ホントにカロリーゼロ飲料は太らない?

ダイエットをしている人や肥満体型の人は「カロリー」に気をつけているもの。できるだけカロリーを摂取しないように‟カロリーゼロ”と表記されている飲料を選ぶ人もいる。

しかし、本当に太らないと言えるのだろうか。

そこで、カロリーゼロ飲料のカラクリや私たちの体におよぶ危険性、本当に太らないかどうか徹底解析する。普段飲んでいる人はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

‟カロリーゼロ・ドリンク”には人工甘味料が入っている!?

「‟カロリーゼロ”と表記されている飲料なら太らないから安心」と思っている人は大間違い。

さまざまなカロリーゼロ飲料に人工甘味料が含まれていることをご存じだろうか。

人工甘味料とは食品に甘味をつけるための調味料であり、天然に存在しないものだが砂糖よりも人工甘味料が太りやすいと言われている。

そのため、カロリーゼロと言う表示でも人工甘味料が含まれていれば太る可能性はあるのだ。

ただし、人工甘味料でも甘味は強いがカロリーを抑制する効果も。抑制する効果がある分、副作用もあるため注意しなければならない。

実際、カロリーゼロ飲料を飲んでから空腹感が増したり、甘み中毒になったりと食べ過ぎてしまった人は多いのだ。

つまり、太らないと思っていたカロリーゼロ飲料の危険は「副作用」に潜んでいる。直接的に悪影響はなくても、間接的に太りやすい環境へと導いてしまう。

このように、人工甘味料の危険やカロリーゼロは決して太らないわけではないことをきちんと把握しなければならない。

今までカロリーゼロ飲料ばかり飲んでいた人は、改めて自分の生活を見直してみよう。

スポンサードリンク

カロリーゼロ飲料における“表記の落とし穴”

安心して飲むためにもカロリーゼロの危険性や本当に太るかどうか確かめなければならない。

そこで、厚生労働省が発表している「基準」について説明しよう。カロリーゼロと表記して良いかどうかは、厚生労働省が基準をつくっている。厚生労働省が決めている基準をクリアしなければカロリーがゼロだと表記してはいけない。

その基準とは‟飲料水において100mlあたりのエネルギー量が5カロリー未満のもの”。ちなみに、食品になると‟100g中のエネルギーが5カロリー未満”になっている。

つまり、表記している飲料水は「100mlあたりのエネルギー量が5カロリー未満」と言う証でもあるのだ。

以上、厚生労働省が決めている基準からカロリーゼロ飲料は「カロリーがまったく入っていない」と言うわけではない。5カロリー以上は入っていないが、0~5カロリーは摂取することになる。

つい、私たちはカロリーゼロ=ノンカロリーと意識してしまいがち。しかし、その意識は間違いだと知っておかなければならない。意外なところに危険は潜んでいるのだ。

「ノンカロリーだから」と安心してダイエットに利用すれば逆効果になってしまう。たとえ、ダイエットに成功したとしても副作用の反動でリバウンドする危険もある。

カロリーゼロ飲料を上手に利用するためにも本当の意味・危険を知ってほしい。

また、ノンカロリーの飲料を購入する際は必ず「栄養成分表示」を確認しよう。単位当たりの詳しい表示が義務づけられているので確認できる。

特にダイエットをしている・肥満体型の人は「カロリー」のエネルギー表示を確認しておこう。

ノンカロリーの表示にだまされることなく、上手に利用していきたい。

実は危険?人工甘味料の真相

カロリーゼロ飲料のカラクリについて説明したうえで、含まれている人工甘味料の危険性を知ろう。

言葉ばかり惑わされていては逆に太ってしまうもの。だからこそ、私たち利用する側がきちんと危険を理解しなければならない。

特に、今までカロリーゼロ飲料ばかり飲んでいた人は要注意。一緒に飲料の危険について知識を身につけよう。

 

まず、人工甘味料の危険は「体内に脂肪を蓄える」ことにある。

肥満ホルモンと呼ばれているインスリン分泌を促してしまうのだ。そして、食事をするたびに血圧・血糖値が急上昇して脂肪がたまりやすくなる。

実際、実験用のネズミに人工甘味料を与え続けたところインスリン分泌が増加した。その結果、ネズミは徐々に太っていったのだ。

また、人工甘味料は「味覚を狂わせる」危険を持つ。甘いものを食べれば食べるほど味覚が変化して食欲が沸いてくる。

つまり、人工甘味料を摂取すればするほど太りやすい環境に陥ってしまうのだ。人間の甘味センサーは舌だけではない。胃やすい臓、腸にもあると言われている。

よって、胃腸が満腹を感じることなく空腹感でいっぱいになり食欲が増えるのだ。カロリーゼロと思っていた飲料が太りやすい環境へと近づいてしまう。

 

最後にぜひ覚えておいてほしい危険がある。それは「依存症」だ。

人工甘味料と言う甘い味に慣れてしまうと‟ドーパミン”が分泌され欲求がコントロールできなくなる。そして、さらに「もっと欲しい」と言う気持ちでいっぱいになり依存症に陥るのだ。

人工甘味料の依存症はコカインよりも強いので注意しなければならない。

 

以上のように、カロリーゼロ飲料に含まれている人工甘味料にはたくさんの危険がある。危険をしっかり把握しなければカラクリが理解できない。

ほとんどの人がカロリーゼロ=太らないと勘違いしている。決して太らないわけではないので、本当の意味やカラクリ、危険性をきちんと覚えておこう。

自分の安全を確保するためにも大切な知識になる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top