上まぶた・下まぶたの“ものもらい”の原因と治し方

ある日、目に違和感が・・・。

気になって鏡で確認してみると、
まぶたに赤く腫れた“ものもらい”ができてる。

ものもらいは、上まぶた・下まぶた両方にできる目の病気であるが、
その種類は二つあり、それぞれ原因と治し方は違う。

だからこそ、正しい知識を持つことが重要だ。
今回はものもらいの原因とその治し方を解説していく。

スポンサーリンク

ものもらいは “麦粒腫”と“霰粒腫”の2つがある

一般的に“ものもらい”は上まぶた・下まぶた問わず、
赤く腫れて痛みやかゆみなどを伴う病気だ。

知識を持たないかぎり、
ものもらいは1種類しかないと思ってしまうはず。

しかし、ものもらいは2種類存在しており、
それぞれ原因が異なっているのだ。

それではそれぞれの原因と特徴を解説していこう。

そのひとつが“麦粒腫(ばくりゅうしゅ)”
これは細菌の侵入による化膿が原因で起こる、ものもらいだ。

その原因となる細菌は“黄色ブドウ球菌”とよばれるもので、
化膿性疾患を生み出す張本人でもある。

実はこの菌、あらゆるところに生息しているため、
清潔な環境を徹底しないと、誰もがターゲットにされてしまう。

この菌はものもらいだけでなく、
キズやニキビなどにも悪影響を与え、化膿を進行させるので要注意だ。

 

もうひとつが“霰粒腫(さんりゅうしゅ)”

こちらのものもらいは、“硬いできもの”といったイメージで、
原因は菌ではなく瞼板腺の脂成分のつまりによって起こる。

炎症が進行することで分泌物が詰まってしまい、
腫れや痛みを伴ってしまうのだ。

 

以上、2種類のものもらいとその原因を解説した。
では、それぞれの治し方について紹介しよう。

スポンサードリンク

治し方が違う!2つの「ものもらい」

mm
参考画像: All About

まずは“麦粒腫”の治し方から。
基本的に治し方としては以下のとおり。

  • 抗菌の点眼液
  • 軟膏
  • 抗菌物質(飲み薬)の服用

このものもらいは、“かゆみ”を発生することが多く、
意図的に目をこすってしまう可能性がある。

しかし、目の周囲を清潔にたもつ必要があるため、
目をこすってしまう行為はNG。

いずれにしても、早急に治すなら眼科で適切な治療を受け、
医師の指示に従って対応することが大切になる。

また、麦粒腫は不清潔も原因のひとつなので、
目の周りに細菌が来ないよう、清潔な環境を整えることも重要だ。

それから、麦粒腫が出来ている状態でのメイク・コンタクトレンズ装着はNG。
悪化させてしまう危険性がある行為は、控えるようにこころがける。

なお、適切な治療をつづけていれば、
だいたい1週間ほどで完治することが多い。

続いて、霰粒腫の治し方
こちらのものもらいは、基本的に“温湿布”で治癒を早めるのが一般的。

これを続けることによって、
だいたい1ヶ月ほどで腫れがなくなり、自然に回復にむかう。

つまり、特別な治し方を実践しなくてもよく、
自然治癒することも可能な、ものもらいと言える。

だが、しこりが角膜を圧迫するまでに拡大した場合、
目に悪影響をあたえる可能性があるため、手術で切開するケースも。

これは稀といっていいが、
最悪は手術をしなければならないと覚えておこう。

自然治癒に頼るよりも眼科を受診すべき

麦粒腫、霰粒腫は原因も違えば治し方も違う。
いずれにしても、ものもらいを確認したら自然治癒に期待するのはやめたほうがいい。

もちろん、自然治癒で回復する可能性は十分にある病気だが、
悪化してしまうと取り返しのつかないことになる。

重要な目における病気であることを理解し、
適切な治療を受けることをおすすめしたい。

いずれにしても自然治癒に頼ろうとせず、
眼科を受診したほうがいいだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top