一人で生きていく自信がない人が行うべき“3つの行動”

「生きることは呼吸することではない。行動することだ。」という言葉がある。

この言葉は、フランスの哲学者ルソーの名言だ。

これから一人で生きていく自信がない人にとっては、大きな言葉になる。生きていくためには、どういう行動をすべきなのか、大切な「3つの行動」について説明しよう。

スポンサーリンク

まずは「自己分析」をすること

これから一人で生きていく自信がない人の中には、今までさまざまなチャレンジをして失敗した人もいるだろう。

何度も失敗して、何をしてもこれから一人で生きていく自信がない人は、「自己分析」が大切になる。

「自己分析」は就職活動をする前に、学校で必ず行うことで知られるとても大切なこと。

実際に今までさまざまな会社から断られ、自信をなくしていた学生が自己分析をしたところ、自分の目指していることや目標がハッキリし、短所や長所がわかったという。

自分のことがわかったので、今までよりも自信をもってエントリーシートの記入ができたのだ。

その学生は面接で上手にアピールし、無事に就職先が決まった。

これから一人で生きていく自信がない人は、自分に自信がない。そのため、まずは、自分をよく知るところから始めてみてはいかがだろうか。

「自分とは何か」「何のことに興味があり、短所や長所はどこなのか」、些細なことでも自分を知ることはとても大切。

自分の良いところはもちろん、悪いところも受け止めていこう。「すべてが自分だ」と受け止めることができれば、自然と自信がみなぎってくる。

一人で生きていく自信がないなら積極的に人と会おう

これから一人で生きていく自信がないと、できるだけ自分が傷つかないように行動が控えめになる。それでは、一向に前へと進むことができない。

今の自分が何をやっても無駄だと思っているだろうが、今は、あなたの大切な休息期間。自分の心と体を休める期間だと思っておこう。

休息期間だと思いつつも、さまざまな人と積極的に接し、交流することが大切だ。

「一人で生きていく自信がない…」と思い悩んでいても、悪循環になってしまうだけ。それなら、ネガティブな思考にならないように他人の意見を聞いてみよう。

自分とは違う分野で活躍している人、異業種や年代が違う人との交流がおすすめ。

これから一人で生きていく自信がない人は、自分自身の考えに否定的だ。しかし、他人の考えや意見に触れると、触発されるだろう。

「こんな考え方があったのだ」「自分もできるような気がしてきた」と、考え方や思考が前向きになる。

人それぞれ違う考えを持っているからこそ、自分自信を見つめ直すチャンスになるのだ。

これから一人で生きていく自信がない人は、人が集まりやすい場所や静かなバーなどに行って、いろいろな人と交流してみてはいかがだろうか。

小さなことから始めてみる

これから一人で生きていく自信がない人は、「小さなことから始めること」が最後の大切な行動になる。

「自己分析をすること」、そして「積極的に人と交流すること」と同じく、自分が興味を示すものや仕事、小さなことから始めていってみよう。

テレビを見ていて、あなたが気になったスポーツやもの、趣味があれば始めてみると良い。ちょっとしたことでも、気分転換になり、達成感があなたの自信につながるだろう。

これから一人で生きていく自信がない人は、仕事でも、毎日小さな目標を立ててみよう。

例えば、「今日はこの書類を片付ける」「プレゼンの資料を用意する」など。誰でも簡単にできることと思ってしまうが、些細なことでも「行動した」事実になる。

行動する→成功する→行動する→成功する…と繰り返していけば、自然と自分に自信がついてくるだろう。

これから一人で生きていく自信がない人は、失敗を恐れるあまり、行動範囲も狭まる。だからこそ、自分ができることから少しずつ行動することが大切なのだ。

無理のない程度で構わないので、できることからアクションを起こしていこう。

スポンサードリンク



一人で生きていく自信がない人の原因克服ガイド

何をやるにも怖気づいてしまったり、失敗するイメージばかりが浮かぶ・・・。

まったくもって成功する自分を思い描くことができず、つねに自分に自信がないという人は少なくない。

私も学生時代はメンタルで大きな問題を抱えており、自分に自信がない日々を送っていた。が、一人で生きていく自信がない原因について調べたところ、自身の特徴と原因を把握できたため、時間はかかったものの改善することができた。

実は一人で生きていく自信がない人には共通した特徴と原因がある。

この特徴と原因を上手に改善していくことができれば、自分に自信がないという思考と決別することが可能だ。それでは、一人で生きていく自信がない人にみられる特徴とから解説していこう。

自分に自信がない人共通の7つの特徴

もし、あなたが一人で生きていく自信がないと感じているなら、まずは以下の7つの項目に該当しないかチェックしてみてほしい。

それではスタートする。

1: 何事においても経験不足が目立つ
もしくは、“やったことがない”物事が多くないだろうか。

2: 行動する前から結果をイメージしてしまう
まだ着手していないにもかかわらず、マイナスな結果を予測していないか。

3: どんな時でも揺るぎない価値観がある
これはいつも自分自身で“そうだ”と思っているかどうか。

4: あまり運動することが得意ではない
肉体的に何か問題があるため、つねに劣等感を持っていないか。

5: つねにネガティブな思考をしてしまう
精神的に何か問題があるため、つねに劣等感を持っていないか。

6: どんな状況下でも人を気にしすぎてしまう
つねに人の目や会話が気になり、集中することが困難ではないか。

7: 完璧主義な部分をもっている
失敗などありえない、といった完璧主義を持っていないか。

いかがだろうか。

実はこの7項目、自分に自信がない人にみられる共通した特徴および原因だ。

以前の私も上記原因のほとんどに該当していたが、これらの特徴および原因を改善していくことで、一人で生きていく自信がないという思考を改善できる。

それでは、一人で生きていく自信がない状態を改善するためのポイントを紹介しよう。

一人で生きていく自信がない思考の改善に必要な7つのポイント

では、前述した一人で生きていく自信がない人にみられる7つの特徴および原因を、それぞれ改善していくための方法を記述する。

 

1: 脱「何事においても経験不足が目立つ」
単純に人間は経験を積むことによって、たくましくなっていくものだ。

つまり、あまりにも経験不足なジャンルに立った場合、自分に自信がないのは当たり前のこと。

だからこそ、経験を積むために挑戦していけばいいのだ。

もちろん、最初は緊張や不安、恐怖でいっぱいになるかもしれないが、そのジャンルで得た経験はあなたを強くし、自信をもたらす。

“むしろ原因など気にせず、失敗してナンボ”の精神を持つことが大切だ。

 

 

2: 脱「行動する前から結果をイメージしてしまう」
まだ何もアクションを起こしていないのに、勝手に悲惨な結果をイメージしてしまうのはナンセンス。

そういった悲惨な結果は、あくまであなたの頭の中で描いているもの。

つまり、現実とはまったく違う世界なのだ。

つねに物事に取り組むときは、心をニュートラルにするように鍛え、プラスのイメージを無理にでも持つようにしてほしい。そうすることで原因がもつ力を弱めていくことが可能。

よって一切のネガティブな意識を持たないメンタルにすることが重要だ。

 

 

3: 脱「どんな時でも揺るぎない価値観がある」
たとえば、誰かにつねに一人で生きていく自信がないかと問われたときに、はたしてそうなのかよく考えてみてほしい。

いつも自分に自信がない人間など存在しない。それはすなわち、歯磨きや洗顔にすら自分に自信がないことになる。

かならず自信を持って行動しているシーンはあるもの。そのときの感情に注目し、どんなときでもその感情で動けるスタイルを整えれば、原因を打破することができる。

 

 

4: 脱「あまり運動することが得意ではない」
これは至ってシンプルな原因の克服法。

それは運動をすることだ。

練習すればそれだけ成果はあらわれるし、鍛えれば鍛えるほど、身体は強くなっていく。

そもそも、運動が苦手と勝手に自分で決めつけていることと、運動をする苦労から逃げているだけではないだろうか。それが一人で生きていく自信がない思考を作っている原因。

個人的な意見でしかないが、体力と筋力がつけば、自然と自信がつくのでおすすめだ。

意外にも運動をするだけで、自信を持てるようになる。

 

 

5: 脱「つねにネガティブな思考をしてしまう」
これは今抱えている悩みや現実が原因といえよう。だからこそ、その原因となっている問題をひとつずつ解決してみよう。

人間はマイナス要素が多ければ多いほど、一人で生きていく自身がない思考を作り出す。

だが、逆にマイナス要素がすくない場合はどうだろうか。
とくにネガティブな思考をもつことなく、何事にも前向きに取り組めるはず。

問題が起きたら解決する習慣を身に付け、基本的にプラス思考になるよう、脳に言い聞かせることが大切だ。

 

 

6: 脱「 どんな状況下でも人を気にしすぎてしまう」
これは自分の思った通りにやらないことが原因。つまり、自分の思った通りにやることでカンタンに改善できる。

人はあなたが思っているほど、あなたのことを気にしていない。

だからこそ、あなたが勝手な思い込みで自分を低下させるような行為はやめよう。

失敗を恐れずに思った通りに行動する。これができるようになれば、徐々に一人で生きていく自信がない思考から離れることができる。

 

 

7: 脱「完璧主義な部分をもっている」
この世の中に完璧なものなど存在しない。むしろ、すべての物事は“中途半端”で成立している。

人間、企業、社会などすべてが中途半端なのだ。だからこそ、成長できるポテンシャルを秘めている。

むしろ、失敗をたくさん重ねるからこそ、成功へ近づくことができるのだ。

“自分に自信がない”原因とサヨナラしよう

この記事を読んだ時点から、あなたは“一人で生きていく自信がない”という意識を一切持ってはいけない。何事にも挑戦し、経験を重ねて大きくなっていく自分をイメージし、一人で生きていく自信がないといった思考をすべて捨て去ろう。

いつやるか、今でしょ!?

という林先生の言葉があるように、ウジウジしていても何も変えることができないのだ。

せめても、ネガティブな意識から脱却できれば、それだけでも心地よく生活していけるもの。もういい加減、マイナス要素ばかりがギッシリ書かれたページは破り捨てて、真新しいページに切り替えてもいいはず。

あなたの人生はあなたのもの。

だからこそ、あなたが“舵取り”をして、自由にページを追加していけばいいのだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top