モーニングバードで紹介された“腰痛体操”にせまる

中高年の悩みで多い「腰痛」。腰痛をそのまま放置してしまうと仕事や生活に支障をきたすことになれば、大きな病気に繋がってしまうこともある。

腰痛は自分次第で痛みを緩和することができるのをご存知だろうか。

そこで、テレビ朝日のニュース番組である「モーニングバード」で紹介された“腰痛体操”を紹介していきたいと思う。腰痛体操を毎日続けていけば、腰痛を改善することができるのでぜひ実践してほしい。

スポンサーリンク

体のゆがみ改善にもなる腰痛体操

腰痛は体のゆがみから発生することもある。つまり、体のゆがみを治せば腰痛も自然と改善されるというわけだ。

モーニングバードで紹介された体のゆがみ改善の体操を紹介しよう。

  1. イスに座り、まっすぐ姿勢を正す。(この時かかとを合わせておく)
  2. ヒザを閉じたまま、手でヒザを押さえ足を開く。
  3. 手ではヒザを開くように力をいれ、足は閉じるようにすること。
  4. 握りこぶし2つ分と4つ分開いた状態をそれぞれ5秒間キープ。
  5. この動作を2回おこなう。

たったこれだけで、正しい位置に腰を戻すことができ、体のゆがみを改善すると同時に腰痛対策にもなるとのこと。この対象をおこなう前に、軽めのストレッチをしておくとなおさらGood。ストレッチをしておくことで腰まわりの筋肉をほぐし、やわらかくなる。

お風呂上りは筋肉がほぐしやすくなっているため、毎日かかさずお風呂上りにストレッチをしていこう。

スポンサードリンク

簡単にできるもうひとつの腰痛体操

モーニングバードで紹介されたもうひとつの腰痛体操を紹介しょう。

まず、イスを用意し、腰の痛みがある反対側に立とう。もし右側が痛い場合は、イスの左側に立つ。そして、痛みが出る部分の手を伸ばしてイスに手をつけよう。

まるで腰からひねっているような感じになる。そのまま30秒間キープし、3回繰り返しておこなう。そうすることで腰の位置が正しいところに戻り、痛みを改善することができるのだ。

最初はひねることでさらに痛みを伴うかもしれない。しかし、毎日地道に続けていくことで次第に痛みも収まり、体のゆがみも改善されるだろう。

TVを見ているときや時間が空いているときに簡単にできる腰痛体操になっているのでオススメ。家事や育児で忙しい人でも毎日続けやすいのではないだろうか。

なぜ腰痛体操が効果的なのか

腰痛の原因はほとんどが腰に負担をかけている行動をしていたり、神経障害、運動不足となっている。運動不足から腰を支えるための筋肉が弱まり、体がゆがんでいってしまうのだ。

1番の予防方法は「運動」。腰まわりの筋肉を鍛え、腰を支えるための基盤をつくっていかなければならない。長時間のデスクワークや腰に負担をかけている人は仕事のあいまでも背伸びをしたり、ひねってみたり、ちょっとした運動をすると効果的だろう。かたまりがちな筋肉をほぐすことができる。

ただし、過度な運動は逆効果になってしまうため要注意。毎日軽いストレッチや腰痛体操をすることが1番の予防方法なのである。

とても簡単にできる方法ばかりなので、ぜひ試してみはいかがだろうか。きっとあなたの腰痛も改善されることだろう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top