今日から実践!動脈硬化改善の食事

日本の死亡率が非常に高い「動脈硬化」。

血管が硬くなり血液の流れを悪くさせるとても怖い症状だ。動脈硬化を改善・対策するためには「日常生活」、特に「食生活」が大きなポイントになる。

今日からすぐに実践できる動脈硬化改善の食事をいくつか紹介しよう。食生活の乱れが目立ってきている人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

知っておきたい動脈硬化を改善するための食事

動脈硬化は中高年に多い症状とされているが、近年は若い人の発症も目立ってきている。

若い人が発症する主な理由はストレスや高血圧、高カロリーの食事など「食生活の乱れ」が多い。そのため、動脈硬化改善の食事を心がけていこう。

世の中にはさまざまな食材がある。中でも動脈硬化改善の食事に取り入れてほしいのは「野菜」や「海藻」「きのこ類」の3つ。

これらの3つは積極的に摂取してほしい。

なぜなら野菜・海藻・きのこ類には血中コレステロールを低下させる力を持っているから。血中コレステロールが高くなればなるほど動脈硬化になりやすくなる。

3つの食材はビタミン・ミネラル・ナトリウムが非常に豊富なので血中コレステロールを下げてくれるのだ。

また、血管を丈夫にする、新陳代謝の向上も期待できるのでおすすめ。

新陳代謝が活性化すると体内の老廃物や毒素を排出する働きが強まり、血液の流れもスムーズになる。

普段から肉や高カロリーのものばかり食べている人は動脈硬化改善の食事にするため、野菜や海藻、きのこ類を積極的に取り入れていこう。

スポンサードリンク

さまざまな生活習慣病を防ぐ「食物繊維」

動脈硬化改善の食事に必要不可欠な成分が「食物繊維」

食物繊維は胃腸の中を掃除してくれる成分でもある。

そのため、便秘改善に効果的な成分として多くの人に知られているだろう。しかし、食物繊維の力はそれだけではない。

他にもコレステロールを体外に出す効果や高血圧、心疾患、高脂血症、糖尿病などさまざまな生活習慣病の予防にもなる。

動脈硬化になりやすい人はほとんど生活習慣病にかかっているため、防止効果になる食物繊維はとても頼りがいのある成分。

食物繊維を積極的に取り入れて生活習慣病の予防・改善をしていこう。

主に、ひじきなどの海藻類に食物繊維が豊富に含まれている。日頃から積極的に摂取し、動脈硬化改善の食事へ変えていってほしい。

動脈硬化改善の食事で避けたいもの

今まで動脈硬化改善の食事について説明してきたが、中には避けたい食材もある。

まず最も避けるべき食材は「白砂糖」や「嗜好飲料」。

私たちが普通に飲んでいる嗜好飲料にはさまざまな甘味料が入っている。炭酸ドリンクの甘さは動脈硬化を引き起こす原因にもなるので注意しなければならない。

毎日甘い飲み物やコーヒー、紅茶など飲んでいる人は量に気をつけよう。動脈硬化改善の食事としてはできるだけ控えめにしておきたい。

また、コレステロールや動物性脂肪の多いものも避けること。

手早く食事できるファストフードのほとんどは非常にカロリーが高い。コンビニ弁当やレトルト食品なども高カロリーのものが多いため動脈硬化改善の食事には不向き。

出来合いのものばかり食べていた人はできるだけ「自炊」を心がけよう。肉よりも野菜中心の食生活に改善すること。

先ほども説明したとおり、野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維など動脈硬化改善の食事にぴったりな栄養が豊富に含まれている。

さらにカロリーも低いので太る心配もない。

野菜の他にも大豆やオリーブ油、アーモンド、ごま油、玄米、味噌は動脈硬化改善の食事におすすめの食材。

それぞれ血液中の脂質を減らす、血管を丈夫にする、血圧上昇を抑えるなどの効果があるのでぜひ食事に取り入れよう。

以上のように、動脈硬化改善の食事に気をつけながら日々の生活を送ってほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top