“冷え性”改善でスリム&美容面がアップする理由

特に女性に多く見られる“冷え性”。冷え性は末端が冷えたり、疲れやすくなるなどの症状が現れるが、そのほかにも女性にとってイヤな症状が出るといわている。

たとえば、むくみをはじめ、太りやすくなるなどの美容面にも悪影響を与え、肌トラブルを増やすキッカケにも・・・。

このように女性にとって冷え性は、何一ついいことがない。では、改善するためにはどういった方法を用いるべきなのか。詳しく解説していく。

スポンサーリンク

なぜ冷え性は起こるのか?

冷え性が起こるメカニズムをかんたんに説明すると、身体が温度調整をできなくなっているため。本来、体は的確な温度調整できる能力を備えているが、あらゆる原因によってそれが困難になるのだ。

その原因は以下のとおり。

  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 運動不足
  • 無理なダイエット
  • ホルモンバランスの乱れ

季節を問うことなく、冷えを感じている人は、血行が末端まで行き届いていないことが原因。

よく冷え症改善には、運動を行って血行を促進させるのが効果的といったフレーズを目にするが、身体の温度調節機能が失われた状態では、いくら運動をしても無意味なのだ。

人間は適切な温度調整ができていると、一切の“不具合”を生じなくなる。つまり、健康においても美容においても、何の障害もない状態を維持できる。

では、温度調節機能を高めるためにはどうすべきなのだろうか。

スポンサードリンク

カギになるのは“代謝力のアップ”

冷え症そのものを改善するためには、身体の代謝力をアップさせることが大切になる。ここで重要になるのが、身体を“温める”といった作用と、“燃焼を促進させる”といった2つのポイント。

温度機能を調整するためには、原則として身体が温まっていることが条件。そのため、血行を促進し、全体をぽかぽかと温めてくれる成分を摂取することが重要になる。

続いて、単純に温めるだけでなく、燃焼してエネルギーに変える機能も高めなければならない。代謝が悪いと太りやすくなるばかり

この2つのポイントを実践することができれば、自然と冷え症改善は達成できるだろう。では、温める・燃焼するといったポイントをもつ成分について詳しく解説したい。

冷え性改善に効果的な食品とは?

まず、体を温める成分をもつ食品として最適なのは、金時しょうが、黒コショウの2点。これらは冷えそのものにアプローチする作用があるため、体温アップには欠かせない。

続いて、燃焼を促す成分をもつ食品として最適なのは、トウガラシ、ヒハツの2点。これらはそのまま摂取するのは困難ということもあるので、エキスになっているものを摂取するのが望ましい。

以上の食品を摂取すれば、冷え性改善の近道にになるわけだが、毎日継続して摂取することが前提となる。どう考えても、これらを継続して摂取するのは至難の業といえよう。

だからこそ、これらが凝縮され、ひとつになったサプリメントをおすすめしたい。

以上の条件をクリアしているサプリが、「温活宣言」である。毎日続けられる、飲むタイプとなっているので、効果的な冷え性改善ができるはずだ。

できることなら、食品から直接摂取するのが望ましい。しかし、それが厳しいという方がほとんどだと思うので、手軽に続けられるサプリメントは頼りになる存在といえよう。

関連サプリ詳細はこちら⇒温活宣言


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top