メンタル 健康 生活

体温調整がうまくできない人は“自律神経失調症の疑いアリ?

投稿日:

「最近になって体温調整が出来ない気がする・・・」
「体温調節が出来ない原因を知りたい」

Q&Aサイトなどを確認すると、現代人の多くがこのような悩みを抱えていることがわかる。

仮に現時点で「体が冷える(冷えている)」、もしくは「体が熱い」という方は本来の身体機能が発動していない可能性が・・・。

人間の身体は体温の変化によってさまざま症状をもたらすことがわかっており、一般的に「冷え症になると肩こり」が起き、「体温が上昇しすぎると頭痛」などを引き起こすケースがある。

もしあなたが今、体温調整が出来ないと悩んでいるなら、それは「自律神経失調症」が原因かもしれない。

そこで今回は「体温調整が出来ない原因」についてくわしく解説していく。

スポンサーリンク

まずは一般的な人間の体温を把握する

人間の体温はほぼ一定に保たれるようにできている。

つまり、どんなに環境が変わろうとも恒温動物としての機能が働くため、約36~37度といった体温で保たれるのだ。

 

もうお気づきかもしれないが、人間は外の環境温度と比較するとやや高めに体温調整される。しかし、人それぞれ体温や年齢は異なるのため一概でない。

 

わかりやすく表現するなら、幼児がもっとも体温が高く、老人がもっとも低くなる。

とはいえ、誰しも常に体温が一定に保たれるわけではなく、朝と夜では異なるのだ。

 

基本的に朝は体温が低く、日中がもっとも高くなり、その後は安定するといった流れだ。

 

なお、女性は性周期によって体温変化が著しいため、「体温調整が出来ない」と感じやすい。いずれにしてもそれは「排卵」が原因である可能性が考えられるので、婦人科を受診するべきである。

このように人間の体温は複雑ではあるが、おおまかにいえば「体温は一定に保たれている」ということだ。

では、なぜ体温調整が出来ないといった異常が発生するのだろうか。

 

スポンサーリンク

体温調整が出来ない原因は「自律神経失調症」の可能性アリ

体温調整が出来ないと悩む人は、「脳の体温調節中枢の乱れ」が原因で不調が引き起こされている可能性が高い。

人間の体温が一定に保たれるメカニズムは、脳(中枢)が体温を指定すると同時に発汗および血流を変化させるため。つまり、体温調整は脳の命令によって成立するのだ。

この脳の体温調節をコントロールしているのが「自律神経」。

 

ところが自律神経が乱れてしまうと脳へ的確な命令ができなくなってしまい、体温調整が出来ない原因となる。よって、自律神経失調症にかかってしまうと急激冷えたり、のぼせるなどの症状が繰り返されるケースも。

 

ただし誤認してはいけないのは自律神経そのものがすべての体温調整に関わっているわけではないということ。

自律神経の他にもホルモンや体系神経なども体温をコントロールしているため、「体温調整が出来ない原因=自律神経失調症」というわけではないのだ。

しかし、体温調整が出来ないといった症状に加え、冷えやのぼせなどにも悩まされる場合は、自律神経失調症が原因の可能性が高いと言っていいかもしれない。(無論、これは断定しているわけではないが、確率の問題で高いといえる)

 

よって、体温調整が出来ないなど体温における異変を感じている方は、「自律神経失調症」を疑うべきといえよう。

 

体温調整を改善するための手引き

体温調整が出来ない原因は自律神経失調症が影響している可能性があるわけだが、体温をコントロールする機能を改善するなら専門医から適切な治療を受けることがポイントといえよう。

最近では自律神経に効果的と謳った製品(サプリなど)が世の中にあふれているが、それらで体温調整が出来ない悩みを改善できるかというと疑問。

 

無論、改善できるケースもあるかもしれないが、それはあくまで服用した人の体質に合っていたためと言っていい。

 

サプリも医薬品も体質に合っていることを確認しながら服用しないかぎり、逆効果になる可能性や副作用が生じる原因になってしまう。

要するに自身の体質にマッチした治療をすることが何よりも最善の方法であり、効果が期待できる道なのだ。

自己判断でのセルフケアだったり、サプリのみでの改善はいつになっても症状を緩和することができない可能性が高く、日常生活に苦しむ状態が続く原因ともいえよう。

 

よって、体温調整が出来ないと悩んでいるなら余計なことは一切考えず、専門の治療を受けるべきである。サプリなどを使って安いコスト、もしくは半ば放置で治そうと思わず、原因を克服する治療を実践することが何より重要なのだ。

 

そもそも体温調整が出来ないという症状に対して、効果が期待できるか曖昧なものを試してもお金と時間を浪費する原因を作るのみである。

よって、本気で体温調整が出来ない原因を突き止め、確実な治療にお金と時間をかけるべきである。

この方法こそ、改善への最短ルートと言っても過言ではないだろう。

 

スポンサーリンク

-メンタル, 健康, 生活
-, , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.