ベランダでも実践できる「納得いく洗濯物の干し方」

「ベランダが狭くて十分に洗濯物が干せない」と悩んでいる人は必見。

これからベランダでも実践できる“納得いく洗濯物の干し方”について説明する。

狭くて低いベランダでも納得できる洗濯物の干し方をマスターしよう。

スポンサーリンク

マンションのベランダでも“アイテム”を使えば簡単!

一人暮らし用のマンションではベランダの幅が狭く、長いズボンやカーディガンを干すと床についてしまうケースが多いのではないだろうか。

そこでオススメしたいのが「2段式ハンガー」や「折りたたみ式の物干し台」。

ホームセンターや100円均一ではさまざまなタイプの物干し台が発売されている。それらのアイテムを上手に使えば納得いく干し方ができるだろう。

折りたたみ式の物干し台なら狭いスペースでも楽々置けるし、使わない時は折りたたんで収納できる。

2段式ハンガーは床につきそうな長いズボンでも干せると大好評。さらに、キャスターが付いているものだと雨が急に降ってきてもすぐ室内に取り込めるのでとても便利だ。

ベランダの大きさに合わせたアイテムをぜひ利用してみてはいかがだろうか。

アイテムを上手に使うことも干し方の大切なポイントである。

洗濯物の大きさやサイズに合わせてさまざまなアイテムを幅広く利用している主婦も多い。どんなアイテムがあるのかチェックしよう。

スポンサードリンク

洗濯物の干し方は「2本の物干し竿」と「紐つき洗濯ばさみ」に注目!

大量の洗濯物を狭いベランダに干すコツは“2本の物干し竿”と“紐つき洗濯ばさみ”の使い方。

誰でもできる簡単な干し方なのでぜひ試してほしい。

まず最初に2本の物干し竿を平行に間隔をある程度空けて掛ける。2本の物干し竿に紐つき洗濯ばさみをはめよう。紐つき洗濯ばさみはできるだけ多い方が良い。

紐つき洗濯ばさみがない場合は普通の洗濯ばさみに紐を取り付けるだけでOK。

そして物干し竿と垂直に洗濯物を干していこう。そうすれば小さなベランダでも大量の洗濯物が干せる。

長いズボンやタオル、Tシャツでも洗濯ばさみにはさんで干すことが可能。邪魔になってしまうハンガーも必要ないし、日差しをカットすることなくすべての洗濯物に太陽の光が当たる。

とても効率的な干し方なのでぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。

また、大きなシーツを干す場合は、シーツをジグザグにしながら洗濯ばさみで挟むと良い。

ベランダで洗濯物を干す時の注意点

人それぞれアイテムを使ったりとさまざまな工夫をしているが、マンションのベランダに洗濯物を干す場合は注意しなければならないことがある。

それは布団やバスタオルなど、普通の洗濯物より重たいものを干す時だ。

洗濯物の大きさに合わせて干し方を変えている人もいる。しかし、干し方だけでなく“洗濯ばさみ”も大きいものに変えなければならない。

なぜなら風で飛ばされた場合、下を通っている人の上に落ちてしまえば大事故に繋がるからだ。

とくに高い階に住んでいる人は注意が必要だろう。

高ければ高いほど洗濯物は人を襲う凶器になる。比較的高いマンションタワーは外に干してはいけないと決められているケースが多い。

たとえルールがなくても重たい洗濯物を干す場合は大きい洗濯ばさみを使ったり、飛ばされないように風が当たらないところに干したり、風が強い時は干すのをやめるなど考慮しよう。

100円均一やホームセンターには強風対策グッズが発売されているので試してみるのも良い。

マンションの高層に住んでいる人は干し方だけでなく、強風対策も必ず確認すること。

 

以上、ベランダで実践できる洗濯物の干し方や注意点について説明したがいかがだっただろうか。

注意点をしっかり把握し、納得いく干し方をマスターしよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top