仕事の疲労回復を促すおすすめの食べ物とは?

疲れがなかなか取れないと悩んでいる人は必見。

仕事の疲労回復を促すおすすめの食べ物を紹介しよう。

食事は唯一栄養補給ができる行動。しっかり栄養バランスが整った食事を摂れば体に蓄積されている疲れも自然と取れるだろう。

おすすめの食べ物を紹介し、なぜそれが疲労回復に効果的なのか理由についても説明する。

スポンサーリンク

疑問!仕事の疲労回復は食事で促せる?

仕事で溜まった疲れは食べ物で解消できる。

疲労回復におすすめしたい食べ物は以下の通り。

  • お酢
  • 豆類
  • はちみつ
  • 玄米
  • チーズ
  • 玉ねぎ
  • トマト
  • 豚肉

このようにたくさんの食べ物が挙げられる。

これらには疲労回復が期待できる成分が豊富に含まれているのだ。

豆類やはちみつに含まれているビタミンB1は疲労回復に欠かせない成分のひとつ。ビタミンB1が不足すると疲れが取れず、疲労を促進させる成分が体内に蓄積される。

なんとなく体がだるい人にはぜひ摂取してもらいたい。

はちみつのような甘いものも疲れを取るために必要な成分。はちみつに含まれている糖質は脳のエネルギーに換えられる。

デスクワークやパソコンなど頭を使う仕事で疲れた場合に効果的だろう。

美容のために飲んでいる人が多いお酢は、疲れのもとになる乳酸を燃やし、エネルギーに換える力を持っている。

スポーツ後に摂取すると効率的に疲れを癒してくれるのでオススメ。また、クエン酸と一緒に摂取すると相乗効果で疲労回復がスッキリ解消されるだろう。

スポンサードリンク

仕事の疲労回復は“活性酸素”を除去する食べ物を摂ること

人間は生きている限り“活性酸素”が体内で発生する。ある程度の量であれば問題ないが、活性酸素が増えすぎると老化が進行し、疲れも溜まりやすくなるので注意しなければならない。

増えすぎた活性酸素を疲労回復を促す食べ物で除去しよう。

そこでオススメしたいのがリコピンが多く含まれている“トマト”だ。

トマトに含まれているリコピンの量はほかの食べ物より多く、より的確に体内の活性酸素を除去してくれる。

疲労回復はもちろんのこと、活性酸素が除去できれば老化を抑え、美容や病気の予防も可能。

活性酸素は非常にやっかいなもので、仕事で受けた体の疲れだけでなく精神的なストレスから量が増大する。ストレスからの悪影響を防ぐためにも“リコピン”は摂取しておきたい成分なのだ。

リコピンはトマト以外にもピンクグレープフルーツやさくらんぼ、スイカにも多く含まれている。

リコピンが含まれている食べ物を毎日取り入れてみてはいかがだろうか。

より効果を実感したいなら“食べ方”を工夫する

食べ物で仕事の疲労回復を促したい時、ただ食べるだけでは効果が少ない。

最大限の効果を引き出すためには“食べ方”を工夫することが大切だ。

例えば、仕事のストレスからくる疲れを癒してくれる「玉ねぎ」には“硫化アリル”と呼ばれる成分が含まれている。硫化アリルは仕事で受けたストレスを軽くする神経鎮静作用があるが、加熱すると成分そのものの効果が失われてしまう。

そのため、できるだけ加熱せずに生のままサラダにしたり、酢の物と混ぜ合わせなければならない。

また、疲労回復に良い食べ物として有名な“豚肉”はそれだけ食べると逆効果になる。意外とこのことを知らない人が多く、豚肉の効果を無駄にしているのだ。

効果的な食べ方は豚肉だけでなく、一緒に“クエン酸”が多く含まれている物を食べること。

レモンやグレープフルーツなどの柑橘系やお酢・梅などクエン酸が含まれている食べ物と一緒に摂取すれば、相乗効果が期待でき徹底的に疲労が取れるだろう。

 

このように食べ物によっては誤った食べ方をすれば疲労回復できず、逆効果になるので注意しなければならない。

食べ方を工夫するのも食べ物で仕事の疲労を取る大切なポイントだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top