化粧品が合わないと顔の肌トラブルが頻繁に起こる理由

肌の調子がよいはずなのに顔の肌トラブルが頻繁に起こる、トラブルだらけ…と悩んでいる人は必見。

顔の肌トラブルの原因はお肌にあるのではなく、「化粧品」の可能性が非常に高い。

人によって肌質が違うように、それぞれ化粧品にも合う合わないがある。

たとえ友人からオススメされたものでも自分に合わないこともあるだろう。合わない化粧品を使うとすぐに顔の肌トラブルが起こるので要注意。

では、なぜ化粧品が合わないと顔の肌トラブルになってしまうのか理由について説明する。

また、理由だけでなく、顔の肌トラブルが起きた時の対処法や化粧品の選び方についても詳しくチェックしよう。

スポンサーリンク

何が原因?肌トラブルが頻繁に起こる理由

毎日使うスキンケア商品、化粧品は本当に自分の肌に合っているだろうか。

人によって肌質はさまざま。普通肌、敏感肌、乾燥肌、オイリー肌、混合肌が主に挙げられる。

普通肌は基本的に普通の化粧品を使っても問題ないが、敏感肌、乾燥肌、オイリー肌、混合肌のような特殊な肌質を持っている人は注意しなければならない。

それぞれの肌質の特徴を把握しよう。特徴についてはまた後ほど詳しく説明する。

自分の肌質はどれになるのか、肌質の知識を身につける必要がある。この知識が「顔の肌トラブル」を防ぐ大切なポイントだ。

例えば、ほとんどの人がもっていると言われている“乾燥肌”は常にお肌が乾燥状態であり、潤いや水分を欲しがっている。

よって、「保湿成分」がたくさん含まれている化粧品がぴったり。コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCなど保湿効果のある成分が大きな力になるだろう。

敏感肌の人が注意すべきポイント

敏感肌は乾燥肌が悪化した肌質のことで、乾燥状態を通りこし、非常に敏感な状態になっている。

敏感な状態なのに比較的刺激が強い成分が含まれている化粧品を使うとさらに症状が悪化し、炎症を引き起こす危険性もある。

よって敏感肌は乾燥肌よりも気をつけなければならない。

オイリー肌の人が注意すべきポイント

オイリー肌は皮脂の量が普通の人よりも多いため、こまめに皮脂を取り除き、保湿成分をたっぷりお肌に含ませておく必要がある。

このように、肌質によってさまざまな特徴をもっており、それぞれ適切な成分や化粧品がある。

自分の肌質に合っていない化粧品を使うと顔の肌トラブルがすぐに起きるだろう。

なぜ顔の肌トラブルになってしまうのか、それは“自分の肌質に合っていない化粧品を使っているから”。

かゆみ、腫れ、赤み、痛みが出てきたらすぐに化粧品の使用をやめよう。そのまま使い続けてしまうと一向に症状が解消されない。

また、症状が出てきた場合は水、またはぬるま湯で洗い流し、水で何回が冷やすとよい。むやみに手で触ったり、タオルでこすることは絶対にしないこと。

何日か経過しても症状が改善されない場合は、すぐに皮膚科を受診した方がよいだろう。

顔の肌トラブルを起こさないためにも自分に合った化粧品選びが大切になる。

では、どのようにして化粧品を選べばよいのか、次の項目では化粧品の正しい選び方について説明する。気になる人はぜひチェックしてほしい。

スポンサードリンク

顔の肌トラブル防止!化粧品を正しく選ぶ方法

基本的なスキンケア商品である、洗顔、クレンジング、化粧水、美容液の選び方について説明する。

自分に合った化粧品を選ぶ前に大切なことがひとつ。それは「自分の肌質を知ること」。

自分はどのような肌質になるのか、スキンケアは肌質を知ることから始まる。

顔の肌トラブルが少ないと言われている「普通肌」は誰もが欲しがる理想的な肌質。皮脂と水分のバランスが非常によい。

一方、乾燥肌はカサカサしたり、粉が吹いたりと肌が乾燥しており、水分がすぐに蒸発する傾向がみられる。お風呂上りに乾燥しているなと感じる人はほとんどが乾燥肌だろう。

混合肌はおでこと鼻のTゾーンの皮脂量が多く、頬は乾燥するなど部位によって状態が違い、オイリー肌は全体的にテカリがみられるほど皮脂が過剰に分泌されている。

主に肌質はこのようになっているため、自分で一度鏡を見て確認してみてはいかがだろうか。自分の肌を常にチェックすることは、顔の肌トラブルを防ぐ有効的な方法。

そして、自分の肌質がわかれば、いよいよ化粧品選びに入る。

洗顔やクレンジングは、顔についている汚れ、余分な皮脂、化粧を落とすために必要なもの。さまざまな種類が発売されているが、できるだけお肌に負担をかけない“クリームタイプ”や“泡タイプ”、“石鹸タイプ”がオススメ。

 

顔の肌トラブルは皮膚に不要な刺激を与えることで発生しやすい。よって、できるだけ刺激が少ないタイプの商品を選ぶのがポイントになるだろう。

石鹸タイプ、クリームタイプ、泡タイプはすべてやさしい泡で顔の汚れが落とせる。もっとも刺激が強いと言われているのが“ふき取りタイプ”だ。

たったシート1枚で化粧や汚れが落とせると好評だが、ゴシゴシと皮膚に余計な刺激を与えてしまい、顔の肌トラブルになるおそれがある。

強くこすればこするほど皮膚は傷つき、顔の肌トラブルが起こりやすいのだ。

顔をキレイに洗った後、すぐつけるのが“化粧水”。

お肌は保湿が大切と思うあまり、化粧水にも保湿成分が豊富に含まれているものを選ぶ人が多いが、化粧水はシンプルがベスト。

保湿成分が配合されている化粧品よりも、お肌の角質層にある成分セラミドを活性化させる成分を与えた方が効果的。

お肌の奥底にある角質層に必要な成分を届けるために必要な“ビタミンC誘導体”が含まれている化粧品を選ぼう。

たくさんの保湿成分が含まれている化粧水は、かえってお肌の中にある水分を蒸発させてしまうので注意してほしい。

美容液は、自分の肌質や目的に合った成分が含まれているものを選ぶのがポイント。

さまざまなメーカーから発売されている美容液にはアンチエイジングや保湿、シミ・しわ、美白などいろいろな目的でつくられている。

あなたが目指したいお肌に合わせて、かつ自分の肌質に合った美容液を選ぼう。

選ぶ際は成分表を必ずチェックしなければならない。成分表を確認せずに美容液を使うと、お肌がベタベタしたり、使い心地が悪かったりと顔の肌トラブルが起こるだろう。

以上のポイントに注目してスキンケア商品を選べば、自分に合った化粧品が使える。

しかし、それでも顔の肌トラブルが頻繁に起こる可能性もある。

本当に安心して化粧品を使いたいのであれば、次の項目で説明する“パッチテスト”を実践しよう。

これも顔の肌トラブルを回避する大切なポイントになる。

化粧品を使用する前に“パッチテスト”を行おう

“パッチテスト”という言葉を耳にしたことがあるだろうか。

パッチテストとは、化粧品を使う前に、かゆみや赤みなどの顔の肌トラブルが発生しないかどうか確認テストのこと。

パッチテストをきちんと行うことで、顔の肌トラブルも未然に防げる。

事前にテストを行っておけば、購入後、化粧品が使えなくなることもない。お金の無駄が防げるだろう。

パッチテストではすぐ顔に化粧品を使うのではなく、トラブルが起きてもよいように二の腕につけることが多い。

二の腕につけ、ある一定時間反応がなければ問題ないと判断できる。

しかし、パッチテストを行って反応がなかったのに、つけたとたん顔の肌トラブルが起こることも稀にある。

顔の肌トラブルが起きた場合は、以前使っていた化粧品の成分との関連も考えられるため、日をあらためてもう一度試してみるとよい。

それでも再び顔の肌トラブルが起きた場合は使用をやめよう。

お肌を美しく保つための化粧品が逆効果になってしまうと本当にショックだ。顔の肌トラブルが起きないためにも“自分の肌質を知る”こと。そして、“自分に合った化粧品を選ぶこと”“パッチテストを行うこと”が大切だ。

<PR>あらゆる肌トラブルに有効な成分を配合した最先端コスメ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top