バーベキューはこれさえ揃えればOK!人気の食材まとめ

仲間や家族と集まってする「バーベキュー」はとても楽しいもの。せっかくバーベキューを開催するのなら、おいしい食べ物を用意しておきたい。

そこで、バーベキューに人気の食材をいくつか紹介していこう。人気の食材さえ揃えておけば、楽しみながらおいしい物が食べられる。

スポンサーリンク

絶対に外せない食材「肉類」

バーベキューで必要不可欠な食材が「肉類」。

子供から高齢者まで幅広い年代の人に人気がある。肉類にも豚や牛・鶏などさまざまな種類があり、悩む人も多いだろう。

定番となる肉の種類はサーロイン・カルビ・ロース・味付きホルモン・タン・骨付きカルビになる。主に牛肉が定番の食材になるだろう。

牛肉は柔らかいものもあり、小さい子供や高齢者でも食べやすいのが特徴的。家ではなかなか食べることのない骨付きカルビもバーベキューの醍醐味だ。

ハラミやマルチョウ・シマチョウ・アカセンなどは大人に人気が高い。

シンプルに塩コショウで味付けをするのも良し、そのまま焼いて焼肉のタレにつけてもおいしいのでおすすめ。

また、牛肉の他にも豚肉や鶏肉・ウインナーも必要不可欠だ。

ウインナーはバーベキューの定番食材。必ず用意しておいた方が良い。豚肉ならスペアリブが人気だ。

鶏肉をネギと一緒に串へ刺して「焼き鳥」にすることもできる。ぜひ試してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

肉類と次いで人気の「海鮮類」

不動の人気を誇る食材の肉類と同等、「海鮮類」もおすすめしたいバーベキュー食材。

海鮮類には、さんまやブリ・鮭・エビ・イカ・ホタテ・ホッケ・ウニなどがある。中でも、エビ・イカ・ホタテの3種類は揃えておきたい海鮮類だ。

そのまま焼くのももちろんおいしい。しかし、さらにおいしさを高めるためには一工夫が大切なポイントになる。

例えば、ホタテにしょうゆとネギを加えると出てきた汁と混ざり合っておいしい。エビはできるだけ殻つきで焼くこと。パリッとしていておいしさが増す。

イカは身と足によって厚みが異なるため、別々に焼くことをおすすめする。自家製のソースやしょうゆなどで軽く味つけをしよう。

あまり味つけを濃くすると海鮮そのものの味が失われてしまうので要注意。海鮮の味を引き立たせるように焼こう。

スーパーや鮮魚店にはバーベキューセットとして販売しているところもある。小さいエビやイカが入っている袋を購入しておけば、女性に人気のある“アヒージョ”が作れるだろう。

主食もバーベキューの人気食材のひとつ!

今まで海鮮類・肉類といったおかず系を紹介してきたが、バーベキューの人気食材には「主食」もある。

やはり、おかずだけではお腹が満たせない。準備しておきたい主食となる食材を紹介しよう。

主食として不動の人気を誇っているのが「焼きおにぎり」。ソースやしょうゆをつけて焼くおにぎりは良い香りとともに食欲がそそられる。

焼きおにぎりがあれば食欲旺盛な子供たちもお腹いっぱいになるだろう。

バーベキューセットに入っている鉄板を利用すれば、「焼きそば」が作れる。海鮮類や肉類を焼いた後の上に麺類を乗せれば、おいしい汁が混ざりさらにおいしくなるのでおすすめ。

海鮮系焼きそばなど、バリエーション豊富に作っていこう。

安定した人気の食材は「焼きおにぎり」「焼きそば」になるが、最近はピザやホットケーキなども人気がある。

 

また、スウィーツとなる食材もバーベキューには欠かせない。

スウィーツ系として人気のある食材は、「マシュマロ」「フルーツ」。

マシュマロを網の上で焼いて食べるととてもおいしい。生のフルーツでも良いが、焼きりんごなどフルーツも焼いて楽しめる。

若い世代に人気があるのは「チョコフォンデュ」だ。フォンデュセットと板チョコを用意すれば簡単に作れるだろう。

バーベキュー定番の食材さえ揃えておけば、自由にアレンジができるのでおすすめ。ぜひ参考にしてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top