効果はある?「精がつく食べ物」のウソとホント

風邪を引いたときや疲れがたまっているとき、「精がつく食べ物を食べなさい」とよく言われる。

精がつく食べ物と言えば「ニンニク」や「すっぽん」など思い浮かべるが、これらは科学的に効果が証明されていない。

精がつく食べ物は本当に効果があるのだろうか。効果について気になっている人は要チェック。

スポンサーリンク

実は科学的証拠がない「精がつく食べ物」

健康補助食品としてすっぽんやニンニクの成分が入っているサプリメントが多い。

すっぽんには必須アミノ酸やビタミンB群、鉄分、カルシウムなどさまざまな成分が豊富に入っている。そのため、美肌や貧血予防、滋養強壮効果があると言われているのだ。

一方、ニンニクには疲労回復に欠かせないアリチアミンが入っている。スタミナ効果を発揮すると言われているのだ。

すっぽんやニンニクに含まれている成分や効果から「精のつく食べ物」とされている。

けれども、科学的証拠がないのは事実。必ずしも精がつくとは限らない。

一般的には「精がつく食べ物」とみなされているが、すべての人に効果があるとは限らないことを把握しておこう。

健康補助食品であるサプリメントと立ち位置は似ている。

サプリメントもあくまで健康補助食品であり、医薬品ではない。そのため、必ずしも私たちの体に良い効果をもたらすとは断言できないのだ。

以上のように「精がつく食べ物=必ず元気になる」ことにはならないので要注意。

スポンサードリンク

プラシーボ効果によって精がつくと感じる!?

精がつく食べ物を食べて「精がついた」と感じたとき、「プラシーボ効果」による影響が大きい。

ここでいう「プラシーボ効果」を始めて知る人も多いのではないだろうか。

プラシーボ効果とは「偽薬効果」とも呼ばれており、いわゆる「思い込み」によって効果を感じること。強い思い込みよって脳が勘違いをするのだ。

たとえば、偽薬を処方されたとしよう。偽薬でも本人は本物の薬だと思い込んでいるため、「薬の効果が出てきているのでは…」と勘違いをする。

偽薬でも思い込みによって何らかの改善が見られた場合、プラシーボ効果が発揮されたことになる。

「病は気から」という言葉があるように、人間の思い込みは本当に未知の世界。実際、プラシーボ効果によって病気が感知した人もいる。

もっとわかりやすく説明すると「ノンアルコール」を思い浮かべてほしい。ノンアルコールは実際にアルコールがまったく入っていない飲み物。

しかし、ノンアルコールを飲むと酔ったような気分になる人も多い。それこそ「プラシーボ効果」なのだ。

プラシーボ効果は特に、痛みや下痢・不眠などの症状に効果的。もちろん、元気がないときもプラシーボ効果が大いに発揮する。

つまり、精がつく食べ物を食べて精がついたと感じる際はこの「プラシーボ効果」が発揮されている証になるのだ。

ポジティブな思い込みが大切

精がつく食べ物で精をつけたい場合、プラシーボ効果を有効活用しよう。

科学的証拠がない分、精がつく食べ物の効果はプラシーボ効果によって左右される。そのため、効果を高めたいのなら「ポジティブな思い込み」が大切。

精がつく食べ物を食べながら「元気になった」「体が楽になった」と自分に言い聞かせること。

心の中で思うのも良いが、口に出すことも大切だ。言葉として発すると自然と自分の中にポジティブな思い込みを取り入れられる。

「元気になる」という気持ちが精がつく食べ物の効果を引き出してくれるはず。

気持ちに左右されやすい人ほどポジティブな思い込みが必要になる。周囲からの言葉で影響されやすい人は注意しなければならない。

このように、精がつく食べ物には科学的証拠がないため「効果」はないと言える。

しかし、プラシーボ効果を最大限利用すれば精がつく食べ物で元気になれるだろう。

元気がなくなったときはできるだけポジティブな気持ちを心がけてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top