“冬季うつ”の原因と診断チェックで対策を立てよう

“冬季うつ”はうつ病の一種。

最近、若い人から中高年まで“うつ病”にかかっている人が多く、代表的な精神病になっている。

冬季うつは季節性衝動障害、季節性気分障害とも言われており、その名のとおり、冬にしかあらわれないうつ病。

冬以外はなんともないのに寒くなってくると気分が落ち込み、からだもだるくなってしまう傾向がある人は冬季うつの可能性が高い。

そんな冬季うつの特徴や症状について詳しく説明し、原因について考えていきたいと思う。そのような兆候がある人は要チェック!

スポンサーリンク

冬季うつはなにが原因?

一度発症すると何度も繰り返してしまう特徴がある“冬季うつ”。

冬の時期だけ発症するうつ病であり、春になったとたんに消える。もしこのような症状が2年続いてしまうと完全に「冬季うつ」と診断されるだろう。

冬季うつはいったい何が原因となっているのか気になっている人も多いはず。

主な原因としては、「日照時間」が大きく関係しているといわれている。

太陽の光を浴びた人間の体内は、メラトニンと呼ばれているホルモンの分泌が活性化され、体内時計を正常に動かしてくれる。

しかし、日照時間が少ないとメラトニンが十分に分泌されなくなり、すぐイライラする、食欲が抑制できない、疲れやすくなる、生活リズムが崩れるなどなどさまざまな症状を引き起こしてしまうのだ。

このようなことが続いてしまえば危険。冬季うつになりやすくなるだろう。とくに、冬場は日照時間が短いため、大きな影響をおよぼしかねない。

スポンサードリンク

重要ポイントである「診断チェック」

うつ病というものはなかなか自覚することができない病気だ。

他人からみると冬季うつの傾向がみられるとわかっても自分では自覚することができない人が多い。しかし、うつ病を治していくためには「自覚すること」がとても重要なポイントになる。

自分に冬季うつの傾向がないかどうか、診断チェックをおこなってみよう。

診断チェックは次のとおり。

  • 集中力や思考力がなくなる
  • 何もする気が起きない
  • すぐにイライラする
  • 否定的になる
  • 寝すぎてしまう(または日中眠たくなる)
  • 体がだるくなる
  • 食欲がとまらない

これらの症状が冬場だけ出てくるという人は「冬季うつ」を発症している傾向が強いだろう。

心当たりがあるならばすぐに近くの病院にいき、診察を受けることをオススメする。うつ病は早めの対処が肝心な病気だ。

適切な処置をするためにも専門施設で医師からアドバイスをもらえながら冬季うつと戦っていこう。

規則正しい生活を送ることが大切

冬季うつに効果的な対策をひとつ挙げるならば、「規則正しい生活を送る」こと。

日照時間が少なく、体内時計が狂ってしまいがちな冬季うつは、できるだけ体内時計を正常に戻すことが大切なポイントになる。

昼間はしっかり太陽の光を浴び、毎日同じ時間に寝て起きること。そして、1日3食のバランスの良い食事、適度な運動も欠かせない。

毎日の生活をきちんと規則正しく送っていれば自然と心と体を休めることができ、体内時計も正常に動くことができるはず。

仕事で忙しい日々を送っている人は少しお休みをとって、ゆっくり心と体を休めることができる時間をつくってみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top