一週間で痩せる!野菜スープダイエットのレシピを一挙公開

「いろいろなダイエットを試してみたけど成功したことがない・・・」
「できるなら簡単にできて一週間くらいで痩せたい」

以上の悩みを抱えている方にオススメしたいダイエットがある。

それは「野菜(トマト)スープダイエット」だ。

もはやテレビや雑誌で話題になっているスープダイエットだが、その効果は計り知れない。なぜなら、このダイエットを実践した多くの人が減量に成功しているのだ。

そこで今回は野菜(トマト)スープダイエットのレシピをはじめ、その効果について詳しく解説する。

スポンサーリンク

栄養豊富!低カロリーの野菜(トマト)スープ

なぜ「野菜(トマト)スープダイエット」で効果を実感している人が多いのだろうか。

詳しく調査してみたところ、それには以下の2つの理由が見られた。

  1. 野菜(トマト)を使っているため栄養が豊富
  2. 1杯300kcal以内と低カロリー

この2つの理由が重なり合ったことで、ダイエットをスムーズに達成できるというわけだ。

なお、なかには「野菜(トマト)スープだけでは栄養が十分に摂れないのでは…?」と心配する人もいるかもしれない。しかし、野菜をはじめトマトには、私たちに必要な栄養成分が豊富に含まれている。つまり、野菜やトマトスープだけで十分と言えるのだ。

野菜やトマトは、ビタミンをはじめ、ミネラル、食物繊維などが豊富。

特に食物繊維は、体内に蓄積された老廃物や毒素を排出してくれる作用があるので、ダイエットには最適かつ欠かせないものだ。

いろいろな野菜を使い、固形物ではなく流動食のスープにすることで摂取しやすくなる。それに低カロリーを維持することもできるので、これを毎日続けていれば誰もが一週間ほどで痩せるというわけだ。

なお、野菜(トマト)スープは1杯300kcal以内なので、1日3杯飲んでも1,000kcal内に抑えることが可能。

このひょうに低カロリーで栄養も豊富に含まれている野菜スープは、ダイエットにぴったりな食品なのだ。

ダイエットに最適な「野菜(トマト)スープ」のレシピ

例えば、毎日トマトのみを使ったスープばかりでは飽きてしまう。

ダイエットを長続きさせるコツは、いかにして「飽き」を感じさせない生活を送るか、だ。

そこで、ダイエットスープに飽きないために、トマトだけでなくいろいろな野菜や調味料を使ったスープを作ろう。

レシピとしては以下を参考にしてほしい。

  • たまねぎ3個
  • キャベツ半玉
  • ホールトマト1缶
  • チキンスープの素1つ
  • セロリ1本
  • ピーマン1個

これが野菜およびトマトスープの基本的なレシピになる。

これらの野菜をそれぞれ食べやすい大きさにカットし、お鍋にいれ、野菜が浸されるぐらい水を追加した後にトマト缶とスープの素を入れるだけでOK。

レシピと聞いて難しいと感じた方もいるかもしれないが、このようにとても簡単なレシピとなっている。

もし、味付けが薄いと感じた時は塩コショウなどで整えよう。また、味に飽きる現象を防ぐためにも、ゆず胡椒をはじめ、ガーリックパウダー、カレー粉、ラー油、黒酢などの調味料を使うのはOK。

ただし、基本的にレシピを崩さず、調味料に頼らずがベストだ。

最初は基礎的なレシピでは味に不満があると思うので、濃い目の味付けにして、慣れてきたら薄味にしていくといいだろう。

一週間で効果が実感できるってホント?!

野菜スープダイエットを実践した人の意見をまとめると、「一週間で効果がでた!」「一週間は続けないとダメ」など、“一週間”というキーワードが関連していることがわかった。

また、口コミでは「(このスープダイエットを)はじめてから3日目までがとても辛い」といった声が多く、ある程度習慣化するまでは苦痛が伴う人もいるかもしれない。

また、このスープダイエットは慣れるまでは「空腹」との闘いがある。

そもそも、このダイエットを実践した場合、基本の食事が「野菜(トマト)スープ」になるため、序盤は何をしようにもお腹が空いてしまうのだ。しかし、3日目を過ぎれば次第に野菜(トマト)スープ生活に慣れはじめ、空腹にも打ち勝つことができる。だからこそ、慣れるまでは辛抱して続けてほしい。

基本的に一週間で成果を挙げられたと答えた人がほとんどだった。

しかし、人間の体質はそれぞれ異なるため、このスープダイエットが合わない人もいるはずだ。

そのため、一週間が経過しても効果が得られない場合は、スープダイエットをやめたほうがいいかもしれない。そのまま無理に続けても身体に負担をかけるだけだ。

いずれにしても、一週間継続してみて反応を見ることをおすすめする。

効果があればそのまま継続すればいいし、体に合わないと思うのであればそこで辞めればいい。

くれぐれも無理はしないようご注意頂きたい。

スポンサードリンク

脂肪がなくなる仕組みを理解すればダイエットの効率が上がる?!

スープダイエットについて解説したが、あなたは「なぜ痩せることができるのか?」その理由を答えることができるだろうか?

そもそも痩せるためには、身体についた脂肪を燃焼させなければならないが、その脂肪がなくなる仕組みを理解していない方があまりにも多い。

脂肪がなくなる仕組みを理解すれば、より効率的にダイエットをすることが可能だ。

そこで続いては、ダイエットおよび運動によって脂肪がなくなる仕組みについて解説する。

脂肪を燃焼させるためには運動が必要

最近ではラクして痩せるといったダイエットプログラムが増加しているが、基本的に身体についた余分な脂肪は運動以外の方法で落とすことは困難といえる。(スープダイエットは低カロリーなので、「消費カロリー>摂取カロリー」の構図ができる。だからこそ痩せる)

つまり、脂肪燃焼の条件は第一に身体を動かすことなのだ。

そもそも人間は体内にあるブドウ糖をエネルギーとしている。このブドウ糖が底をつくと、次のエネルギー源として蓄積された体脂肪が使用される仕組みだ。

ブドウ糖がなくなると体内では脂肪分解作用をもつ酵素「リパーゼ」が放出され、脂肪は「脂肪酸」と「グリセリン」に分解される。これらは血液に送られ、やがてエネルギー源として燃焼。

よって、脂肪はリパーゼによって分解されることで、ようやく燃焼へのルートを辿ることになるのだ。

前述したが、この過程に持っていくためには体内のブドウ糖を使い切るが必要があるため、少なくとも20分以上の運動が必要といわれている。

適度な運動を心がければダイエットは成功する

勘違いしてはいけないのが運動をして痩せるという部分。

体を動かすことが得意でない方は、ダイエットに必要な運動にハードなイメージを持たれるかもしれない。

が、まったく運動をしていない身体の持ち主が負荷の高い運動を急激に行うと、怪我をするばかりか体調不良を起こしてしまう可能性が高くなる。

つまり、自分の丈にあった適度な運動を心がければいいのだ。

まとわりついた脂肪はすぐに燃焼させることは不可能。だからこそ、コツコツとウォーキングやスローペースのジョギングを1日20分以上続け、徐々に脂肪を落としていくことが理想。

たった5分や10分といった運動では脂肪はそのまま。あくまで20分以上、継続した運動をすることが脂肪燃焼につながる。

ダイエットは適度な運動だけでも十分に実現できるし、特別なサプリメントや方法を用いる必要はまったくない。何よりも運動を継続することがテーマとなってくるのだ。

普段の食生活を見直してみる

適度な運動が日常生活に浸透したなら、徐々に食生活も見直していくといい。

特に皮下脂肪になりやすい食品の摂取などを避け、栄養素をバランスよくとれるメニューにシフトしていこう。

筋肉をつくるタンパク質はもちろん、ビタミン類がふくまれる食品を摂取し、健康な身体に仕上げていくことがポイントだ。

そこで前述した野菜スープをおすすめしたい。

様々な栄養素を取れるだけでなく、低カロリーなので一週間も続ければ必ず効果が得られることだろう。

言うまでもなく、ファストフードや外食などは高カロリーなケースが多いため避けたほうがいい。絶対に食べてはいけないというわけではないが、ちょっとした誘惑に負けるとリバウンド街道まっしぐらとなる。

自身の基礎代謝と摂取カロリーに注意しながら、運動で消費できたカロリーを計算するクセも身につけたほうがいいだろう。

適度な運動、そして健康的な日常生活を送ることができれば、脂肪に悩まない日々がやってくるはずだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top