにオススメしたいのが、ぬるま湯にしっかりつかること。

40℃前後のぬるま湯にゆっくりつかり、体の芯がきちんと温まればリラックスした状態で眠られるだろう。

自分で頭が重い、ふらつく症状を予防できるのでぜひ試してみてはいかがだろうか。

この機会に生活習慣を改善していこう。

スポンサーリンク

-健康

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.